Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

H29年度 第4回ピア傾聴講座

9月6日(水)、今年度4回目のピア傾聴講座を開催しました。
参加者は7名。

今回は肯定的な聴き方、受容的な聴き方、などを学びました。

非共感的言語、と言われる10の言葉。
ついつい、使っていませんか?と、講師のゆっこさん。

1、命令
言ってますよね、子ども達に(^^;
「はやく~しなさい」など。
2、脅迫
「~しないと、鬼が来るよ」
「~しないと、注射されるよ」
使っていませんか??
3、説教
はい、これもついつい出ますね(^^;
4、提案
「~したら?」
精一杯、優しく言っているつもりですが、これも非共感(*_*)
使ってますよねぇ。
5、講義
3の説明、に近いニュアンスでしょうか。
6、批判
7、侮辱
8、解説
9、同情
10、尋問

、、もう耳が痛くなってきます。
「毎日、説教だらけだよ」
「やってる、やってる」
「ほぼ当てはまる!」
みんな、笑うしかありません。笑

そう、みんな日々精一杯やっています。
10個全部当てはまろうが、出来ていない自分を責める必要はないし、反省するための講座ではありません。

今日、気付いただけで大成功!

寄り添うこと、共感することって、すべてを受容することですよね。
誰かを受容するには、まずは自分から。

というわけで、次に、こんな質問。

みなさんは自分を何パーセント、これで良し!と思えていますか?
さすが、受講者の皆さん、70、80、90!かなり高いパーセンテージ!

自己受容が出来ない理由について、そして話の聴き合いをし、あっというまの2時間でした。

何年、何回受講しても、毎回、違う気付きがあり、その時の心の状態によって、受けとるものが違います。
その面白さがやみつきです(*^^*)

次回は10月4日(水)です。
お待ちしています♪

byナンリ
【 2017/09/12 (Tue) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

麻生リハビリテーション大学校での出張おしゃべりサロン

8月27日 日曜日
昨年に引き続き、今年も麻生リハビリテーション大学校の教室をお借りして出張おしゃべりサロンを開催しました。



会場準備から学生さんたちにお手伝いしていただきました。


IMG_5001a.jpg


「みんなが集まってくる前にこのパネルを見てね」と伝えると、みなさん、真剣なまなざしで見入っていました。どんな生い立ちの子どもたちが来る会なのか、一目瞭然ですからね。


福岡市での開催

しかも日曜日の午後


お仕事復帰され、なかなか平日の集まりに来ることができなくなった仲間たちの顔を久しぶりにたくさん見ることができました。

初めて参加の方もいらっしゃいました。6月のFBSめんたいPlusの放送を見て、私たちのことを知ってくれたのがきっかけだったそうです。


ということで、13家族大集合!!!!


大人は大人だけでいろんなお話をしました。

今回は1歳になったばかりのNっ子ちゃんを連れた新しいママがいたので、1~2才の頃のことを思い出しながら、どんな風に過ごしていたのかみんなでお話をしました。

IMG_5027a.jpg 


その間、子どもたちは学生さんたちと楽しい時間。


IMG_5026a.jpg 


子ども16人にOT学科とST学科の学生さん13人。


IMG_5021a.jpg IMG_5030a.jpg


ボクたち、テンションあがりすぎてませんか???(笑)




今回ボランティアに手を挙げてくださった学生さんのほとんどが託児ボランティアが初めてだったそうです。小さな兄弟や親せきもいなく、これぐらいの年の子たちと遊ぶ機会がなかなかない学生さんたち。


1週間前にオリエンテーションを受けての参加でしたが、開始前の緊張している様子は手に取るように伝わってきました。「子どもは遊びの名人だからね」とだけ伝えお任せしました。




担当の先生の言葉を借りると・・・・

不安でいっぱいの学生の心のうちを知らず、子どもたちは普段どおりに遊具を前に遊び始め、いつもそばにいる(病理や認知運動発達を知らないはずの…)定型発達の兄弟児がロールモデルを示してくれます。時々お母さん、お父さんが部屋を訪れ、親の対応を見せてくれます。短い時間ですが、学生にとっては家族の子育ての実践を目の当たりにする貴重な時間でした。2時間を振り返って、何人かの学生はこのことに気付いていたようです。




学生さんたちからも感想をいただきましたが、

今まで授業で学んだこと。教科書で読んだこと。頭の中をフル回転させながら2時間を過ごし、疑問や発見もあり、たくさんのことを感じてくださったそうです。机上の勉強だけでは分からないこと。


ぜひ、小児分野のセラピストに~~~!!!



ここに限らず、北九州も柳川も学生さんボランティアの協力を得られる出張おしゃべりサロンは子どもたちにとって天国のようですね。



IMG_5045a.jpg 


平日の病院でのカンガルーサロンはまったり、学習会や茶話会がメインとなるカンガルー広場はママの時間(子どもたちはベテランの託児スタッフさんと過ごします)といろんなカラーで展開しております。いずれも親子で気軽に足をお運びくださいね。
【 2017/08/30 (Wed) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

8月のカンガルー広場はフライングディスクでした

8月23日 水曜日、今回は夏休み企画です。





親子レクレーション、フライングディスクやってみよう。





小学校の体育館を借りてやりましたが!とにかく暑い





子どもたちって学校の体育がんばっているんだなとあらためて感じる親たちです





 


フライングディスク講師 田中さん、梶さんをお招きして





ディスクの持ち方を習います








キャッチボールやってみました





1





 





思い通りに飛ばない?





2





ペットボトル倒しに挑戦。











3





ねらってねらって





あれ?ディスクもってないよ~





いやいや 私は、手で倒しますよ











4









みんな一生懸命





投げる距離は、それぞれ変えて工夫します





 





IMG_4956a.jpg








  ストラックアウトにも挑戦です





 6





ママ達も負けられない





一緒に楽しみます





 


いよいよアキュラシーゴール登場


IMG_1091a.jpg 




フライングディスクの競技は、このゴールを通過させる競技です





 





でもね ゴール逆さまにして、これなら通過させられるはず!





って工夫したんです。





成功☆彡だ





やったね 投げ方もやり方も決まりはありません





どう工夫して楽しむかが重要です





 





初の体験どうだったかな?



IMG_4998a.jpg 



みんなの感想です!!





※やたらと投げ散らかしていた娘ですが、角度や方向を変えることで、投げたい方向に向くことを身体で感じていたようです。小さい幼児でも、十分に楽しめました。







※投げるのが難しい息子も、色んな工夫をしてもらって当たったと実感させてもらえて、とっても嬉しそうでした。





※ルールが少し分かったので、今度やる時はチームわけして点数とって、ゲームがしてみたい(パパ)





※投げ方や持ち方で全然変わってくることなど、丁寧に教えていただきありがとうございました!


みんなが、熱中できる、スポーツだなと体験して感じました‼なかなか、的に当たらず悔しい思いをしたり、どうにかして当てたいと熱中したり、運動が苦手な長女(Nっ子ちゃんのお姉ちゃん)も楽しみました‼




Nっ子ちゃんも


Nっ子ちゃんの兄弟も





車椅子のお友達も


歩けるお友達も





子どもも


大人も





小さなお友達も


小学生も





みんなでいっぱい汗をかいて、楽しい時間でした。





byあり


【 2017/08/30 (Wed) 】 事業報告 | TB(0) | CM(1)

夢が実現「竜馬スペシャル ライヴ」

8月7日(月)@博多高校
夏休み大イベント「竜馬スペシャル ライヴ」が開催されました!!


この企画、今年の2月に、私、ナンリが個人的に大ファンである、ヴァイオリニスト竜馬さんとピアニスト畑野芳恵さんのライヴで思い付いた妄想です。
「プロの音楽って、さすがだなー、これを子ども達に聴かせてあげられないかなぁ。」
ライヴ終了後、すぐに竜馬さんへメッセージを送りました。
「小さい子がいることや、ハンディキャップがあることで、なかなか足を運びにくいと思っているプロの演奏を、自由に楽しめる場を作りたい」
「いつか私たちの会へ来てください」
すると、「実現させましょう」とお返事が!!
そんな何気ない思い付きからのスタートでした。
さてさて、そうは言ったものの、はじめての演奏会。会場、音響、、わからないことだらけです。
しかも相手はプロですから、事務所を通さなくてはいけません。
何もかもが、チャレンジでした。
たくさんの方のご協力のもと、ついに当日!


 

台風の予報で、天気がとても心配されましたが、想いが届き、ぐーんとそれてくれました!
(鹿児島、宮崎、四国方面の方には申し訳ありません。台風を引き受けてくれてありがとうございますm(_ _)m)


IMG_4814a.jpg 
演奏はもちろん素敵でしたが、やはり、竜馬さんと芳恵さんの人柄も素敵です!
 
 


会場は、もう、理想そのものの空間。
聴き入る子もいれば、眠くなる子もいて。
元気に動き回る子もいるけど、それを誰もとめません。





みんな、同じ音の中にいたと思います。



 
元気に動き回る子ども達の中に、自ら入っていく竜馬さん。





後ろには、子どもの列が!笑
ブレーメンの音楽隊?ハーメルンの笛吹き?





可愛いすぎました( *´艸`)


音楽とは、音を楽しむこと。
まさに、心も体も自由に楽しめる場だったと思います。 



暑い中、おこしいただいた皆様、同じ時間を共有出来て嬉しかったです!
ありがとうございました(*^^*)
おこしいただいた皆様に、お願いがあります。
今回の企画を、本当に快く引き受けてくださった、アーティストお2人に、感想を送りたいと思っています。
是非、感想をお寄せください!
kangaroo.ongakukai★gmail.com(★は@に変えてください)
よろしくお願いいたします♪
最後に。今回、学校での開催ということで、物販が出来ませんでした。
数にかぎりはございますが、CDご希望の方はお知らせくださいね。
byミキティ

【 2017/08/10 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

カンガルーサロンin飯塚病院

H29年7月11日(火)10-12時
【参加者】
Nっ子家族 6組(こども2名)
飯塚病院スタッフ 4名
学生 3名 先生1名
 
カンガルーサロン飯塚病院のご報告、
遅くなりました。
 
7月に入ってからの大雨の被害が大きくて
少し落ち着かない気持ちのままでしたが、
実習中の学生さんも参加され
みなさんの色々な気持ち、
毎日の頑張りを聴きあえたサロンになりました。
 
 
New & Good から始めましたが
やはり、大雨の影響に関する話題が多く、
気持ちがざわついている空気が伝わってきました。
 
 
そこで、
今回は、心に中に感じている不安、心配、恐れ…など
普段はぐっと我慢しなくちゃ!と思っていることを
吐き出してもらうことにしました。
 
このサロンの大切なルールの1つは
「持ち出さない」
安心して吐き出せる場所であることの確認の意味も込めて。
 
 
皆さんの話の中で気づいたことは
不安や恐れに、大きい小さいはないってこと。
「〇〇地域は被害が大きいから、私の不安は大したことないので、弱音を吐いてはいけない」
「現地に行って助けることのできない、何のお手伝いもできない私は、ちっぽけな存在」
等々。
誰かと、何かと、比較することは、全く必要なくて
 
「あなたはそこにいてくれるだけで、とっても大切な存在です」と、
 
心から伝えたい気持ちでいっぱいになりました。
 
 
Nっ子家族だけではなく
立場や職業もこえて、色々な方が寄り添う仲間になれる
そんなサロンをこれからも続けていきたいと思う時間となりました。
 
以下、参加の皆さんの感想です。
 
 
 ☆傾聴と言うスタイルをとることで、聴いてもらえるという安心感を感じます。
  そのうえ、絶対に否定されないという、もう一つの安心感。
  まだ、二回しか参加できていませんが、会が終わった後は、なぜかスッキリした気持ちになっています。
  話を聴くことで、聴いてもらうことで、そして相手を認めること……これって大事なことなんだなって改めて感じました。
  我が家の子育てにももっと活用していかなくては!と思いました(笑)
 
 
 ☆私は、いつも、参加させてもらってますが、遠くからはるばると来られている方が3歳の息子さんを連れてきてくれました。
  このカンガルーサロンは、小さく生まれただけではなく、いろんな障がいがある子のお母さん達にも、広がってるなあと感じました。
  今日のお母さんの話を聴いていたら、何か私にもできることはないかなあと思って、さっそく家に帰って調べてる自分がいましたよ。
  もっと、もっと、輪を広げていけたら良いなあと思った傾聴でした。
 
 
次回は9月12日(火)です。
(iwaiwa)
【 2017/07/25 (Tue) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム