Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

初開催 Nっ子ネットワーク わかば -絆-

520日に第1回 おしゃべりサークル&遊びの会を開催した Nっ子ネットワーク 「わかば--」。


 


6組の家族と保健師さんに来ていただきました。


太宰府市、大川市、久留米市、八女市、大牟田市、Nっ子ネットワーク カンガルーの親子のスタッフの方と近辺の様々な場所から0歳から4歳までのNっ子ちゃん達と来られました。



子供達は柳川リハビリテーション学院の生徒さん達に遊んでもらいました。



お母さんたちは別室でおしゃべりタイムです。


先ずは、順番に自己紹介を始めていき、出産から現在までの状況を話しながら思わず涙が・・・つられて皆も・・・箱ティッシュが回っていました( ◠‿◠ )


スタッフ達も初めてNっ子ネットワーク カンガルーの親子の柳川サロンに参加した時の事を思い出して懐かしく思いました。少しは成長したかな?


子供の状況をどこまで説明すればいいのかなど、周りの方との接し方の悩みに、いろんな意見が飛び交いながら、涙だけではなく、思わず笑いが出る場面も( ◠‿◠ )


話してスッキリした後は子供たちとのふれあいタイムです。




 終了後も連絡先の交換や、それぞれに話が尽きないようでした。


参加者の方から「この場所では自分の苦しみや悩みをわかってもらえるとわかって安心しました」


「皆さんの子育てには感動しました」「皆さんとお話出来て、自分だけじゃないと思え、子育てを楽しんで出来そうです」「幼稚園のお話や、周りの方との接し方などとても参考になりました」


と言っていただきました。


 


いつも支援していただいている先生のおかげで学生さん達には案内役から託児までお世話になりました。


Nっ子ネットワーク カンガルーの親子の代表の方にも来ていただき心強かったです。


ありがとうございました。


 


スタッフ4人も6組もの親子に来ていただきとても嬉しかったです。


これからもNICUに入院経験のあるお子さんや大きく産まれても後から障害が出てきたお子さんやご家族の気軽に集まっておしゃべりできる会を作っていきたいと思います。


 


by こもり

関連記事
スポンサーサイト
【 2017/05/23 (Tue) 】 わかば(柳川) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム