Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

無事に(?)事業報告会終わりました

5月18日 木曜日
いつもの太宰府市いきいき情報センターで5月度のカンガルー広場を開催しました。
今月は、事業報告会となる定期総会、後半は私のお話し会。
 
久しぶりに来てくれた初期からのメンバーや作業療法士のT先生も来てくださいました。
新しいメンバーも、応援会員の方も、ゲストの方も参加してのワイワイの報告会です。
↓真面目に(?)資料に見ながら、報告を聞いています。
 
IMG_2393a.jpg 

H28年度も無事にたくさんの応援や寄付をいただき活動を展開することができました。
ここで改めて御礼を申し上げます。
売上収入のない事業を展開しているカンガルーの親子の活動は、会員の方の年会費と参加費だけでは賄えません。 
毎月のカンガルーサロンに会場の提供をしてくださる飯塚病院さま、福岡徳洲会病院さま。
 出張おしゃべりサロンで会場と学生ボランティアを提供してくださる北九州市立子育てふれあい交流プラザさま、柳川リハビリテーション学院言語聴覚学科さま、麻生リハビリテーション大学校さま。 
そして、資金面では古賀文敏ウイメンズクリニック 古賀先生、シナジスを作っているアッヴィ合同会社さまからは、毎年のように多くの寄付をいただいています。
そのほか、新聞を読んでくださった方の匿名の寄付や会のメンバーのおじいちゃん、おばあちゃんなどからの寄付も支えになっています。 ボランティアとして来てくださる方もいらっしゃいます。

 もちろん甘えるばかりではなく自分たちも努力しています。毎年、たくさんの書類を書いて民間の助成金に応募し、その審査が通るかどうかドキドキしながら毎年の計画を立てています。 
こういった寄付や助成金などの助けがあり、会場を借りることができ、託児を頼むことができます。ホームページなどの管理費や写真パネルを作ったり、保管する費用、講師の謝金、福岡県内中を走り回る交通費もここから出ています。

10年間、よくここまで活動を継続することができたなと改めて思います。
支え続けてくださった皆様に感謝です。 

一年間を振り返り、どんな活動をしたのか、事業報告と会計報告をさせていただきました。もちろん、新年度の活動案と予算案もお知らせしましたよ。 
本来なら議長を立て、厳かに進行しなければならないのですが(実際に、以前はそうしてました)、いつからから、そんなことはやめちゃいました。
該当箇所を担当者に振りながら進めると言う、なんともざっくばらんな感じです。
だから、途中で質問も笑いも飛び出して来たりできるのかな~と思っています。 

でも、やらかしました、私。 
最後の今年度のスタッフ紹介を見事飛ばして終了。
もちろん資料にはちゃんと記載しているのに、なぜ、そこをやらずに終わっちゃったのかは謎・・・・(笑)皆さま、ごめんなさい。 (だからタイトルに「?」がついてます)
ブログ後半にスタッフのご挨拶があります。 

正会員の方々には翌日、資料を郵送させていただきました。ご覧くださいね。 

そして、後半は私のお話。
会発足満10周年を迎える今年。会を発足するまでの経緯や発足当初のお話しをさせていただきました。 
スタッフの大半にも、多分、あまりしたことがない話かな。 
新しいメンバーさんは涙目・・・・。
参加者のみなさん、どんな風に感じてくれたのかな。
ということで、今年度のスタッフのご挨拶です。

 
No1 万(とやま まさこ)
カンガルーの親子を作ろうと言い出した張本人。言いだしっぺとして今年も会の代表として、「ママの笑顔が子どもの一番の栄養!」をモットーに、安心して泣いて笑える場所作りを頑張ります。

 
No2 ミッキー
万さんの話に、新しいお母さんの話に、カンガルーの結成当初の一番苦しくもがいてた時期を振り替える事ができ、母としても、スタッフとしてもよく進んできたなと思い、ました。初心をいつも思いださせてくれるカンガルーの仲間にはいつも感謝です。初心忘れるべからずですね(^.^)

No3 レコ
土日のイベントや、夏休み等に参加しています。受付にいると思います。
4人いる子供のうち、3番目長男がNっ子で通級しながら元気一杯に過ごしています。
どうぞよろしくお願いします😊

 
No5 れいこ
中3の息子と一緒に参加したあの第1回、あれから10年。
今日の総会は、年度の区切りとしても感慨深い時間でした。
助けてもらった自分が、いつの間にか誰かを支えている、そんな関係が自然とつながっていく会でありたいなぁと、改めて感じました。また、今年もワクワクしていきましょう! 



No10 ミキティ
今年度も引き続き、傾聴講座・飯塚サロンを担当します、南里です。
10年たって、あらためて、素敵な場所になったなぁと実感。ただの井戸端会議ではなく、話す人に注目し、話を横取りせず、寄り添う。積み重ねって、すごい!みんなと一緒に、たくさん泣いて、たくさん笑う1年にしたいです!
今年度もよろしくお願いいたします。 

No12 あり🐜
息子も9才、少し自分の時間ができてきた?のか、やりたいことが、いろいろ思い付いて目標決めて勉強中。
今年も倉庫の番人やらせていただきます。

 
No23 まみこ
毎回、広場(あえて使ってみた!)に参加する時は、朝の準備もバタバタで、帰ってからの夕食の準備などを考えると大変な時もあるけど、結局想像以上のお土産をもらって帰って来てる気がします。
今日の会でも、設立に至るまでの話が聞けたり、その後の葛藤の話も聞けて、色々と良い意味で考えさせられる会でした。
新たなメンバーの話もまた心に響きました。当時の自分の気持ちはどうだっか、思い出しながら、いつも通り涙腺ゆるゆるで話を聞きました。夕食では、旦那に今日の話をして、2人で涙目になりながら当時を思い出す良い時間となりました。ふたりともほろ酔いで余計に感情が高ぶっていたかも。私は、会では上手に聞く役目はできないけど、感情のおもむくままに泣いて笑って、聞いて話して、そんな人材もいてもいいかなっと思って参加しています。
これからも影の存在で少しだけ頑張りますのでよろしくお願いします。

 
No25 ゆきこ
会計を担当しているゆきこです。
ちゃんと役割を果たせているか不安ですが、楽しくやっていけたらと思います! 

No44 さゆり
毎回、カンガルーの活動に参加すると、元気をもらってよい刺激になって、るんるんで帰れる素敵な場所です❗
この会に、家族で元気をもらったなと感謝してます🎵
そんな家族が増えていくといいなと思ってます。そんなお助けが少しでも出来たらいいなと、今年度もよろしくお願いいたします~☺

 
No51 MARI
カンガルーの始まりの話、感謝しかなかった。もし万さんたちがこの会を作ってくれてなかったら、今頃自分はどうなってたかなあと思わずにはいられませんでした。
記者さんのエピソードも、ますます記事が楽しみになったし、新しいお母さんにはT先生もありがたい存在でした!
やはりおしゃべりはいいですね。←結局それ。

 
No87 きのっぴ
カンガルー通信 いかがでしょう? こんな記事、情報が欲しいというご要望があれば、どしどしお寄せくださーい。通信部員も募集中です!(通信担当者) 



No109みなこ♥
カンガルーの会発足のことはなんとなく聞いていたけど、立ち上げて下さった3人の想いやそこまでの経緯など、詳しく聴けたのは、今回が初めてでした。
毎回、参加して…メンバーの顔を見るだけでも、元気になれるのは、お互い辛い時期を乗り越えてきた、同じ境遇の仲間が居てくれるお陰なんだなーと思います。
当時の自分と重ね合わせ、支えてもらったように、今度は新しいメンバーに寄り添えるように私自身も成長していきたいと思います。

 
No129 みやすえ
今年度初めてスタッフになりました。検診に引っかかっても、気になって病院に相談しても、経過観察のみ。どこで何を言っていいのか、何かしてあげれるのでは?してあげたい!ただ自分が不安すぎて動きたいだけなのかも…全部を聞いてもらえて、思いを吐かせてもらえて私にとってすごく無くてはならないカンガルーの会。
今、前向きにすすもうとする気持ちも勇気もくれるのもカンガルーの会。
今回結成時の話や万さんの話を聞いてカンガルーの会があって良かった!結成してくれた皆様に感謝!勇気をくれる明るすぎる皆様に感謝!!改めて思いました。
10周年オメデトウ!! 

こんなメンバーでいろいろ計画を立てながらやっています。よろしくお願いいたします。 

そして、この日、新聞の取材が入りました。記事、いつ出るかな~。
 なんと取材にいらした記者さん。最初の頃の自分たちで印刷して製本した手作りの文集をお持ちで…びっくりしたのなんのって。
ますますどんな記事になるのか楽しみです。 
掲載されたらまたお知らせしますね。 

長い文章になりました。最後までお付き合いくださいましてありがとうございました! 

by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2017/05/21 (Sun) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム