Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

3月の定例会は賑やかに茶話会

ご報告が遅くなりましたが、3月16日、3月度の定例会を太宰府市いきいき情報センターで行いました。

初めてカンガルーの親子に来てくれた方と、前回の徳洲会のサロンでカンガルーデビューしてくれた方が定例会に初めて参加してくれました。今回は初めてということもありお子さんとご一緒の参加でした。
いつも徳洲会病院でのサロンにボランティアで来てくださっている方が居てくださっていたので、ボランティアさんとカンガルーの親子スタッフで、お母さんがゆっくりお話しできるよう、ベビーカーのお子さんの相手をしてくださいました。

茶話会中、赤ちゃんの笑顔にみんな悩殺(笑)
じーっと見つめられると、たまりません。

もちろん、この日も託児室にお願いしているお子さんもいます。帰り際に託児の様子を見ながら、託児スタッフさんと顔合わせをして、次回からは託児チャレンジしてみようかな~とのこと。
さて、茶話会はというと…
今回、0歳から25歳のNっ子のお母さんたち12人(+ボランティアさん1名)が集まりました。出生時の体重は400g台から2000g台。NICU入院期間も様々。NICU入院の理由も様々。
様々な状況でも、初対面でも、普段話せなかったような話が遠慮なく飛び出しちゃいます。
今回は主にNICU入院中のことが話題になりました。
あの時、なぜかドクターや看護師さんにできなかった質問の数々など。
NICUに入院するということは、お子さんの状況が医学的に見て安心であろうが、なかろうが、お母さんたちにとっては不安だし一大事。わからないことだらけ。初めてのことだらけ。
お母さんの様子が安定しているように見えていても、それは(本人が気づいていなくても)かなり踏ん張っている状態。もしくは、強くなくっちゃと自己暗示中。
あるお母さん曰く、「あの時は病んでる状態だから」
うん、確かに。
いろんな話がどんどん出て来ました。
定例会終了後は、小学生組は卒業式前日で下校が早い学校が多く慌てて帰ったお母さんたちもいましたが、託児の子どもたちと合流し、のんびりお昼ご飯を食べてながらいろんな話に花が咲きました。
初めて定例会参加の方、いかがでしたか?
そして、この日の西日本新聞にカンガルーの親子の記事が大きく出ました。

ウェブ版はこちらです。
それなのに慌てて出てきた私は持って行くのを忘れたという(泣)
記事を見てメールをくださった方が何件かありました。事務局メール(Gmail)から返信しましたが、届いてますか?時々、迷惑メール設定などで受信できてなかったり、迷惑メールボックスに入っていたりします。よかったらご確認くださいね^ - ^
来月の定例会は(4月20日)は未熟児で生まれた方のお話をみんなで聞きますよ~!お楽しみに。
by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2017/03/22 (Wed) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム