Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

2017人形劇 観劇会

1月21日 土曜日

報告が遅くなりましたが、今年も福岡こども短期大学 劇遊び研究会の皆様にご招待いただき、観劇会を行いました。毎年ありがとうございます。

実は、担当の先生いわく、学校側の様々な日程的な問題でなかなか予定を組めずにいたらしいのですが、生徒さんのほうから「今年はやらないんですか??」と開催の催促をされたのだそうです。短大なので2年しか在籍しないのに、この観劇会を生徒さん方が楽しみにしてくれている、伝統になりつつあるという証拠なのかなと嬉しく思いました。





学生のみなさんが玄関でお出迎え



IMG_1995a.jpg


教室前にはウエルカムボード!
IMG_1993a.jpg 

早速遊んでもらう子どもたち!



 


PPAPで大盛り上がり!バラバラに遊んでいたはずなのに、曲が流れたとたんみんな一斉に踊り出す。



午前中は「赤ずきん」


IMG_2040a_20170128164200b7e.jpg  
怖くて顔を背ける小学生や泣いちゃう小さなお友だち続出。



みんなでお昼ご飯


IMG_2070a.jpg IMG_2071a.jpg



そして、まためいいっぱい遊んでもらう

IMG_2077a_2017012816485920d.jpg 







さぁ。手遊び歌から午後のはじまり

IMG_2084a.jpg



午後は「小人のくつや」


こんな自由なスタイルど観れるのもこの観劇会ならではですね。
お父さんたち、お母さんたちも観入ってます。








子どもたちからお礼の贈呈式


IMG_2098a.jpg 

2年生は春から社会人。
幼稚園や保育園の先生として新しい生活がスタートするそうです。 
小さく早くうまれた子たちの中には、大きな問題もなく成長しているお友だちもいれば、車椅子を使っていたり、年齢相応の発達にまだキャッチアップできていないお友だちもいます。そして、たくさん我慢を強いられてきたきょうだい児たちもいます。まさにこの観劇会はそんな縮図。いろんな子どもたちが一同に会しワイワイガヤガヤ。
 幼稚園や保育園には、いろんな背景の子どもたちがいる場所なので、今日の経験を積んだ彼ら、彼女らは心強い先生、サポーターになってくれるはずです。がんばれ!社会人!ですね。

 今回、告知が遅くなってしまいましたが、来年、またご招待があった時は、この素敵な空間と時間にもっとたくさんのお友だちに遊びに来てほしいな。劇を観ると経験をしてほしいなと、改めて思いました。 

ということで、今年もありがとうございました!!

 by万

関連記事
スポンサーサイト
【 2017/01/28 (Sat) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム