Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

カンガルーの親子のNっ子ちゃんが受賞!!

第35回「肢体不自由児・者の美術展」で、我らがNっ子クラブ カンガルーの親子のお友だち、ユカちゃんが毎日新聞社会事業団賞を受賞し、新聞に載りましたよ!!バンザ~イ!!!

医学が進んだとはいえ、小さく早く産まれた子たちの中には、脳性麻痺となったお子さんもいます。
重症仮死だったり
低酸素脳症だったり
頭蓋内出血だったり
脳室周囲白質軟化症だったり
理由は様々です。
カンガルーの親子にも脳性麻痺で車椅子やバギーで生活しているお友だちがたくさんいます。
ユカちゃんも脳性麻痺。
お母さんは、「脳性麻痺と診断されたときは、この先どういう風に成長していくんだろう…不安しかなかったように思います。」と当時を振り返ってくれました。
カンガルーの親子に参加し始めた頃は、まだ脳性麻痺と診断名が付く前だったかな…。ママに抱っこされている赤ちゃんだったユカちゃんの姿を思い出します。
(実はホームページに貼り付けている動画にもチラッと映っています)
それから通園が始まり、なかなか会には来れなくなったけど、通園先にもカンガルーのメンバーもいたりして。
「療育に通い始めた頃は、色々な障がいを持った子どもがいる事にびっくりしたのと、お母さんたちが元気で明るいなぁと思って、自分も頑張らないとと思った」そうです。
現在、地域の小学校に通う二年生。
「子どもの絵が受賞さたのには、ホントびっくりしました。素晴らしい受賞式にも参加できて良かったです。
今は幸せです。
子どもが成長するとともに、悩みはつきませんが、産まれてきてくれて本当にありがとうと伝えたいです。」
と、お母さん。
いろんな苦労や困難が次々と起こっていたのを見てきたので、なんだか、すっかり親戚のおばちゃん気分。
本当に嬉しい受賞の知らせでした。
近々、ユカちゃん親子に会えるので、とっても楽しみです。
by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2016/12/21 (Wed) 】 仲間たちからのお便 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム