Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

柳川での出張おしゃべりサロン(2016下半期)

11月26日 土曜日
柳川での今年度2回目となる出張おしゃべりサロンを水の郷にて開催しました。

今回も柳川リハビリテーション学院 言語聴覚学科の1年生のみなさんが、会場設営、託児などお手伝いに来てくださいました。

fc2blog_20161203230554439.jpg
IMG_1416.jpg
IMG_1604a_20161204004104aea.jpg


今回初めて参加された親子さん1組、去年から来てくれている親子さん3組、スタッフ家族3組が揃いました。
また県の職員さんもプライベートで来てくださいました。

IMG_1607a_20161203235820e67.jpg

初めて参加されたお母さんは、他の人のお話を聞いているだけで目に涙をいっぱい浮かべていました。今まで誰にも話せずにいた想いが一気にあふれ出ているようでした。

去年から来ているお母さんたちから、「1年前の私も同じようにボロボロ泣いていたよ」と話してくれました。
先輩ママの話や、専門職の方のアドバイスは本当に心強いと思います。

スタッフ みっきーのコメントです↓

柳川サロンに行くと、カンガルーの立ち上げたばかりの三年間を思い出します。
発達に不安を抱くお母さん達が涙を流し、仲間同志で励ましあう。
同じ思いを経験してきたからこその空気感を作り出すのでしょう。
思いを語りやすいし、涙も流せる。普段は弱音を吐けず、かっこいい前向きな頑張るお母さん、ここだけは、しっかり弱音を吐いて、不安や何とも言えない思いを吐き出して涙できる場所です。
私もこのカンガルーの親子のネットワークでどれだけ成長させてもらったかと感じる瞬間です。
あの10年前の私を思い出すと、随分前進したなと自分を認める時間にもなります。
私が生きてきた人生で一番苦しかったあの時の気持ちを、思い出すと、今の私の幸せを改めて痛感。私がカンガルーの親子に足を運び続ける一番の目的はそこだなあと思います。
柳川も新しいお母さん達で、新たなネットワークが拡がりそうな話になっておりました。
長くサロンを続けてきたからこそのご縁の拡がりですね!
山口先生を始め、専門の先生、そして子ども達を楽しませ ながら、親にゆっくりとした時間を与えてくれる学生さんの存在がどれだけ心強くありがたいか。
これからの柳川のネットワークが、益々楽しみですね!


そうなんです。
北九州の出張おしゃべりサロンから さんさんっ子 が生まれたように、柳川でも新しいグループが誕生しそうです。
このおしゃべりサロンを支え続けてくださっている山口先生のサポートをいただきながら、この地域のお母さんたちだけでも定期的に集まるように話が進みだしました。

さて、サロンの終わりは親子タイムです。
IMG_1624a.jpg
IMG_1420.jpg

こんな先生、大好きです。(回を重ねるごとにバージョンアップするカエルさん)
IMG_1639a.jpg

さて、後日、学生さん方の感想が届きました。
201611柳川学生

写真は手書きでアンケートに答えてくれたものですが、これとは別に上半期と下半期の両方を感想をまとめたものをレポートをも読ませていただきました。どれもびっしりと書かれていました。(授業の一環としての支援でもあったので、単なる感想だけではなく実践したことや反省などもいろいろと書かれていました)

子どもたちの相手をしながら授業でならった小児の発達・反応を遊びの中で試してみた学生さん
お母さんと離れると泣く赤ちゃんとどう接したらよいか困った学生さん
話をすることが困難な子どもとどうコミュニケーションを取ろうかと悩んだ学生さん
子どもと遊ぶこと自体、経験がなくドキドキしながら参加したという学生さん
ベテランの保育士さんや学院の教員の方の子どもとのかかわり方を真似ながら子どもたちの相手をしてヘトヘトになったという学生さんもいました。

そして、毎回、学生さんの半分は親の輪に入り話を聞くのですが、親への感謝の想いや、言語聴覚士としてこうありたいといった想いが溢れてきていたようです。中には小児分野に興味を持ったという学生さんもいたようで、うれしい限りです。

リハビリに来る患者さんやご家族のことをしっかりと考え、感じることができるセラピストになってくださいね。

IMG_1650a.jpg

みなさん、ありがとうございました。
この後、学生のみなさんは、学校へ戻り午後から授業!!! がんばれ~~!!!!


学生さんが帰られた後のワンシーン。
子ども達のこんな姿をみると、会を立ち上げた頃を思い出します。立ち上げメンバーの子どもたち、当時、1歳前。
こんな感じでいろいろ話をしている横でゴロゴロと寝転がってましたからね。なんだかあのころを思い出しちゃいます。

IMG_1421.jpg

だから、大丈夫!新しいチームの誕生。楽しみにしてます(^^)

by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2016/12/04 (Sun) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム