Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

ユクリから9月の活動報告が届きました

9月8日

9月に入っても暑い日が続いてますが、今日はちょっとだけ涼しく感じます。
今日9月は3名の方が参加して下さいました。Nっ子のIさん、時々参加してくれるIちゃん。そして初めての参加のお母さん。嬉しいです。

まずは久しぶりに自己紹介から始まりです。子どもへの思い、自分の気持ち、それぞれに深い物があり、この時間はそれぞれがお互いの話にじーっと聞き入ります。そこから、話は広がって、子どもを取り巻く社会の現状やそれに対する気持ち、人とのつながりの大切さなど、話題は尽きませんでした。

子どもが生まれ育った状況は違うけれど、どこか共通した感覚がある。だからお互いに寄り添いあえる気持ちを持つことができ、涙を流すことが出来るのだと今日は改めて感じる日でした。

それから今日、うれしかった事。作家Iちゃんが自らどんどん自分の活動の場を広げようと頑張っている事。そしてIちゃんがユクリに来てこうして頑張れるようになったと言ってくれたこと。小さな活動の会だけど、1人でもいい、誰かの心に寄り添える場を作っていけたら・・・そう思います。

来月のユクリですが、10月6日(木)の予定です。
              ※来月は第1週目に変更になっています。

もうひとつ報告です。
9月12日(月)から、市民企画講座がはじまりました。
第1回目のテーマは、「傾聴って なぁに?」でした。傾聴という言葉は普段聞きなれない方も参加者の中にいらっしゃって “なるほど~”“ん~、よく分らない”という言葉が聞かれました。講座が進むにつれ、はじめ緊張していた空気が次第に和やかになっていきました。初めて会った方ばかりなのに、自分の心の言葉が出て自然と涙が流れてくる、そして最後は心が温かく癒される感覚を感じる時間でした。
参加者の方から「話を聴いてくれると心が安らぐと感じた」「自分の気づかなかった気持ちに気づいて心がスッキリした」「自分の気持ちに耳を傾けてあげらるようになれたらいいな」など感想を頂きました。
2週間後、また皆さんと講座でお会いするのが楽しみです。

                              by  ちよ

関連記事
スポンサーサイト
【 2016/09/08 (Thu) 】 ゆくり(行橋ブロック) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム