Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

賑やかに福岡市初のおしゃべりサロン

8月21日(日)、福岡市で初めての集まり(飲み会やランチ会以外)、出張おしゃべりサロンを開催しました。
会場は、ずっと私たちを応援してくださっているT先生の学校、麻生リハビリテーション大学校です。
福岡市内での開催をずっと模索しているという話しをT先生としている中で、今回、実現しました。
会場だけではなく、昼間部、夜間部の1年生から3年生までのたくさん学生さんが託児ボランティアに来てくださいました。
将来、作業療法士を目指し、勉学に励んでいる彼ら。初めての試みでしたが、安心して子どもたちをお任せすることができました。
頼もしい応援団に助けられての初のおしゃべりサロンでした。
迎える側の私は、
どんな人が来てくれるんだろう…
どんな風に進めていこう…
ドキドキしながら当日を迎えました。
開始30分前から続々と参加者が集まってきました。
子どもたちは早速、託児のお部屋へ。お兄さん、お姉さんと遊び始めました。


T先生も子どもたちの相手をしてくださってました。

始まるまでの間、大人のお部屋に展示している写真パネルを食い入るように見ているお父さん、お母さん。

柳川や北九州でのおしゃべりサロンに参加してくれていた方
お仕事復帰のため定例会などに来れなくなった方
夏休みだから来れた方
そんなお久しぶりさんに加え
初めて参加された方も4組いらっしゃいました。
福岡市や近郊からだけでなく、鳥栖、久留米、筑後からも来てくてくださいました。学校が地下鉄の駅のほぼ真上にあり、JRや西鉄を乗り継ぎながら「夏休みの電車の旅」を楽しみながら来てくれたお友だちもいました。
…なんとなんと20家族が集まりました。お父さんも4人!
まずは全員で自己紹介。

その後、お父さんグループ、未就学グループ、就学目前&就学グループの3つに分かれ、それぞれのグループでじっくりとトーク。
ふと気づくとT先生がお父さんグループに入ってくださっていて、作業療法士としてのアドバイスをしてくださったらしいです(うちのパパ談)

みなさんの感想の一部です。
◉気持ちがオープンになり、色々お話できました
◉みなさんの元気をパワーにして育児がんばります!
◉いろいろお話を聞け、悩んでいることも素直に話すことができ、すっきりしました
◉何事も焦らないこと!日々を楽しむこと!
◉久しぶりの参加で、みんなが大きくなっていて驚きました
最後はみんなで、ハイ チーズ!!

(写真は、わざと若干ボカしてます)
関連記事
スポンサーサイト
【 2016/08/23 (Tue) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫kangaroo.oyako
twitter≫@kangaroo_oyako
Instagram》kangaroo.oyako.nicu
LINE@≫@zop2419t

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム