Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

平成28年度 第2回 カンガルーサロンin飯塚病院

平成28年度 第2回 カンガルーサロンin飯塚病院
◆日時:H28年7月12日(火)10~12時
◆場所:飯塚病院 4階多目的ホール(飯塚市芳雄3-83)

今年度2回目のカンガルーサロンin飯塚。
今月もまたまた雨f(^_^;
1年前、台風の日に始まり、ほぼ雨!?ってくらい、雨の日の開催です。
でもでも、足下の悪い中、4組の家族が遊びに来てくださいました。

4ヶ月ぶりのNっ子ちゃんも、ますます動きが活発になり、ごろごろ寝返りで移動!
「どこまで行っちゃうの~!」と、嬉しい成長を見せてくれたり(*^^*)
はじめましての方も勇気を出して参加してくださったり。

ありがとうございます☆

今月は福岡県立大学の学生さんも2名、輪に入ってくださいました。
助産師さんの卵です(*^^*)

今回のピア傾聴のテーマは、「心に残っている一言」。
良くも悪くも、言葉ってとても心に残りますよね。
嬉しかった言葉、実はとても傷ついた言葉。
そんなテーマで話を聴き合いました。
誰かが話す時は、自然と注目が集まります。
誰かが話す時、「そうそう、私もね、、」と話を横取りしません。
否定されず、ただただ寄り添って聴いてもらえる時間です。

今月は参加してくださった学生さん、引率の先生からいただいた感想を一部ご紹介します。


★初めてこのような会に参加しました。全てを受け入れる参加者さんの姿に、癒されました。

★話を聞いて共感し、自分が話すことでいろんな感情を出して受け入れていく会のなかで、たくさんのお母さん達が救われているのだろうなと、思いました。

★分娩に立ち会った方と、偶然再会出来て、笑顔がみれて大変嬉しかったです。

★一緒に感情を共有してくれる仲間を自然と求めている気がします。助産師として心に寄り添える人、心に残る人になりたいです。

★会が、ずっと続いて、子どもたちからも話を聞いてみたいです。

★みんな感情をはきだして、顔が晴れやかになってる気がしました。

★このような会の事を知らずに、ふさぎこんでしまっている方もいると思うので、私も広めて行きたいと思います。


ありがとうございました(*^^*)

次回のサロンは平成28年9月13日(火)です。

byナンリ
関連記事
スポンサーサイト
【 2016/07/19 (Tue) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム