Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

H28年度1回目の北九州でのおしゃべりサロンのご報告

6月18日(土) 

北九州市、小倉AIMの元気の森にて北九州出張おしゃべりサロンが開催されました。

IMG_4196.jpg

今回、福岡メンバーは初の試みとして太宰府市社協の福祉バスを利用させてもらい親子17名で参加しました。
北九州メンバー親子23名、ボランティアとして看護学校の学生さん6名先生1名、助産師を目指している大学院生さん1名、元気の森のスタッフ2名のなんと50名の参加。

IMG_0049a.jpg

IMG_0029a.jpg
IMG_0030a.jpg

この春から新しく赴任された所長さんにもご挨拶いただきました。
なんとNICU(新生児集中治療室)をまだ「未熟児室」と呼んでいたころ、看護師さんとして働いていらっしゃったそうです。
当時、一番小さかった赤ちゃんが700g。それよりも小さく生まれた子どもたちの様子をとても愛おしそうにまなざしを送っていらっしゃいました。

子どもたちはボランティアさんと楽しく遊び、パパママは最初にみんなで自己紹介した後は6~7名ずつ3グループに別れてのトークをすることに。

IMG_0076a.jpg

私が参加したグループでは今感じている悩みやうれしいことなどを自由に話をしました。今回初めましての方が多かったのですが、小さな子どもを産んだからこそ、少しでも大きくなってほしい、将来困らないように色々なことを身につけてほしいという同じ想いをもつ親同士、すぐに打ち解けて話が盛り上がり時間が足りないくらいでした。
子どもの為によかれと思ってしていることがカラ回りしたり、思い通りにいかなかったり…迷いながらの日々をみんなで共有できる場所があるって心強いなあと改めて感じる時間でした。

最後はみんなでお片付け
IMG_0082a.jpg
IMG_0085a.jpg

終了後、福岡のスタッフとさんさんっ子、ユクリのスタッフみんなで昼食
IMG_0091a_20160626113907913.jpg


IMG_4202.jpg

余談ですが、今回初めての貸切バスでの移動、行き帰り往復3時間の間ずーっと子どもたちの遊ぶ声大人の話し声が途切れることなく、お菓子が行き交い、とっても賑やかな親子遠足のようなでした。またみんなで親子遠足できたらいいなあと思います。


by ゆきこ
関連記事
スポンサーサイト
【 2016/06/26 (Sun) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム