Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

2016年1月度定例会は「目の学習会」でした

1月21日 木曜日

今年最初の定例会をいきいき情報センターで行いました。
IMG_4432a.jpg

以前より希望が多かったテーマが「目」「視力」。
福岡視力障害センターの山田信也先生をお招きしての学習会を実現することができました。
IMG_4428a.jpg

早産児はやはり未熟児網膜症を発症してたお子さんが多く、視力や見え方などに不安を感じている方が多いようです。
参加者のお子さんの年齢も未熟児網膜症の重症度や治療歴、現在の眼の状態もさまざま。
一人一人まったく状況が違うので、本当にどう話を展開すればよいのか、先生にはきっとご苦労をおかけしたと思います。

眼振、視野、外斜視、内斜視、片目だけの弱視、近視や乱視、視力検査、重度未熟児網膜症で視力がほとんどない、テレビを近づいてみる、書写や板書の問題…などなど。

IMG_4423a.jpg

でも、参加者一人一人が、どんな状況でどんなことを不安に思っているのかを丁寧にメモを取りながら聞いてくださった上で、全体論をいろいろな角度でお話をしてくださいました。

それぞれのお母さんが、先生のお話の中からいろんなヒントを得たと思います。

その一つがこのタイポスコープ。読みやすくするための工夫です。
IMG_4437a.jpg


先生、事前の打ち合わせの際にお届けした体験談集をしっかりと読んでくださっていました。
だからこそ、先生のお話が単なる眼の支援・サポートの仕方なのではなく、育児の心を学ぶ時間に感じたのかなと思いました。


不安に思っていることも、相談できる場所がある。相談できる人がいる。一人で悩まない。
やっぱりこれが一番大事ですね!


さて2月度は、ガラリと雰囲気をかえてカンガルーママ講座です。
書道師範の資格を持つママを講師に、筆ペン講座をします。

by万


関連記事
スポンサーサイト
【 2016/01/24 (Sun) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム