Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ゆっくり休んでね、Kちゃん

真夜中にメッセージが一つ届きました
Kちゃんのお母さんからでした。
そして、夜が明け、大牟田での葬儀に参列してきました。
来年、小学校入学の女の子。その棺はとても小さくて‥。
23週で生まれ、入退院を繰り返しながらも、たくさんの病気、手術を乗り越えてきたがんばり屋さんです。在宅医療ケアが必要なお子さんでした。
今までも何度か大変な局面を乗り越えてきたお友達でしたが‥それでも突然の報らせでした。
小さな時から、体調が良い時は、遊びの広場やクリスマス会、人形劇、柳川でのおしゃべりサロンなど、遊びに来てくれ一緒の時間を過ごしました。
特に去年の人形劇の日のお顔は忘れられません。
イケメンのお兄ちゃんに抱っこされた時の明らかに態度が変わるその乙女な表情。お母さんは今年も一緒に行こうと思っていたそうです。
夏の柳川でのサロンがカンガルー参加の最後になりましたね。
ここでもたくさんの学生さんに遊んでもらって楽しそうでした。お母さんのKちゃんと旅行に行ったお話しが印象に残っています。
秋に作り直し作業をした写真展用のパネルに、新しく追加で作ったKちゃんのパネルがあります。完成したものをまだご覧になっていなかったので、見て欲しくて斎場まで持って行きました。
ご家族からの申し出をいただき、祭壇に飾らせていただきましました。
出棺のときには、クリスマスカードにメッセージを添えて、棺に入れさせていただきました。
小さい時からKちゃんを見ていますが、真っ白なお人形のようなお顔で、本当に眠っているような安らかなお顔でした。その表情になんだかほっと安心しました。
お空にも、カンガルーのNっ子先輩たちが何人もいて、遊んでくれるから大丈夫。
ゆっくり休んでくださいね。
by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2015/12/26 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム