Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

今年も「ほほえみ祭」写真展で参加しました

11月3日 今年も、福岡徳洲会病院のほほえみ祭に写真展で参加しました。

IMG_3857a.jpg

ここ数年の中で、一番、天候に恵まれたほほえみ祭だったのでは?
青空に加え、気温もちょうどいい感じで、気持ちがよい一日でした。

今年は新スタッフとして、この写真展に初めて参加したメンバーも多く、私だけではなく、スタッフそれぞれの感じたこと、この日のドラマをブログにつづりたいと思います。(ということで、かなり長文になる予定です)

娘が産まれた病院でありながら、初めて参加しました。予想をはるかに超えて楽しませて頂きました🎶病院が開催するこの様なイベントも初めてで、まずそこに驚きました。地域や患者さんを繋ぐこんな機会、本当に有難いですね!写真展は1パネルしかゆっくり見れませんでしたが、一つ手紙まで読んだ時点で涙が溢れ、娘に、ママ泣かないでね…と見抜かれていて驚きました笑
新しい場所での娘の情緒、授乳、昼寝、愚図り、抱っこ時間…等考えるとイベント参加はいつも億劫でしたが、徐々にクリアになっていて親子で楽しんで参加出来た事がまず嬉しかったです。
普段ほぼ一人での子育てですが、毎度皆に声を掛けてもらいNっ子の皆さんが第二の家族のようで嬉しかったです。今日も仲間たちの心配りと優しさと温かさに私は癒され、娘は楽しめた一日でした。 byひろみ


IMG_3855a.jpg
そうなんです。一人っ子のNっ子ちゃんでもここにくるとまるで従妹か兄弟姉妹かというぐらい賑やかなのです。
写真展のテントの裏ではこんな感じで毎回、ワイワイガヤガヤ。

今回も、娘と一緒の参加で、ほとんどスタッフとして稼働できずに、心苦しいです(^_^;)
娘をありさんに預けに行ってる間に、片付けも撤収されてて…改めて、カンガルースタッフのマンパワーには脱帽です‼️
ナナもお兄ちゃん、お姉ちゃんや、玲子さん♡に、たくさん遊んでもらって、お祭りを楽しんでいました♬
ちょうど、写真展のブース内でナナが遊んでる時に、娘を写真パネルを見ていたご婦人が、『この写真は、この子?こんなに大きくなったのねー』とおっしゃってくださって、娘も連れていって良かったと思った瞬間でした。
去年に引き続き、綿菓子をほうばって、完食した娘。去年は1/3しかたべれなかったので、かなり成長したなと(笑)
お天気もよく、楽しく過ごせてよかったです。
ほほえみ祭は、みんなの成長も併せてみていける場だと、認識しました。 byみな


IMG_3847a.jpg
病院関係者だけでなく、たまたまこのテントに入ってくださった地域の方も写真とお手紙を食い入るように見入っている方がたくさんいらっしゃいました。
そして、涙、涙。
すると横には、大きくなったNっ子ちゃん本人。

ほほえみ祭、二回目の参加でした。去年初めて来たときは、昼過ぎだったし、何が何だかわからなかったんですが、今日はスタートからいれて、カンガルーのお手伝いもろくにせずに、祭りを楽しませていただきました。親子でずっと、焼きそば、フランクフルト、お好み焼き、いか焼きと。そして、最後にちゃんこ鍋まで。どれも。美味しくまた、子供たちもNっこちゃんの兄弟とも仲良くフリマに一緒に行ったり、マリオの風船で遊んでもらったりと、親子で楽しませてもらいました。そして、沢山のかたが、写真展を見に来てくれてゆっくり見ていただきました。
実際、むすめが「これ、わたちぃです!」と自分の写真を紹介して、「そうなんですね、ずいぶん大きくなったですね!」と言われ、本人は照れてました。
娘も自分の写真を見ることってなかったので、自分のが飾られているのを見て、ちょっと、恥ずかしいような、嬉しいような一日だったようです。
写真展から、地域の方、同じ境遇でなくても、それぞれ気にしてくれてる方と会話が弾み貴重な時間だと思います。
これからも、ほほえみ祭、そして写真展続けていきたいと願います! byさゆり


IMG_3856a.jpg
文中のマリオってこれのことです。

この地域に住むスタッフにとっては、お友達にたくさん会えるチャンスであり、お話をする機会になったようです。

学校区内だったから、たくさん友達に会えました。
写真を見てもらえて良かったです!byみそらママ

天気に恵まれ人出も多く、いつもより沢山の方に写真展を見て貰えて嬉しかったです。思いがけず会った幼稚園のママさんにもNっこ兄のことを知って貰えたり、いつもはしない出産の話が出来たりと、良い時間が持てました(*^_^*) byれこ
 

IMG_3858a.jpg

今日も、みそら君のお友達が沢山来てくれて、この写真展、命の授業になっているなあと感じます!
私も未熟児で産まれたって子に二人も出会い、本人が、私もこんなに小さかったのかな、写真じゃ、大きさわからないけど、どの位って聞いたり、みそら君が歩けないのは、小さく産まれたから?!でも私は歩けるよとか、子ども達なりに色々考えて、写真を見て、色んな思いを素直に語ってくれるのがとっても嬉しかったし、この公な場所で写真展をやらせてもらう大きな意味があるなあと思いました。
同じ小学校のお友達が小さく産まれた事をきっかけに足を運んでくれて、みそら君を初め、沢山の子ども達の事を知ろうとしてくれる、ほんとにいい機会を毎年与えて下さる徳洲会病院の皆様にもほんとに感謝です。
我が子も救急車に何度も乗せてもらえて、色んなゲームに、フリマ、ちゃんこ鍋と焼き芋の振る舞いと、ほんとに一日満喫させてもらえて、毎年充実できるほほえみ祭です。まだ足を運んだ事がない方、ぜひふらりと遊びにきてもらえると嬉しいです♪ byあゆ母


ちなみにNっ子たちのきょうだいたちもおまつりを満喫してます。
IMG_3849a.jpg
ママの了解のもと、この満面の笑みのおねえちゃんをアップ!
この大きな焼き芋は無料配布なのです(^^)

お腹いっぱいになったのは、子どもたちだけではなかったみたいですけど(笑)

今年は暑いくらいの、良いお天気にめぐまれました!!
そして、たくさんの方が足をとめて見てくださっていました。
「この子達が小さく生まれたの?」と目を細めて言ってくださった方。
そう、大きくなったNっ子が、あっちにもこっちにも☆
写真の中以上に伝わるものがある、この写真展。
本当にありがたく、貴重な場所です(*^^*)
私はと言うと、娘と一緒にひたすら食べ歩き。焼きそば、唐揚げ、焼きいも、ちゃんこ鍋。。笑
お腹も満たされ、最後に、いつも気になる隣の占いブース。
「恋愛・結婚運」を占ってほしくて、2時間近く並んだ娘が、「それはまだ早い!!」と、「勉強運」を占うことに、というまさかのオチで帰ってきました(*≧∀≦*)
今年も楽しかったです!!
徳洲会病院関係者の皆様、ありがとうございました(*^^*)
楽しかったし、お腹いっぱいです byミキティ




会が発足してから8年。その時、生まれた子どもたちが小学生になり、文字が読める子たちが増えてきました。
今年、スタッフとして加わってくれたメンバーたちの中には、我が子に、自分の出生のことをどう伝えようかと悩み始めている方もいました。パネルのお手紙を読んじゃうよね・・・って。母として何日も前から悩んむスタッフも実はいました。

Nっ子ちゃん本人にも伝わること、感じることがあった写真展でもあったようです。

今年初めて参加させてもらいました。
娘も写真展を見るのも初めてで。
自分の写真と、私からの手紙を読んでこっそり泣いていました。
写真展は色んな方にNっ子ちゃんのことを知ってもらう為だけじゃなく、Nっ子ちゃん自身が自分は今までずっとがんばってきて、愛されている存在なんだなあと確認できる場所でもあるなと思いました。byゆきこ


IMG_3844a.jpg
NICU前にもパネルを3枚展示し、お祭り会場で写真展を行っていることをご案内させていただきました。
お祭り後も数日、NICU前に展示。今まさに、NICUで頑張っているご家族の励ましになれば嬉しく思います。

会場には、お仕事復帰や就園就学などで、普段なかなか会に参加することが難しくなったメンバーや、いつも一緒に来ることができないお父さんやきょうだい児さんと一緒に来てくれたメンバーもたくさん遊びに来てくれました。
他にも、他県からお引越ししてこられた方が「実はこの子も・・・」というお話が出てきたり。
いろいろな出会いがあった一日でした。

最後はれいこさんのコメントでまとめます。
IMG_3851a.jpg

ほほえみ祭でのご縁を頂いてから、もう何回?
朝の搬入から、夕方の撤収まで。最初の年はどれだけの人に伝えられたのか、不安にかられていたり、充実感あまり持てなかったのが、私の正直な気持ちでした。
仕事のためとはいえ、殆どの活動を皆に頼りっきりで、久しぶりに今年は、終日現場にいて、皆の様子や、リニューアルされたパネルの子どもたちの成長した笑顔に見入りながら、私たちの重ねてきたことが、間違っていなかったことを実感していました。
写真の中の子が大きくなって、今、走り回っている、ここ、未来で輝いている。
活動に復活できた事を実感させてくれました。
そして、私たちの活動を支え、見守ってきて下さった徳州会病院の方の変わらない想いを聴くことができて、本当に幸せな時間となりました。
イベントだけではなく、その積み重ねた時間と思いを再確認するこのほほえみ祭。つながり、そして、伝えるという活動の「出発点」が、ここに確かにありました。
また、来年、ここで、かならず。byれいこ


関連記事
スポンサーサイト
【 2015/11/10 (Tue) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム