Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

春日市ぶどうの庭にて講演会

10月30日 金曜日

!cid_34AEAB64-4157-4EE9-8A12-56C29B3F85EC.jpg

春日市にある春日まちづくり支援センターぶどうの庭にて、春日市人権啓発促進事業として講師に呼んでいただきました。!cid_78B620EE-39B2-49D6-8043-676923E94888.jpg

主催者は、子育て支援をされている団体、ママ♡さぽ~とさん。
実は、カンガルーの親子発足当時から、私たちをずっと見守ってくださっている託児などを通じて子育てを応援し続けている団体さんです。

受付にはハロウインロらしく(?)、おみかんに顔が書かれたものが資料と一緒に配られていました。

IMG_3815a.jpg

2時間という講話時間。
今回の講演の中身を実はどうまとめようかと悩んでいました。

というのも、
保健所主宰の未熟児教室のように当事者の親御さんだけではなく、
病院等での研修会のように実際に子どもたちに関わる方々でだけはなく、

春日市報などで告知をしていただいたり、会からも告知をしたので、
会場に足を運んでくださったのは、地域の方、カンガルーの親子のお友達、療育関係の方や地域の子育て支援に関わっている方など多岐にわたっていました。

IMG_3991a.jpg

今回は、西日本新聞に連載させていただいた内容に補足しながら、お話を進めさせていただきました。

涙をぬぐう方、多数・・・・。

きっといろんな想いが伝わったはず・・・と信じています。

ずっと私たちを見守ってくださっていたママ♡さぽーとのHさん、このような機会をいただきありがとうございました。

講演会の後と翌日は、隣の会場にて写真展とフリーマーケットを開催。

講演会前からカンガルースタッフ総出で会場の準備。
!cid_87A9EEE1-9130-4EF8-83F1-64000E29379E.jpg

講演のあとに、たくさんの方が文集を購入してくださったそうです。
そして、写真のパネルを見てくださったようでした。(私はPCの片づけなどでその様子を見ていないのですが)

写真展とフリマの様子はまた別のスタッフのレポートを待つとして・・・。

今回の写真展を見逃がしたものが方、3日の徳洲会病院のほほえみ祭に写真展で参加します。
オレンジ色のカンガルーTシャツを着たスタッフがいますので、ぜひ、お声をかけてくださいね。
(もしかすると子どもたちと会場内をウロウロしてるかも??)

by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2015/11/01 (Sun) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム