Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

コラム「小さな命のキセキ⑨」

7月2日掲載の「小さな命のキセキ⑨」です

⑨20150702 a

写真は1歳2か月
右目3度目、左右合わせると4回目の目の手術の後です。

年長児さんのお兄ちゃんと比べると、1歳過ぎてるけど、ホント、小さかったなぁぁ。

NICU退院後の入院は、基本、母子同伴。
兄弟児さんがいる家庭は、入院中、きょうだいをどうするか?というのは大きな問題です。
最近は転勤で近くに親戚がいない、両親も仕事をしていて頼めない等々、簡単に子どもをお願いできない状況の方が多いので現実です。
この問題ってどうにかならないかな。
かなり切実な問題です。


by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2015/07/23 (Thu) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫kangaroo.oyako
twitter≫@kangaroo_oyako
Instagram》kangaroo.oyako.nicu
LINE@≫@zop2419t

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム