Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

福岡徳洲会病院主催 地域医療連携教育講演会

3月18日 福岡徳洲会病院主催の地域医療連携教育講演会で「Nっ子クラブ カンガルーの親子の軌跡」と題し、お話をさせていただきました。

廊下のあちこちにあった会場までの案内板です↓。
20150318.jpg
写真ピンボケ~(汗)

会場にて事務方の職員さんがパソコンを接続してくださり、画像・音声が出るかをチェック。

7年前の娘の1歳のお誕生会の映像を見て「この子、可愛い~」という男性職員さんの言葉にすっかり機嫌がよくなった母・私でした。
この講演会を企画してくださった看護副部長さん(会発足当時のNICU師長さん)から
「この子、452gで生まれたんだよ」って説明をされ、驚かれていました。

講演会には院内のNICU、小児科、産科の医師、看護師のほか、地域の保健師さんや助産師さん方も参加されていました。

20150318-2徳洲会

会の軌跡をお話する上で娘の誕生、NICU入院中に私が探していたサポートのことを話さないわけにはいきません。
そこから始まり、会の誕生の経緯、目的やコンセプト、どんなことをしているか、ご家族がどんなことを感じながら面会・育児をしているのか、会に参加しての感想などを1時間にまとめてお話させていただきました。
今まで会で受けたテレビ取材の映像も織り交ぜながら・・・。(参加された方の生の声が聞けるので)

カンガルーのスタッフ、最前列で泣いてますっっ。
ちょうどお子さんがNICUに入院中に第1回目の定例会の様子をテレビで見て、カンガルーの親子に参加し始めたお母さんです。当時のことが思い出されたのでしょうね。

終了後、保健師さん数名からもお声をかけていただきました。
担当の自治体でも何かやろうと模索をされているところだそうです。
「お手伝い行きます!」とさっきまで涙目だったスタッフが力強くお応えしていました。

事務の男性職員の方から文集をお持ち帰りになりたいと申し出があったのも嬉しかったです。

6月から偶数月の第2回曜日10時~12時、福岡徳洲会病院にて【カンガルーサロン】を実施いたします。

病院内での開催ということでお子さんがNICU入院中の方も面会前にサロンに参加しやすくなるのではと考えています。
もちろん、徳洲会病院のNICU卒業生でなくても、受診歴がなくてもご参加いただけます。
また改めて新年度事業をまとめてご紹介いたしますね。

ひとまず講演会、無事に終了。
またひとつ肩の荷が下りて脱力~。

by万

関連記事
スポンサーサイト
【 2015/03/18 (Wed) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム