Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

H26年度 第4回ピア傾聴講座

10月15日(水)、今年度第4回目のピア傾聴講座を開催しました。

今月は日程が変更になったため、参加出来ない方もいらっしゃったりで、参加者は5名。でも、少人数なら少人数なりに、深~い時間になりました。

今月は、「共感的な聴き方とは」。

●人は否定されると、心を開きません。相手の話を「尊敬」し、「尊重」して聴くことです。

相手が子どもであっても、たとえ些細な話であっても、尊重して聴いてもらえると嬉しいものです。

●子どもは自分の話を聞いてほしいだけで、大人の意見を聞きたいと思っているわけではありません。

これは耳が痛いな~って思う方もいらっしゃいませんか?
「今日こんなことが学校であってね、、」
と話しているそばから、「だからお母さんがいつも言ってるでしょ。」と、いつのまにか子どもの話を横取りして、お母さんのお説教に。。なんてこと。笑

言いたくなる気持ちもあるけど、その気持ちはちょっと横に置いて。最後までとことん聴く、相手の感情を受け止める、それが共感的な聴き方です。

みなさん、なるほどー。頭ではわかっているけど、なかなかー。と、気付きはあるものの、実際は難しそう。
そう、でも、頭でわかってるっていうだけで、この講座を受ける前とは明らかに違いますよね。
10のうち、1でも出来たら、よく出来た☆って、自分をほめましょ♡

そして、何度も何度も練習です。
ここの講座は実践の場所でもあります。
あいづちの打ち方、質問の仕方。
今回は少し長めの時間のセッション(話の聴き合い)もしました。

形を変えながらの講座ですが、やり続けてきて思うこと。
確実に、心に余裕が出来て、聴ける人が育ってます!!
癒されたぶん、寄り添える人が増えています!!

お母さんが癒され、心に余裕が出来ると、子ども達は楽だろうなぁと思います。
何より、お母さん自身も育児が楽しくなりますよね♪

もちろん、育児だけではなく、会社の人間関係、パートナーシップ、すべてに共通することです。

あの人のせいで、うまくいかないなぁー、あの人がこう言うから、、と、指を指したくなったとき、その指を自分に向けて、ちょっと一息。
相手は変わりません。でも、自分なら変われます。

傾聴講座では、聴き方を学ぶと同時に、自分を見つめる時間です。

一緒に素敵な時間を過ごしませんか?

来月は11月5日(水)です。
たくさんのご参加お待ちしています☆☆

Byナンリ

関連記事
スポンサーサイト
【 2014/10/17 (Fri) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム