Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

7月の定例会は救命救急講習会でした

7月17日
定例会「救命救急講習」@いきいき情報センター

今日は年に1回の救命救急講習です。
今回は日赤より講師の方が来てくださいました。

IMG_1250a.jpg

ジェミー君・アンちゃん(練習用のダミー人形)も私たちの練習のお手伝いに参加です(^^♪
アンちゃんを抱っこするとみんな「かわい~。懐かしい~。」と胸に抱きながらついつい揺れてしまってます。
あの適度な重さ、抱っこすると揺れてしまうのは条件反射でしょうか。にしても赤ちゃんの頃ってホント腕にすっぽりだったんですね(遠い目・・・)


今回も気道異物の除去と胸骨圧迫(心臓マッサージ)をメインに講習をしていただきました。


◇気道異物の除去では、講師の先生のお話を聴きながら自然に皆さん握り拳をつくったり、手をみぞおちにあてたりと真剣です。
IMG_1260a.jpgIMG_1266a.jpg


のどに何か詰まったとき、皆さんもよく背中を叩くと思いますが、肩甲骨と肩甲骨の間あたりを叩くとのどに響く場所があるそうです。
IMG_1252a.jpgIMG_1257a.jpg

私たちもペアになって軽く叩きながら場所の確認。首の近くでも響かないし、下過ぎても響かない。「あ~、この場所やね。」と皆さん納得されていました。
(※くれぐれも生体では練習しないでくださいね。参加者同士もあくまでも軽く叩き、確認だけです。)
また、最初の一撃(!?)が肝心!とのこと。




◇胸骨圧迫(心臓マッサージ)では、ジェミー君、アンちゃんも大活躍です。以前は心臓マッサージと言われていましたが、「胸骨圧迫」の方が文字を読んで何をするかが伝わりやすいとのことで、最近ではこちらが使われるそうです。


まずは先生がお手本を見せてくださいました。
IMG_1269a.jpg

ジェミー君は幼児、アンちゃんはまだ赤ちゃんなので、それぞれ方法が違います。私たち参加者はそれぞれを実習。
IMG_1275a.jpgIMG_1277a.jpg



その時は「そうだった、そうだった。去年もやったわ~」と思っていた私ですが、いざ実習をしてみると、すっかり忘れている!!
IMG_1274a.jpg

胸骨圧迫も「こんなにペース早かったっけ??」と先生のカウントについていくのが必死。次の人工呼吸も「息が入らない!!」とジェミー君の胸が膨らまず・・・(焦)。
(あとで人工呼吸だけ練習し、やっとジェミー君に息を吹き込むことができました。ホッ)


講師の先生が、手順だけでなく、なぜそうするのかを分かりやすく説明してくださったので、とても分かりやすかったです。
あっという間の1時間半でしたが、中身の濃い時間になりました。




また、救急は『119』!
当たり前のことですが、慌てていると110番に電話してしまったりということもあるそうです。(海の事故は「118番」)
「119」に電話をしたら、救急の方の質問に沿って答えていくとスムーズに伝わりやすいとのことです。

出番がないのが一番ですが、いざという時のため練習は大切!と改めて感じました。


byまっこ

関連記事
スポンサーサイト
【 2014/07/17 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム