Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

北九州での出張おしゃべりサロン(2014年度6月サロン)

6月28日 土曜日
今年度も北九州市立子育てふれあい交流プラザの主催事業として、出張おしゃべりサロンを開催しました。
今回のNっ子家族の参加者はスタッフ2家族含め、8家族24名。

サロンの間、子どもたちはお部屋の中でボランティアさんと遊んだり、施設内にある元気のもりでお父さんと遊んだり、元気いっぱい。

IMG_1060a.jpgIMG_1051a.jpg


早いものですね・・・2011年にスタートしたこの北九州でのサロン。今回は初回から参加してくださっているお母さんに司会進行をお願いしました。

お子さん方の成長ぶりに嬉しいビックリでした。

このおしゃべりサロンで出会ったお母さんたちから北九州の「さんさん広場」と行橋の「ユクリ」が誕生しました。特に「さんさん広場」は2か月に一度このふれあい交流プラザに集まっています。すっかりプラザのおにいさん、おねえさんにも覚えてもらっている様子もとっても嬉しいことでした。

所長さんをはじめ、スタッフのみなさまにもこの4年間、子どもたちの成長を見守っていただいていることを心強く思いました。
IMG_1058.jpg

実は、サロン開催前にお電話でいろいろ打ち合わせをしている中で、参加されているお母さん方の表情が穏やかに変化していっているね、というお話を所長さんからいただきました。
子どもたちだけではなく、家族みんなをずっと温かく見守り続けてくださっているのことが伝わってきて、とても心強く、嬉しく思いました。


さて、今回のサロンは、さんさん広場からのリクエストにこたえ、カンガルーの親子スタッフ2名が出産時からの体験談をお話させていただきました。その後、二人の話を聞いて感じたこと、今悩んでいることなどをシェアリング。

当時を思い出したり、今現在の育児で迷っていることと重なったりで目頭を押さえるお母さん方も・・・。

先輩としての経験談が心に響き、これからの育児、現状から一歩先に進むためにお役に立てれば嬉しく思います。


実は今回、お母さんたちのお話の輪の中にNっ子ご家族だけではなく、所長さん、作業療法士さん、こちらの施設で母乳相談を受けている助産師もご一緒に入ってくださいました。
また、会場内で子どもたちの相手をしてくださったのはボランティアの看護学生さんと引率の先生、ベテランの保育士さんや看護師さん。北九州もいろいろな方々との輪が広がってきています。

北九州での次のおしゃべりサロンは10月4日(土)p。サンサン広場は7月14日(月)です。
お母さんたちの輪もどんどん広がりますように!


by万



関連記事
スポンサーサイト
【 2014/06/28 (Sat) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫kangaroo.oyako
twitter≫@kangaroo_oyako
Instagram》kangaroo.oyako.nicu
LINE@≫@zop2419t

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム