Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

今年初遊びの広場は・・・

親子遊びから始まりました~

6家族ととっても少なかったのですが、元保育師と言うプロの先生をお招きして、
親子遊びやってもらいましたよ~

まずは、パネルシアターから始まり、いろんな動物さんのいないいないばあに

子供達見入ってました
①


その後はダンボール遊び

ダンボールを線路にしてその上を歩いたり、②

ダンボールをとんねるにしてはいはいして通ったり、③

ダンボールを車にして中に入れて押してあげたり、外から自分で④
押させたり、たいこにして叩かせたり、

最後は積み上げて、子供達が壊すのを楽しみました~⑤


『壊したりするのは普段ダメダメって制御しちゃうから、こんな遊びをして
発散させてあげることも大切ですよ~』って先生が言われてました

段ボール一つでこんなに沢山の遊びができ、お手軽で子供達も大喜び、
こんな遊びを家でもやってみてはいかがですか~
おもちゃより意外に子供達はまっちゃうかもですよ~

一汗かいた後は、エプロンシアターでまたまた子供達集中して見てましたよ~
⑥
しっかり発散した後に座って静かな遊びをすると、集中力が増すそうです

最後におまけってことで、先生の故郷にちなんでのお話を牛乳パックを

使って作ってあり、これの最後のしかけがすごいすごい

大人も目をひきましたが、これ口で説明するのむずかしいからなんとも
いいがたいのですが、牛乳パックを小さく切ってゴムをはめてたたんだ
ものを、牛乳パックの箱にたくさんしきつめ、それが箱を開いたとたん
ぱーっと飛び出すしかけになってて(これじゃ伝わらないですよね・・・笑)

⑦

子供達、一瞬のことだから、最初は何がおこったかわかんないけど、
わかると喜ぶ喜ぶ
きっとなっちさんが牛乳ぱっくせっせとためて作ってくれるはずです(笑)

1時間弱、子供達集中力を切らすことなく、最後まで楽しんでいました

先生が最後におっしゃってました。『今の子供達はボタン一つで何でも簡単に動く
のが当然の世の中で育っているので、なんでだろう?どうやって動くんだろう?
と思う経験が少ない。
これでは発明家は育たない。なんで?どうして?と子供達が考えられるおもちゃ
や体験を沢山積ませてあげて欲しい。そう言う意味で、昔ながらの手作りおもち
ゃはとってもよいんですよ~』

今回、初めて先生をお招きしての遊びの広場でしたが、やっぱりプロの先生に
やってもらうと遊びの幅は広がるし、ほんと違いますね~!!
またぜひやってみたいなって思います

レコさん、先生紹介してもらってありがとうございました

この後、17時まで皆昼寝もすることなく、自由奔放に遊んでおりました~

また来月も沢山遊びましょう


by あゆ母



















関連記事
スポンサーサイト
No title
海空君、リハビリの後だったのに元気でしたね~v-220ほんと、またぜひ先生に来てもらって、新しい遊びの提案してもらいましょうv-10
【 2010/02/02 】 [ 編集 ]
楽しかった
とても楽しかったから 時間があっという間に経ちました。
本当に充実していました
帰って息子は爆睡
またぜひ先生を呼んで遊んでほしいです☆彡
【 2010/01/31 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム