Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

子どもフェスティバルでの写真展でした

4月27日 日曜日
今年も筑紫野市カミーリヤで行われた子ども劇場さん主催の子どもフェスティバルに写真展で参加しました。

オープニング後に来賓の方々が写真の一つ一つに見入っていらっしゃいました。
!cid_E88E6F2D-2AE3-49AF-8754-E85215EDEF98.jpg


実は、今年はこれまで外でたくさん展開されていたいろいろな遊びのブースや食バザーの多くが館内での開催と昨年までと大きく変わりました。
IMG_0728a.jpg

さらに当初、気予報は雨・・・
どうなるかな~と思いましたが、なんとかお天気は持ってくれました。

たくさんのカンガルーファミリーも遊びに来てくれました。
我が子のパネルの前で弟君も一緒に記念撮影!

IMG_0734a.jpg


子どもたちはとにかく遊びたくて、ゆっくり写真を見ることも、スタッフお話しすることすることもできなかったお母さんもいたようです。
お顔だけは来ていらっしゃることチェックしましたよ~!

お話できなかったのは残念だったけど、子どもたちがたくさん楽しめたようでよかったです(^^)

もちろん、カンガルー―ファミリー以外のフェスティバルに遊びに来ていらした、たくさんの親子さんに見ていただきました。

お子さんが遊びにいっているようで一人でじーっと写真に食い入るようにひとつひとつ見ている若いお父さん
赤ちゃんを抱っこ紐に抱いたままひとつひとつの写真とお手紙を丁寧に見ているお母さん

そんな見てくださったお一人お一人の姿がとても印象的でした。


今年も、写真パネルのほかに、NICUや早産の説明を書いたもの
正期産で生まれた赤ちゃんと500gで生まれた赤ちゃんの身長と体重を実感できるお人形
赤ちゃんがお母さんのおなかの中で成長していく様子のパネルを実際に自分の体にあてて確認できるもの
6周年記念のDVDを置いていました。

まだ幼稚園に上がる前のお子さんにいろいろ説明するお母さんとおばあちゃんの姿もありました。

子どもたちだけで見ていた女の子グループには、スタッフが話しかけて、説明してくれていました。

小学生のお子さんが書いてくれたアンケート

★お母さんの苦労がわかりました。赤ちゃんのことをいろいろ教えてくださってありがとうございました。赤ちゃんのことをもっと知りたくなりました。

★赤ちゃんを産むのはかんたんそうで、いろいろ苦労してるんだなぁ~と思いました。お母さんの苦ろうが分かったのでお母さんのお手伝いをします!!!

なんだか、とーっても嬉しいコメントでした。

2度の流産を経験してやっと男の子を出産したというお母さんからは
★小さく生まれても愛情たっぷりに育ってらっしゃり涙が出そうになりました。

今年もたくさんの方に「小さな命のがんばりと輝き」を感じていただけたと思います。



他の市町村でもやれたらいいな~
ここでもやって~というところがありましたら、ぜひ、お声をおかけくださいね。

by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2014/04/27 (Sun) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム