Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

福岡県母子保健大会 In 田川市

「健やか親子ファーラム」 
   IN 田川青少年文化ホール


昨日からの雨と風
そして、初めての田川市遠征
なんだか不安だけど、口にすると益々不安になりそうで号泣
カーナビも新しくできたバイパスには反応してくれなかったり、
けど、思ったよりスムーズに到着できました~ナイス

あゆ母、ゆうとママと先ず先乗りして、先方の田川保健事務所の方と挨拶もそこそこに、3人で写真展準備。
パネル運搬など少々大変でしたが、1時間程で完了。
フォーラム開始まで余裕のゆうちゃんでした。
それからあやたんママとあやたんも合流。
091111_1311~01
091111_1310~01
フォーラムへの参加者が母子保健関係ということで、かなり写真展にも足を止めてくださって、熱心に見入ってくださる方が非常に多かったなと感じました。
ママたちのメッセージも一つ一つ読んでくださったり、
出産体験記もかなりの方が手にしてくださいました。
中には、かなママのつくってくれた「LIVING HUG」らぶちゃんのパネルに一番に目を留めて
「あ喜びーこれ、知ってる、橋本先生の~」
と、感激されている方がいて、その姿に私達のほうも嬉しくなってしまいました。
また、今回田川市のこのフォーラムに参加できるようご配慮頂いた係長さんから、来年度の担当の地区の保健師さんをご紹介してくださって、ますますこの写真展が広く繋がっていけるものになってきたと思いました。

そして、みんなも楽しみにしていた講演
内田 美智子氏 (助産師 内田産婦人科医院)
「子どもたちの生きる力になるもの」

”どんな子どもに育てたいですか?”
そのために、あなたはどういう姿で立っていますか
笑って立っていますか
自分の笑顔がわが子の瞳に映ってますか
かっこよくたっていますか

助産師の仕事の中で感じるのは、30年前も今も生まれたての赤ちゃんは何も変わっていない。
変わったのは、大人でありその大人が作った社会。
例えば、自分の時間を犠牲にして子育てしたくない・・という親が増えている。
食事を作れない子どもが親になり⇒コンビに弁当が充実し⇒更に何もしてもらえない子どもが増え⇒その子どもが親になる・・・の悪循環。
コンビニ弁当でもお惣菜でもそれ自体が悪いのではなく、
例えばいつも使っているお茶碗に子どもの食べれる分だけ移し変えるとか、
割り箸でなく、いつも使っている自分のお箸でたべるとか、
インスタントでお湯だけ注ぐ物でもいいから、温かいお味噌汁を添えるとか、
そこに、あなたのコトを考えて行動しているママがいるんですよというメッセージを添えられれば、それは子どもにとって大切な食卓となる。

その「生きる力になる記憶」を、毎日の生活の中で積み重ねて行く事が大切。
その幼児期のキオクが、思春期につながり不安定な時期を乗り越える力になる。
「匂い・食べ物・食卓」何気なくすぎている小さなことが大切なキオクとなっている。

自分が大切に思われているか子どもはささいなことから敏感に感じていて、大切に思われている充足感が思春期の自立に繋がっていく。

何か特別なことではなく、毎日の中にちょっとだけ心がけるヒントがあるようです。
~すぐ出来る10ケ条~
・食事中テレビ、ケータイ、パソコンを消そう
・抱き締めよう
・子どもより先に笑いかけよう
・おはよう・・オヤスミナサイの1日
・いただきます・・・ご馳走さまの食事
・ありがとうごめんなさい
・間食をやめる。甘い物でつらない。泣いている時甘い物で口をふさがない
・弁当店屋物は子どもの食器に移して
・せめて1品は手作りでカップスープでもいいから湯気のあがるもの
・夫婦喧嘩は子どもの前でしない(消極的虐待ともいわれる)

だ、そうです。

そして、講演後またもやツラの皮厚く、内田さんにご挨拶をお願いしました。
その際、文集と写真展をみていただきたいとお願いすると、最後の最後でじっくり見てくださいました。
あゆ母が写真の許可を頂きましたので、内田先生が見てくださっている所・・です。
今後もなにかとアドバイスをいただきたい素敵なかっこいい方です。
「みんな赤ちゃん頑張ってるね、がんばろうねっ」と最後におっしゃっていただいたことばが何よりの勇気になりました。
ほんとうに有難うございました。



2009111116220001.jpg

今回の写真展のためにご協力下さった、県母子保健係の皆さん、田川保健事務所のスタッフの皆さん、そして写真展に足を止めていただいた皆さん、本当に有難うございました。

我らがカンガルーのママたち、最後の最後まで居残り片付けご苦労様でした。
琉くんママ、差し入れ有難うございましたぁぁ。
パクパク頂いちゃいましたご馳走さま!!


by れいこ

追:またもや写真が でっかいど~ 許してぇ~
関連記事
スポンサーサイト
今頃ですが・・・
お疲れ様でした。コメ遅くなっちゃいました。
内田先生の「22週の中絶も考えないとね。こんなに子どもたちが頑張っているんだもん」という言葉・・・ほんとにそう思いました。助産師という命の現場で働き続けてこられている方の言葉なので重さを感じます。
そして、かなママさん、高校の先生のメールのご紹介ありがとうございます。あの講演から約1年、そのときのメッセージが先生の言葉で、当時在籍していなかった新1年生に新たな言葉として伝えていただいたというのは、とても嬉しく思いました。
いろんな角度で「命」「生」を私たちが伝えることができるんだなって改めて感じました。

最後に、いつも奮闘して準備をしてくださるみなさんに感謝です。本当にご苦労さまでした。

【 2009/11/17 】 [ 編集 ]
つながり・・・
かなママありがとうございます。
田川での写真展のあとに私達の知らないところで、
そんな すてきなドラマが起こっていたなんてとても、感動です。
高校の先生が、足を運んでくださったことだけでも感激なのに、
その後、その想いを生徒さんに伝えてくださった。
この写真展の意味を、改めて自分達が教えられました。
同じ経験の母親だけでなく、
これから近い将来ママになる女性へも
温かいメッセージを伝えられるんですね。
生徒さんにつながって下さった先生に感謝です。
そして、その大きな橋渡しをしてくださった、かなパパに更に更に感謝です。
【 2009/11/14 】 [ 編集 ]
No title
写真展本当に田川まで遥遥行ってよかったな~って思える1日でしたv-10れいこさん色々と事前準備からありがとうございました!!コキさんも2れんちゃんの写真展助っ人隊ありがとうございました!!あやたんママもあやたんいるのに、大変だったでしょう!!ありがとうございました~!!

内田先生、写真展最後のお客様。じっくり見ていただき、『この子達こんなにがんばってるんだもん。22週まで中絶してるけど、それもしっかり考えないとだね』って言葉に、この写真展いろんな訴えができるなって改めて実感しました。内田先生の講演も号泣で、
子ども達がさらに愛おしくなり、子育てのリセットをしてもらえたような気がしました!!12月9日にも太宰府で講演されるそうですよ~!!たまにこういう素敵なお話聞かせてもらって、子育てを見直す事も大切だなって思いました!!
【 2009/11/13 】 [ 編集 ]
No title
れいこさん、あやたんママ、コキさん、あゆ母さんどうもお疲れ様でした。
田川でも多くの方々に関心を持って、見ていただけたようですね!

以前、KS高校であやたんママが講演を行いましたが、その時校内を案内してくださった女性の先生が見に行かれたそうです。そして、主人にメールが届きました。

先生、曰く
あの写真展を見て、改めて命の大切さを考えさせられました。本当に有り難うございました。とのこと。

写真にそれぞれ、母親をはじめ家族の方々の思いが綴られていて、本当に大変だったんだな。と。
その中で、特に心に残ったのが、保育器にいる赤ちゃんに対して子守歌を聴かせながら、この手に抱ける日を今か今かと待ちわびたことなどを今更ながら思い出しますとの記事。その時の、母心とは如何なるものであったのか複雑であったろうと思います。不安と期待が常に交錯しながらその時を過ごされていたんだろうなと。
この写真展を見て、文集を読ませていただいて、「生」について改めて考えさせられました。
生徒達にも、この感動と様々な思いを私が感じたままに伝えたいとの思いで、早速、本日、授業中に1年生のクラスで話をされたそうです。

話をするときに、昨日見た写真、そこに添えられた記事、等が頭をめぐり、またまた涙して話をされたそうです。それを聞いていた生徒達も非常に真剣で、中には涙する子もいたようです。
改めて「生」について考えさせることが出来たのではないかと、その先生の話を聞いて感じる次第でした。

これからも、多くの方々に私たちの活動が理解され、指示されるように頑張らなければならないですね。

とにかく、みなさんお疲れ様でした。
【 2009/11/13 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム