Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

H25年徳洲会病院 ほほえみ祭

ご報告が遅くなりました・・・(と言いつつ、日付はほほえみ祭当日に設定)


11月3日 文化の日、今年も福岡徳洲会病院のほほえみ祭に写真展で参加しました。

・・・と言いたいところですが、参加し始めて初めての雨。ということで、展示は病院内NICUと小児科病棟のあるフロアに変更しました。

IMG_0001a.jpg

展示できる枚数は減りましたが、NICUに面会に来られるご家族にしっかりと見ていただくことができ、
また、写真をひとつひとつ見ていたご家族の方とお話ができる場になりました。


さて、外では、雨の中、お祭り実施。
けっこうな人でびっくりです。
朝の準備から手伝ってくれた息子も、何やらゲットして帰ってきました。
IMG_0002a_20131108045030d51.jpg

さて、そんなお天気が悪い中、徳洲会NICU卒業生のRくんがお母さんと遊びに来てくれました。

思い起こせば、Rくんのお母さんとの出会いも、このNICU前の廊下だったんですよね。
あれから3年近くたとうとしています。


元気に走り回っているR君。
この日、一番の親善大使になってくれました。

出産後まだ1か月とか2か月とかいうNICUに面会に来られたお母様たちにいっぱい頭を撫でてもらっていました。
R君の姿に未来を見ることができたのだと思います。
そして、自然にR君のお母さんとお話をされていました。

IMG_1143a.jpg

看護師さんから私たちカンガルーの親子のことを聞いてくださっていて、写真展目がけて来てくださったご夫婦もいらっしゃいました。



待合室で面会の間待っていらっしゃったおばあちゃんと6歳のお兄ちゃんともいろいろお話させていただく場面もありました。
急きょ、ドア越しに兄弟面会できるようになって、いろいろお話してすっかりこのおばちゃんに気を許してくれたようで、「ねぇねぇ、一緒に赤ちゃんを見ようよ!」と言ってくれたお兄ちゃん、ありがとう。
さすがにお母さんとは何もお話ししていないので、ご遠慮させていただきましたが、とっても嬉しそうな姿に、7年前の長男のことを思い出していました。

雨が降って見ていただくことができた方は減りましたが、一番見ていただきたい方に、見ていただきやすい場所になり、かえってよかったみたいです。

そして、面会にいらっしゃったご両親、ご家族の今の不安なお気持ちをお聴きすることもできました。
お友達や上のお子さん関係のママ友さんには、わかってもらえない、なかなか話せない想いがあるとおっしゃっていた方がたくさんいらっしゃいました。
たくさんのカンガルーの親子が待っているので遊びに来てくださいね!


写真は、そのまま14日の母子保健大会まで展示することにもなりました。
きっと写真の子どもたちの笑顔がたくさんのご家族の力と希望になるはずです!


この日、3日は柳川サロンでお世話になっている柳川リハビリテーション学院の翠柳祭でもパネルを展示させていただきました。セラピストを目指す学生さんたちの目にはどう映ったのかな?
もし、学院でご覧になった方、ぜひ、感想をお寄せいただけると嬉しく思います!


関連記事
スポンサーサイト
【 2013/11/03 (Sun) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫kangaroo.oyako
twitter≫@kangaroo_oyako
Instagram》kangaroo.oyako.nicu
LINE@≫@zop2419t

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム