Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

H25年度 第1回傾聴講座

H25年5月1日、太宰府南コミュニティセンターにて、今年度の傾聴講座がスタートしました!!

参加人数は過去最高!?12名の参加。

今年度はタイトルが変わり、「ピア・サポーターのための傾聴講座」。

「ピア」とは、仲間という意味。
親同士も仲間だし、女性同士も仲間だし、同じ問題を抱える者同士も仲間。
そして、どんな人ともつながりたいと思っている方も仲間。
今年度は、受講者の対象を広げてみました☆

すると、Nの現役看護師さん、託児でお世話になってる顔馴染みの方々も参加してくださいました!!
こうして、輪がますます広がっていくこと、本当に嬉しい限りです(*^^*)

さて、第1回目の講座。
講師はカンガルーではすっかりお馴染み、ゆっこさんこと宮崎由紀子先生。

まずは、簡単に自己紹介。
次に、緊張が少しほぐれたところで、「聞く」と「聴く」の違いを頭におき、2人ずつのペアになり、カウンセラーとクライアントを交代で行う6分間の実践。

初めての方は6分が長く感じたようです(*^^*)
でも、ただただ、相手の気持ちに共感して寄り添う…それが出来たら、じゅうぶん素敵なカウンセラー!!

そして最後に、ペアでお母さん役と子ども役になりました。
「お母さん」
「なぁに?」
この言葉を繰り返します。
お母さんは、子どもの問いかけに優しく優しく答えます。

「お母さん」
「なぁに?」
ただそれだけの会話なのに、みんな涙が溢れました。

「私は幼い時、母の後ろ姿しか見てこなかった」
「私は今、子どもに、こんなに優しく寄り添えていない」
いろんな思いが溢れたようです。

でも、100%の母親じゃなくていい。
私、まぁまぁな子育てしてる!
それでいいんだよ、とゆっこさん。
10回に1回でも、「なぁに?」って、目を見て聴いてあげられたら、今回のワークは成功ですね(v^ー°)

来月、お会いした時に、出来ました!!って声が聞けることを楽しみにしています☆

来月は6月5日(水)。
単発受講も大歓迎♪

誰かの話を聴くために、まずは自分をたくさん癒してください(*^^*)
お申し込みお待ちしています☆


byナンリ
関連記事
スポンサーサイト
【 2013/05/02 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム