Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

写真展@第13回子どもフェスティバルちくしの

4月28日 日曜日 筑紫野市のカミーリヤ
すっかり恒例となった子どもフェスティバルに今年も写真展で参加しました。

朝8時、れいこさんがフェスティバル全体のスタッフとして8時に会場入り。他のカンガルースタッフは8時半集合で会場作りから一日がスタートしました。
今年も設営部隊にフェスティバルのボランティアさんをいただきました。6人の高校生と1人の大学生。そして、カンガルーパパ2人の力を借りて設営。

20130428子どもフェスティバル 


10時 オープニング 外の広場では中学校の吹奏楽部による演奏が始まりました。
青空の気持ちの良い一日で、すごい人・人・人。
ふれあい広場では食バザー、こども市、たくさんの遊びのコーナー、館内にも人形劇のブースや遊びのコーナー、小さなお子さんの休憩所など丸一日楽します。
20130428子どもフェスティバル20130428子どもフェスティバル20130428子どもフェスティバル

さて、カンガルーの写真展コーナー。
今年もたくさんの方に見ていただきました。写真パネル以外にDVDで活動の様子のスライドショーと3周年記念で作ったDVDを流しました。
20130428子どもフェスティバル20130428子どもフェスティバル

写真展に初めて参加したスタッフさんのコメント。
目頭を押さえる方や、涙を流す方もいて、まさにタイトルの「命の輝き」を感じてくれているんだなぁーって思ったよ

そうなんです。この写真展のタイトルは「ちいさなちいさな赤ちゃんの写真展 てのひらに伝わる命の輝き」 なんです。じっくりじっくり小さく生まれた子どもたちの命の輝きを通じて命を感じていただけたら嬉しいです。
20130428子どもフェスティバル
 
今年は小さく生まれた赤ちゃんの写真を見ていただくだけではなく、遊びに来ている子供たちにとっても自分が生まれてきたことの素晴らしさ、お母さんのすごさを感じてほしいなと、月数ごとの赤ちゃんの大きさを実感してもらうパネルと10kのお米の袋なんかも置いてみました。
20130428子どもフェスティバル

人形を抱っこしてみたり、お腹の中の赤ちゃんの様子が書かれている本をじっくり読んでいたり。お母さんが自分のお子さんに説明している光景がたくさん見られました。
20130428子どもフェスティバルaP4280802.jpg

お昼の団体アピールでは新人スタッフ親子さん+遊びに来ていたメンバーさんをそのまま連れて登場していただきました。
「500gで生まれたこの子たちの・・・」という言葉に会場からはすごいド・ヨ・メ・キ!!
aP4280797.jpg

アピール隊の大役を務めてくれた新人スタッフさんの感想です。
今回スタッフとして携わって初めてのこどもフェスティバルでしたが、たくさんの幅広い世代の方々に目にしていただけたと思います。
またパソコンで流れている写真がまた良くて涙がうるうるきました
生まれた時の事を思い出したりあの時は、こんなサークルに出会い、お友達も出来るなんて想像もできず、落ち込んでいたときを思い出したり。
だいぶん大きくなり先を明るくみれるようになった今では、同じ悩みをもつお母さんがいたら、何か力になりたいなって思う気持ちが出てきたこの頃です。
お祭りなどでこのようなアピールが出来ることは良いことだなと思います(軽はずみにアピール隊を引き受けた私ですが、もっとうまくアピール出来るように考えておくべきだったと反省)
今日はこどもたちも楽しめました。


最後に会場に遊びに来てくれたNっ子ちゃんたちのスナップショットです! 
みんな元気な姿をありがとう(^^)
aP4280770.jpg20130428子どもフェスティバル20130428子どもフェスティバルaP4280799.jpgaP4280801.jpgaP4280803.jpg20130428子どもフェスティバル


遊びに来てくれたカンガルーメンバーも加わり、後片付けはあっという間!
兄弟児さんたちも片づけに、パネル案内にと、いっぱいお手伝いしてくれました。
みなさん、ご苦労様でした。

by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2013/04/29 (Mon) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム