Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

2月度遊びの広場①でした

2月6日 水曜日
傾聴講座のあと、午後からは遊びの広場。

傾聴講座受講生の方も一緒に、広場でお昼ご飯を食べながらゆっくりおしゃべりタイム。
その後、お子さん連れの方は残り、また午後から遊びに来てくれたお友達も合流しての遊びの広場です。

今回は、近隣の短大、大学の保育や福祉を学ぶ学生さんが5名、ボランティアに来てくれました!!!!

いつも遊びの広場のお手伝いにきてくださっている短大2年生は、今日は午前の託児も初挑戦。
そして、今回、初めてカンガルーの親子のボランティアに来てくれた1年生はドキドキ顔。

なんだかと~っても初々しかったです(^-^ ) ニコッ

まずは支援センターの保育の先生と一緒に、みんなで親子ふれあい遊びや絵本の読み聞かせ、体操など。
子供たち、あっちのお兄さんの膝、こっちのお姉さん膝ととっかえひっかえ座って楽しんでました。

2月ということで「鬼のぱんつ」を一緒に踊りました。・・・でも、先生ったら、違うCDを持ってきてしまったようで、めちゃくちゃ音楽が早い。超アップテンポの「鬼のぱんつ」でみんな(お母さんの?!)息があがっちゃいました。

P1070202.jpg

コレ、支援センターの先生が持ってきてくださったアートバルーンの青鬼さん。
僕がかぶってやる!とKくん、鬼のぱんつ、大ハッスルで踊ってます。

・・・このあと、遊びの広場出入り禁止になりそうな"((;°°)、とても写真には残せない状況が繰り広げられ(汗)
何が起こったかは、ここにいた人だけの秘密ということでね。

先生が帰ったあとは思い思い、好きなことをして遊びました。

P1070201_20130209070757.jpgP1070200_20130209070756.jpgP1070199_20130209070754.jpgP1070198_20130209070752.jpgP1070197_20130209070749.jpg

ドキドキしながら初めて赤ちゃんを抱っこした学生さん。
ダイナミックに遊んでくれる学生さん。
そっと見守りながら遊んでくれる学生さん。

学生さんたちがしっかりと子供たちについてくださったので、お母さんたちは、いつも以上にゆっくりとお母さん同士のおしゃべりができましたよ。

本当にありがとうございました。

次の遊びの広場は、2月21日(木)の定例会のあと、午後1時~3時半です。

定例会から参加の方も、午後の遊びの広場から参加の方も、み~んな待ってるよ!!!

カンガルーのメンバーでなくても大丈夫です。NICU時代のお友達、療育先のお友達もどうぞお気軽に足を運んでくださいね。

by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2013/02/07 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム