Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

2月度の傾聴講座でした

2月6日水曜日 太宰府市いきいき情報センターでピア傾聴講座を行いました。
1月はお正月休みだったので、今年最初の講座です。


今月はいつも受講しているメンバーがいろいろな用事が重なり欠席。だから、今月は少ない人数での講座になるかな~って、事前の打ち合わせでは言ってましたがとんでもない。

お久しぶりさん、初めましてさんがたくさんで「初対面ですね」という組み合わせがたくさんのとっても新鮮な講座になりました。

今月の講師はゆっこさん。
ゆっこさんの講座は、今年度最後ということもあり「傾聴とは何か」ということを改めて確認する内容でした。初めての方にとってもわかりやすかったのでは?


一家に一台ではないけど、一家にひとり傾聴ができる人がいると家庭はとっても幸せ

家庭だけでなく、
サークルや仲間のなかにひとり傾聴ができる人がいる
会社や同僚の中にひとり傾聴ができる人がいる
それだけで、ずいぶん違うよね


というようなお話もゆっこさんからありました。


じっくりと自分の話を、さえぎられることなく、じっと耳を傾けて聞いてもらう。
そんな経験、今までしたことがなかった

受講生のみなさん、そうおしゃってました。

だからこそ、二人一組での傾聴のセッションはとっても新鮮だったようです。

傾聴してもらったことで、みなさん、自分の中にどんな変化を感じたのかな。

そして、ひとりずつ、全員から褒め言葉をもらう。
と~ってもくすぐったくて、嬉しい経験だったと思います。


傾聴してもらうことで迷っていた自分の心の整理ができたり、気づくことがあったり、解決策を自分で発見できたりする。そして、元気になり、笑顔になる。

今度は次にカンガルーの親子にやってくるお母さんたちのお話を聴く役になって、そのお母さんが笑顔になるお手伝いをしてもらえたら嬉しいなと思います。


それがカンガルーの親子をスタートさせるときに柱にしていきたいと想い、ずっと大切にしてきた「ピアカウンセリング」なのです(^^)。

この傾聴の姿勢は、子育て、夫婦関係、家族関係、友人関係などにもどんどんプラスに作用していくんですから素敵です。先の「一家に一台」に、まず「自分がなる!」ですよね。


ゆっこさんには、来年度の年間講座も講師をお願いしています。


来月の講座(いよいよ今年度最後です!)は
講師に 吉田先生 をお迎えして開催します。


日時:3月6日(水)10時~12時
場所:太宰府市いきいき情報センター
受講料:500円(託児別途500円)

受講のお申し込みは前日まででもOKですが、託児は2月26日までにお申し込みくださいね。

by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2013/02/07 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(2)
感想です。
初めて参加させていただきました。

とても緊張しましたが、自分の話を静かに聞いて貰う事で、気持ちを整理していく事が出来ました。

ありがとうございました。
【 2013/02/10 】 [ 編集 ]
お疲れ様でした
傾聴講座の感想・・・ですが、

自分の考え、思いをただただ寄り添って聴いてもらうことが
こんなにこころ穏やかになり、気持ちが整理されることを改めて実感しました。
私も聴く立場になった時には、こんな風に思ってもらいたいな・・・と
強く思いました。 

ありがとうございました^^
【 2013/02/09 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム