Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

メイトム春まつり

3月10・11日メイトム春まつりが開催されました。

<1日目>


お昼からの準備
こどもたちは、おのずと仲良くなりお絵かきや塗り絵やブロックなどであそんでいるあいだに

準備が終わりました。

15時からの車座ミーティング
各団体の活動紹介
コミュニティー同士の協力によりトンネルの落書きを消し、新たに教育大の美術部監修の元
近隣の小学生や中学生や高校生や市民が一段となり、新しい息吹を吹き込んだトンネル今は
物語を描いた描かれています。

次に、宗像の沖ノ島が世界遺産の登録を目指している。
市民を集めてのミュージカル映像などの説明

最後にプレーパークがやっている活動紹介
第4土曜日にメイトム宗像の広場で、家ではなかなか出来ない火を使いながらの遊びなど
最後には子どもたちが料理を作ったり、依頼があれば何処でも来て下さるという話がありました。


夕方からは、東北沖の地震から一年がたつので燈籠で亡くなった方々への追悼の意を込めて点火式をしました。

一人一人が、思いを込めながら点火していき消えている所をまたつけていく。

18時ごろになるとあたりも暗くなり神秘的な光の道筋ができていました。

竹を切り抜き文字が浮き出るSTOP飲酒運転や東日本へパワーを がんばれ岩手・福島・宮城のメッセージが印象的でした。

画像-0029画像-0049画像-0051



<2日目>

当日は、風さえなければ暖かい状態でした。

はじめは、寒さの影響もあって去年よりひとの動きは少なかった気がしますが
午後からは多くの方が見に来て下さりました。

子どもたちは,
かえるっこ(お手伝いなどをしてポイントを貯めておもちゃと交換できる所)で

お昼を食べるのも忘れて夢中になって遊んでいました。

P1050243.jpgP1050245.jpgP1050247.jpg



久しぶりに子供に宛てたメッセージを読むと当時を思い出し、ココまで成長してきて頑張ってきたことなど
思いだし涙が自然と溢れ出してきました。

最後に、抽選会があり何とビックリ!!

応募していたNっ子メンバー全員何だかの景品が当たりました。

他の団体さんから(すごいね!いつも頑張っているからご褒美だよ)と言われて
虹っ子を初めてこのイベントに参加できて良かったと思いました。



次回虹っ子は

3月20日   10:00~12:00

メイトム宗像   和室

祝祭日ではありますが、開催します。

皆さん良かったら参加しませんか?

もちろん、読み聞かせや親子遊びもあります。




byりくママ

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム