Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

ゆりこちゃん記念プール

ゆりこちゃんのご両親から、室内でボールプールとして使用するプールを寄贈していただきました。
メッセージを頂いていますので、ご紹介いたします。


mj-86003514-r1_20110403052140.jpg

「カンガルーの親子の皆さんへ

ゆりこが天国に旅立って、もう3ヶ月がたとうとしています。

肺と心臓が悪くて、家か病院かどちらかの人生でしたが、1歳8ヶ月明るく笑って生き抜きました!

そんなゆりこ家族を、情報やお下がりや、何より心で支えてくださったのが、カンガルーの親子の存在です。
(ゆりこが)会に参加できたのは、たったの2回ですが、お下がりを着るたびに、ML(メーリングリスト)が来るたびに、頑張ろうって思えました。

陽気なゆりこだったので、きっとみんなと遊んだら楽しかっただろうと思います。というわけで、ゆりこの代わりに、ボール用のプールを寄贈したいと思います。ゆりこプールを遊びの仲間に入れてやってください!

今までありがとうございました。これからもずっと応援してます。

ゆりこ家族より」



年末年始、病院で過ごしていたゆりこちゃんが亡くなったのは、今年1月9日朝、突然の出来事でした。
本当に突然の知らせでした。だって、その前の日、お見舞いに行って会ってきたばかりだったのですから・・・。

お通夜、葬儀にはたくさんのカンガルーの親子の仲間たちが駆けつけてくれました。

カンガルーの親子には、流産、死産、またNICUでお子さんを亡くし小さな我が子を見送った経験を持つご家族も数組いらっしゃいます。

そんなお母さんたちが、葬儀にかけつけて、そっと寄り添ってくれていました。

ゆりこちゃんのご両親は、出産して間もなくカンガルーの親子の仲間になりました。そして、数カ月後にNICUを卒業。それからしばらくして、親子でまた遊びに来てくれるようになりました。


ゆりこちゃんのお母さんは、これかもずっとカンガルーの親子の仲間でいます、と言ってくださっています。

子供たちが大好きなボールプール。大切に使わせていただきます。

本当にありがとうございました。

by 万
関連記事
スポンサーサイト
【 2011/04/03 (Sun) 】 お知らせ | TB(0) | CM(1)
ありがとうございます!!
ゆりこ家族さんへ

カンガルーの子供達のいっぱいの笑顔を、ゆりちゃんが包んでくれてる!!ほんとありがとうございます!!
大切に大切に使わせていただきますe-328
【 2011/04/05 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム