Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

写真展in飯塚病院

12月2日~12月17日の2週間

飯塚病院で写真展を開催しました


飯塚病院1

メインはNICU横の壁面です。


飯塚病院6 飯塚病院7 飯塚病院5 飯塚病院4

小児科の外来からNICUに続く廊下の壁面に展示していきました。



今回の写真展、

小さい赤ちゃんを出産し悩んでいるママたちに向けて、

という意味ももちろんあるのですが

日々激務の小児科の先生方に感謝の気持ちを込めて…

という意味も含めて開催しました。


飯塚病院2

ということで、先生への感謝の気持ちをメッセージカードに込めて一緒に展示しました


私たちスタッフは設置と回収のときしか現地に行っていないので

みなさんの反応を直に目にすることはなかったのですが

企画してくださった小児科のスタッフの方によると

多くの方が足を止めて見てくださってたようです。




最後にアンケートから抜粋してご紹介します。


 生命は尊いものと思いました。この世に生まれてはいけない命なんてないと感じ、最近虐待で亡くなる子どもの話が嘘だったらどんなにいいか…。
                                           
 想像以上に小さな赤ちゃん…そしてこんなにも力強く大きく育つんだ!と感じることができました。所々にお母さんのコメントがあり、触れたくても壊れそうで触れられない切なさやもどかしさが伝わり、胸が熱くなりました。                                    

頑張って生きている姿に感動でした。身近に未熟児で生まれた子はいなかったので、この写真をみてご両親、病 院の方々、大変だろうなと思います。これからも頑張ってください。写真を拝見できてよかったです。わが子が より一層いとおしく思えます。
                                           
 私の子どもも以前NICUでお世話になっていました。その子は現在小学3年生になり、毎日元気に学校に行っています。小さく生まれた事で私自身を攻めていた日々が懐かしいです。みなさんもまだまだ大変でしょうが、きっと笑顔が待っていると思います。焦らずにいきましょう。みなさんから改めて勇気をいただきました。ありがとうございます。



さて、次は12月23日(祝)~26日(日)まで北九州で写真展

北九州市立子育てふれあい交流プラザ


クリスマス期間なのでほかのイベントも盛りだくさん


さらに12月23日(祝)には

おとなりの西日本総合展示場で開催される「すくすく子育ちフェスタ」にも

カンガルーのブースがでます。

みなさん、遊びにきてくださ~い



by コキ*
関連記事
スポンサーサイト
【 2010/12/22 (Wed) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム