Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

朝日新聞「子どもへの暴力防止プロジェクト」助成贈呈式

11月9日 火曜日

日帰りで大阪に行ってきました!

朝日新聞厚生文化事業団の「子どもへの暴力防止プロジェクト助成」が決まり、その贈呈式でした

カメラを持参しましたが、なんだか写真を撮れる雰囲気ではなく・・・。


今回142団体の応募があり21団体に助成が決定したのだそうです。11月9日の朝日新聞にはそのうちの2団体の紹介記事が出ています。

乳幼児から青年期まで様々な虐待防止プロジェクトがあります。

カンガルーの親子が発足して3年。
全国からの応募の中からの決定は、これからの活動に対しての期待値であり、これまでの活動を評価していただいからだと嬉しく思います。


さて、何故、この助成に応募したかというと、ハイリスク児である1500グラム未満で生まれた子供たちは虐待のリスクが高いという報告があります。行政、医療の現場でのフォローアップの中にも必ずと言ってもいいほど、産後うつと同時に低出生体重児の虐待予防の項目があります。

1%以下の絶対的少数派。その育児の不安要素は大きく、孤立しやすいですよね。

さてさて、贈呈式。
テーブルに配られたドリンクは、大阪名物「ミックスジュース」!
…って新聞社の方がおっしゃったんですよ。
これで緊張もすこしほぐれ会場は和やかに。さすが大阪です。


緊張していた理由は、問題は各団体のプレゼン。短い時間に助成事業の説明をしなければなりません。

みなさん、流暢~。弁護士さんやら児童相談所の元職員さんやら、団体さんの歴史が長かったりでみなさんお話が慣れています。



視覚に訴えたいと思い、あちこちで講演の際に使ったパワーポイントの画面を印刷して持って行きました。

産まれた時の写真、手の平の中に収まる赤ちゃんの写真はかなり衝撃的だったようです。名刺交換の際、いろいろな感想をいただきました。中には、孫が800gで産まれたんですよという方も。


ともあれ無事に終了!

大阪駅まで助産師さんや双子の会の方たちと歩きながらお話しました。
福岡のちょっと面白そうな団体さんとも盛り上がった話があったりしますよ。

ということで、来年度の基本活動の資金はこれでひとまず安心です。
ありがとうございました。大切に使わせていただきます。

そして、カンガルーの親子のみんな、これからもよろしくね。

BY 万
関連記事
スポンサーサイト
【 2010/11/10 (Wed) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(2)
No title
みんなで今まで頑張ってきた甲斐がありましたね。これからも大変なこといっぱい出てくるだろうけど、みんなの「笑顔の連鎖」のために頑張っていきましょう!
これからもよろしくです。
【 2010/11/11 】 [ 編集 ]
No title
万さん、ほんとおつかれさまでした&ありがとう!!
ただでさえ、ハードスケジュールなのに、大阪日帰りは
きつかったでしょう・・・
でも、活動の評価ほんと嬉しいですねv-10来年度もさらに飛躍できる年になるよう皆で一緒にがんばっていきましょうv-91
【 2010/11/10 】 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム