FC2ブログ

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

いきいき情報センターでの写真展

7月1日は、カンガルー広場の会場として毎月、使わせていただいている太宰府市いきいき情報センター開館20周年祭に写真展で参加させていただきました。









スタッフも入れ替わり立ち替わりで会場にて写真を見てくださった方といろんなお話しをさせていただきました。

小学校に上がったり、お仕事を始めたりして、なかなかカンガルーの集まりに来れなくなったお友だちも遊びに来てくれ、嬉しい限りでした。



さて、スタッフの感想をどうぞ!





初めてのイベントでしたが、年齢層も幅広く多くの方にみていただけ、声をかけさせてもらったりして話もゆっくり出来て良かったです❗
実際、娘が見てくださっている方に、「これ、私です」と始めは恥ずかしそうにいっていたのですが、徐々に自分から声をかける姿をみて、生まれたばかりの頃からは考えられない風景を感動してました。こうやって、写真展として、みんなの成長が披露出来ること、それぞれの家族のドラマと一緒に私も成長出来ていること、そして多くの方が目を通してくれて、温かい言葉をかけてくださる事、全ての出会いに感謝し、やや反抗期になりつつ心音だけど、娘にも心から感謝できた時間でした☺





普段、定例会でお借りしている会場で、他のサークルさんの活動を見せて頂いたり、娘とエコバッグに筆文字アートでオリジナルバックを作る体験をしたり、小郡の有名な珈琲屋さんの珈琲でひとやすみしたり、あっと言うまの一日でした。

写真展では、何気にフラっと立ち寄られたご婦人が実は看護婦さんだったということで、食い入るように1枚1枚をご覧になられたり、ステージイベントの合間に三たび足を運んでくださったり、お友達を連れてきて、一緒に見てくださったり…と、とても有り難く感じました。
娘も【この写真は、私の赤ちゃんの頃です…】と自ら案内していたことに、母としても驚きました(笑)
あの頃のことは、本人は覚えてないと言いますが、あの写真を見ると、もしかしたら潜在能力?が蘇り、もしくは思い出したりして、本人は、ちょっと恥ずかしいという意識もあるのかもしれません。でも、堂々とパネルをご覧になった方にアピールしていたことに、娘の成長を感じました。





色んな催しがあっている中で、「NICUで頑張った赤ちゃん」という言葉にひかれ、写真展を目的に来てくださった方もいました。
週数や体重に、びっくりされていましたが!(*≧∀≦*)

そして、Nっ子ちゃんが「これは私です」と宣伝部長になってくれていたのが、可愛くて、可愛くて。とても成長を感じました。




お友だちのステージを見に来られている方が、ステージのあとにまたお部屋に戻って来て、じっくりとパネルをご覧になる、という方が何組もいらっしゃいました。

つい先日、関東にいるお孫さんが小さく小さく生まれたばかりの双子ちゃんでNICUに入院中という方も。

行きたくてもどうしてあげることもできずにいる、とお話ししてくださいました。
同じように双子ちゃんのパネルを、そして、元気に会場を案内してくれているNっ子ちゃんたちのことをずっと見つめていらっしゃいました。


たくさんの出会い、ありがとうございました。

by万



関連記事
スポンサーサイト
【 2018/07/09 (Mon) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫kangaroo.oyako
twitter≫@kangaroo_oyako
Instagram》kangaroo.oyako.nicu
LINE@≫@zop2419t

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム