FC2ブログ

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

3月のカンガルーサロン

3月12日、今年度最後の飯塚サロンでした。
参加者は4家族、スタッフ4名。
4月からお仕事に復帰なさる方に、「ここに足を運ぶことで、どう変わった?」という問いかけから、話題は「出会い」に。
我が子との出会い、カンガルーの仲間との出会い、、
どこかで何かが少しでも違えば、このご縁はなかったね、と。色んなことが思い返されたかもしれません。

ここは否定されない、すべて受け入れてもらえる。心地良い。
そう言っていただいたのが、何より嬉しかったです。
「傾聴」をベースにしたこの場所は、決して指示・指導はしません。
お互いを認め合う場所です(*^^*)
まる3年がたち、そんな場所作りが出来ていること、嬉しく思います。


サロンのあとは今年度の振り返りのために、意見交換会を開催しました。

飯塚病院NICUの医師・看護師さん、AI-CAP(虐待防止委員会)事務局のスタッフさん、病棟保育士さん、Nっ子スタッフ、合計13名が参加しました。

おもにH29年9月よりGCU内で始まった、Nっ子のパネル展示について、それぞれの立場から意見交換しました。
NICUの現場で感じているスタッフさんの想いや不安感、保育器のありのままの子ども達の姿とその後の笑顔いっぱいの子ども達の姿を伝えたいという私たちの想い。
同じテーブルを囲んで伝え合う60分。
顔が分かって、想いを伝え合える関係の大切さを改めて感じました。


今年度もたくさんの方のご協力のもと、開催することが出来ました。
本当にありがとうございました!(*^^*)!


飯塚サロン、写真パネル展示、ピア傾聴を軸として丁寧にNっ子ご家族に寄り添っていく活動を来年度も続けていきたいと思います。

byミキティ&れいこ
関連記事
スポンサーサイト
【 2018/03/19 (Mon) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫kangaroo.oyako
twitter≫@kangaroo_oyako
Instagram》kangaroo.oyako.nicu
LINE@≫@zop2419t

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム