Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
011234567891011121314151617181920212223242526272803

Yちゃんの絵が展示されます!!

昨年な引き続き、今年もカンガルーの親子のお友だち、全国区で絵画の賞を取っちゃいましたよー!!


「第36回 肢体不自由児・者の美術展」特賞



電動車椅子で地域の小学校に通っているYちゃん、おめでとう!!!

来月、福岡でも美術展が開かれます。Yちゃんはじめ、受賞作品の数々を見ることができますよ!!



[日にち] 3月5日(月)~11日(日)
[場 所]
☆福岡市役所 1階市民ロビー 多目的スペース
☆アクロス福岡 コミュニケーションエリア

Yちゃんの絵は福岡市役所のほうで展示されます!


それでは、Yちゃんのママからのコメントをどうぞ^_^





両手両足体幹が不自由なうちの子。
画用紙の左隅に左手を持ってくるだけで精一杯の時代が長く、ずっと何も描けませんでした。3歳では、円も線も全くダメ。4歳で1本線が描けてる程度で、色を試しておしまい。円が円になったのはいつだったか。絵は小学生になってから描くようになりました。とても遅いです。
絵を 習い始めたきっかけは、リハビリの先生のおすすめです。
小2の冬、映画「インサイドヘッド」を見た後、サンフランシスコの絵を描いたんです。先生に見せたら、「おかーさん、絵画教室を探して、行かせなさい」と言われたのでした。
本人も希望したので行かせることにしましたが、おすすめされなければ習い事なんて考えてもみなかったと思います。道具を出したり、画用紙を押さえたり、言われた色をパレットに出したり、筆を渡したり洗ったりというアシスタントは母がせざるを得ないですから。
絵画教室で描いた絵を出してみたところ、受賞のお知らせが来てびっくり。

2017年12月14日、東京芸術劇場での授賞式に出席しました。全国から特賞受賞者が集まりました。
生まれた時、この子が東京に連れて行ってくれるなんて思いもしなかったな。何が起こるか本当にわからない。
ご臨席予定だった常陸宮ご夫妻は残念ながら欠席されてました。あと、芸能人が毎年絵ハガキ原画を提供されるのですが、今年のゲストはコロッケさんでした。

初めての飛行機の旅。
車いすは想定外が起きることが多いので、行き当たりばったりというわけにはいきません。事前のバリア調査は不可欠です。
右往左往すれば、介助者も消耗します。
まして、うちのは45キロ+本人体重という電動車椅子。リムジンバスに乗れないサイズだし、スロープ福祉タクシーはそれなりに高いので公共交通機関利用。
今まで遠出を躊躇していたのですが、この際だからと、駅構内のエレベータの利用のしやすさから乗換経路を考えたり、実体験まで、いい機会をいただきました。
事前にいろいろ教えてもらっていたおかげで、ディズニーも効率よく初体験させることができました。
娘曰く「ディズニーから帰りたくないなぁ」
クリスマスムードの可愛い世界、キャラにもたくさん会えたし。
身体的理由でNGなアトラクションが多い中、少ないながらも、自ら風を切った思い出は強く残っているみたいです。
車椅子ごと乗れて楽しめるなんて、他に無いからね。また行けるといいな。




by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2018/02/11 (Sun) 】 仲間たちからのお便 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫kangaroo.oyako
twitter≫@kangaroo_oyako
Instagram》kangaroo.oyako.nicu
LINE@≫@zop2419t

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム