FC2ブログ

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

柳川での出張おしゃべりサロン

12月2日 土曜日
今年最後の出張おしゃべりサロンは柳川。
柳川の水の郷にて開催しました。



嬉しいことに11月の久留米市南部保健センターでのリトルにこにこ教室でお会いした方が、お子さん、旦那さんと一緒に来てくださいました。

今回も柳川リハビリテーション学院 言語聴覚学科の一年生のみなさんがお手伝いに来てくださいました。

半分は子どもたちと遊び、半分が親の輪の中に入りお話を聞きます。



7人のママと2人のパパ。涙しながらのお話にみんなでウンウン、そうそう。そんな時もあったよね。

きっとこの悩みは1人じゃない。誰かに話せば共感してもらえるし、先輩たちがどうやって乗り越えてきたかっていう知恵がもらえる。自分のこれまでの頑張り屋も認めてもらえる。

そして、たくましく成長していく先輩Nっ子たちの姿に、我が子の未来を重ねたかな?

力になったかな。

親が思っているより子どもってたくましかったりしますよね。

最後に我が子自慢大会!!

「笑顔が可愛い」って方が多かったように思います。

親子タイムもありがとうございます。
今年のカエルさんは先生ではなく学生さん!!

代表してわかばのRくんからお礼の贈呈。







定型発達の子にはない接し方の難しさを感じている様子の学生さんもいたようですが、夏のおしゃべりサロンでの子どもたちの様子を覚えていてくれて、約半年の違い・成長を感じ、そのことを伝えてくれた学生さんもいました。嬉しいですね。


先生、学生のみなさん、いつもありがとうございます。

県南では、この柳川サロンから誕生した「わかば-絆-」のメンバー主催の定期の集まりが定着してきたようです。参加ご希望の方はお知らせください。担当者におつなぎいたします。

サロン終了後も、わかばのメンバー中心にみんなでワイワイ、ガヤガヤ。初めて来てくださった方を囲み、連絡先を交換していたようです。お世話になったNICUが同じだったり、子どもたちが同級生になるのがわかったり。もうそれだけでも嬉しくて、力になりますね。





by万
関連記事
スポンサーサイト
【 2017/12/06 (Wed) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫kangaroo.oyako
twitter≫@kangaroo_oyako
Instagram》kangaroo.oyako.nicu
LINE@≫@zop2419t

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム