Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

カンガルーサロンin飯塚病院

H29年7月11日(火)10-12時
【参加者】
Nっ子家族 6組(こども2名)
飯塚病院スタッフ 4名
学生 3名 先生1名
 
カンガルーサロン飯塚病院のご報告、
遅くなりました。
 
7月に入ってからの大雨の被害が大きくて
少し落ち着かない気持ちのままでしたが、
実習中の学生さんも参加され
みなさんの色々な気持ち、
毎日の頑張りを聴きあえたサロンになりました。
 
 
New & Good から始めましたが
やはり、大雨の影響に関する話題が多く、
気持ちがざわついている空気が伝わってきました。
 
 
そこで、
今回は、心に中に感じている不安、心配、恐れ…など
普段はぐっと我慢しなくちゃ!と思っていることを
吐き出してもらうことにしました。
 
このサロンの大切なルールの1つは
「持ち出さない」
安心して吐き出せる場所であることの確認の意味も込めて。
 
 
皆さんの話の中で気づいたことは
不安や恐れに、大きい小さいはないってこと。
「〇〇地域は被害が大きいから、私の不安は大したことないので、弱音を吐いてはいけない」
「現地に行って助けることのできない、何のお手伝いもできない私は、ちっぽけな存在」
等々。
誰かと、何かと、比較することは、全く必要なくて
 
「あなたはそこにいてくれるだけで、とっても大切な存在です」と、
 
心から伝えたい気持ちでいっぱいになりました。
 
 
Nっ子家族だけではなく
立場や職業もこえて、色々な方が寄り添う仲間になれる
そんなサロンをこれからも続けていきたいと思う時間となりました。
 
以下、参加の皆さんの感想です。
 
 
 ☆傾聴と言うスタイルをとることで、聴いてもらえるという安心感を感じます。
  そのうえ、絶対に否定されないという、もう一つの安心感。
  まだ、二回しか参加できていませんが、会が終わった後は、なぜかスッキリした気持ちになっています。
  話を聴くことで、聴いてもらうことで、そして相手を認めること……これって大事なことなんだなって改めて感じました。
  我が家の子育てにももっと活用していかなくては!と思いました(笑)
 
 
 ☆私は、いつも、参加させてもらってますが、遠くからはるばると来られている方が3歳の息子さんを連れてきてくれました。
  このカンガルーサロンは、小さく生まれただけではなく、いろんな障がいがある子のお母さん達にも、広がってるなあと感じました。
  今日のお母さんの話を聴いていたら、何か私にもできることはないかなあと思って、さっそく家に帰って調べてる自分がいましたよ。
  もっと、もっと、輪を広げていけたら良いなあと思った傾聴でした。
 
 
次回は9月12日(火)です。
(iwaiwa)
関連記事
スポンサーサイト
【 2017/07/25 (Tue) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム