Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

ゆっくり休んでね、Kちゃん

真夜中にメッセージが一つ届きました
Kちゃんのお母さんからでした。
そして、夜が明け、大牟田での葬儀に参列してきました。
来年、小学校入学の女の子。その棺はとても小さくて‥。
23週で生まれ、入退院を繰り返しながらも、たくさんの病気、手術を乗り越えてきたがんばり屋さんです。在宅医療ケアが必要なお子さんでした。
今までも何度か大変な局面を乗り越えてきたお友達でしたが‥それでも突然の報らせでした。
小さな時から、体調が良い時は、遊びの広場やクリスマス会、人形劇、柳川でのおしゃべりサロンなど、遊びに来てくれ一緒の時間を過ごしました。
特に去年の人形劇の日のお顔は忘れられません。
イケメンのお兄ちゃんに抱っこされた時の明らかに態度が変わるその乙女な表情。お母さんは今年も一緒に行こうと思っていたそうです。
夏の柳川でのサロンがカンガルー参加の最後になりましたね。
ここでもたくさんの学生さんに遊んでもらって楽しそうでした。お母さんのKちゃんと旅行に行ったお話しが印象に残っています。
秋に作り直し作業をした写真展用のパネルに、新しく追加で作ったKちゃんのパネルがあります。完成したものをまだご覧になっていなかったので、見て欲しくて斎場まで持って行きました。
ご家族からの申し出をいただき、祭壇に飾らせていただきましました。
出棺のときには、クリスマスカードにメッセージを添えて、棺に入れさせていただきました。
小さい時からKちゃんを見ていますが、真っ白なお人形のようなお顔で、本当に眠っているような安らかなお顔でした。その表情になんだかほっと安心しました。
お空にも、カンガルーのNっ子先輩たちが何人もいて、遊んでくれるから大丈夫。
ゆっくり休んでくださいね。
by万
スポンサーサイト
【 2015/12/26 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

12月、今年最後の定例会

12月17日 木曜日
太宰府いきいき情報センターで、今年最後の定例会を行いました。
この日はとーっても寒い朝。初雪。
体調を崩してしまったと託児キャンセルが続きました。初めて参加予定だった方も体調を崩されお休み。次回、お会いできることを楽しみにしています。

事故渋滞があったらしいのですが、負けずにやって来てくれた親子さん、久しぶりに来てくれたお母さんもいました。

今月は茶話会。温かい飲みながらワイワイ、ガヤガヤ。
全く予定してなかった話題。開始前から話していた話題でそのまま1時間半、盛り上がりました。
なんの話かって?
かたーく言えば、どうやったら会を存続し続けることができるか。
賑やかに、楽しく妄想を膨らませ、盛り上がりました。
終了後は託児の子どもたちも一緒にお昼ご飯を食べながら、またゆったりといろんなお話しをしました。
さてさて、来年はどんな年になるかなー(^///^)
by万
【 2015/12/24 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

12月のユクリ

今月は12月10日(木)に「リノの森」で開催しました。

今回は、絵本を参加者の皆さんに持って頂きました。

なんとNっ子カンガルーの方が3名遠方なのに来てくださいました(o^-^o)
それに隣の市でダウン症の会をされている方、手作り作家さん。とても賑やかな時間を過ごすことができました。

実はこの企画はNっ子カンガルーのIさんが一緒に考えて下さって開催したんです。私も絵本に関心があったのでとても嬉しい企画でした。
絵本の選び方は人それぞれ。1冊の方もいれば、4冊と欲張りな方(実は私です(^-^;))選んだ絵本への思いも一人ひとり違います。他の方がどんな絵本を見ているのかも、とても興味深かいものでした。また自主製作した絵本を回し読みしたりと楽しい時間はあっという間に過ぎました。
今後、絵本を通してお母さんやこどもたちとの交流も素敵だなと思っています。
また絵本(絵本以外でもいいですね)に関連した企画を開催したいと考えています。
お楽しみに(*^-^)
来月は、いよいよ新しい年の始まりですね。
1月15日(金) に次回の活動を予定しています。
いつもと開催曜日が違いますので、お気を付け下さい。
byちよ
【 2015/12/20 (Sun) 】 ゆくり(行橋ブロック) | TB(0) | CM(0)

人形劇 観劇会のご案内

「今年もやりましょう!」とご招待いただきましよ!
毎年恒例の年明けのお楽しみイベントですよ~。

一緒に人形劇を楽しみませんか?
□日時:2016年1月16日(土) 10:00受付スタート
□場所:福岡こども短大 306号教室(劇あそび研究会)
□参加費:300円(1家族)
 
運営費としてご協力ください

アクセスはこちらをご確認ください。

会の前後は自由に校内にあるイングリッシュガーデンも散策できます。

IMG_2366a.jpgIMG_2389a.jpg
↑去年の様子です。

寝転んで見ても、歩き回って見てもOK。
もちろん車いすやバギーに乗ったままでもOK。
Nっ子ちゃんが入院中や在宅でがんばっていてなかなかお出かけできないきょうだい児さんと一緒に参加するのもOKです。
短大のおにいさん、おねえさんの劇を見たり、一緒に遊んだり、お弁当(忘れずにご持参くださいね)を食べたりして楽しい一日を過ごしましょう!
たくさんのお友達やご家族との出会い・つながりをココで見つけてくださいね。
もちろんカンガルーの親子登録していなくても参加OKです!!


!cid_E947AF9A-3796-4FC0-A999-FB73F7761689.jpg


お願いなど

*当日は、お弁当やお茶など昼食をご持参ください。(校内でが購入できません)
*教室への車いす、座位保持目的のベビーカーの持込みOKです。
*教室への移動は階段のみです。エレベーターがないのでみんなで荷物を上げます!!
*午前のみ、午後のみの参加でもOKです。
*お子様の安全確保と学生さんによる荷物運搬のお手伝いをお願いするため、参加ご希望の方は事前にメールにてお知らせください

今日の定例会のお部屋

おはようございます
今日の定例会のお部屋番号、間違って告知していました
太宰府いきいき情報センター 10時半~12時
大人→201号室
託児→207号室
207号室は定例会後、14時まで開放します。
さむいですので、気をつけてお越しください。
【 2015/12/17 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

12月のカンガルーサロン徳洲会病院

12月8日 (火)
今年度から始まった徳洲会病院でのカンガルーサロンも、回を重ねること今日で3回目の開催となりました。


今回は、3組のご家族が遊びに来てくれました。

徳洲会の看護師さんもお仕事の合間や、お休みなのにわざわざ来てくださり、たくさんNっ子ちゃんに接してくださいました。

また、今まさに現場で学ぶ看護学生さんも、顔を出してくださいました。
看護学生さんの参考になるなら…と、いつの間にか、スタッフMさんと熱く話し込む姿も見受けられ、一生懸命にメモを取る姿も。
以下は、スタッフMさんからの報告です。
●看護学生さんは、会の主旨をご存じなかったようなので、まず「同じような立場の人たちが話を聞き合う場」であることをお伝えしました。

ただでさえ情緒不安定になりがちな出産時に、早産等でNICUに関わらざるを得ないママたちが、どんなに不安か。急に命に向き合うことになるから、病状がシビアな人ほどナーバスになることもあります。

退院後の自宅での生活も恐る恐るだし、基礎疾患があったり、急変で病院に戻ってしまうこともよくある話。

日々、生きてるか、体重が増えるか、うまく育っていくか、ずっとずっと不安は続きます。

パパは、案外、細かくは知らないもので、

日頃、子どもに長いこと接しているからこそ気づく違和感や問題点もあります。友人や親ですら、早産児についてはなかなか分かってもらえず、深刻な相談もそんなにできるものでもなく…。

いざ、どこかに相談しようとしても、医師は、治る病気や命を救うことは専門だけれど、生き残った命をどう育てていけばいいか、じっくり教えてくれるわけではないという現実。

ゆっくり我が子の成長を見守るのも正直しんどいけど、家族で手探りでやってみるしかない現実。

でも、やっぱり、どうしたらいいのか分からない…。

そんな悶々としたママたちが、雑談して、笑って泣いて、さてさて、家に戻ってまた頑張ってみようと思えるしゃべり場が必要だということ。そんな場を作ろうとこの会が発足したことをお伝えしました。
●今まさにテレビで放送中の「コウノドリ」。出産の経験が無いor無関係な人でも涙する人も多いと思うけど、テレビの中の話ではなく、この会のママ達は、どのエピソードも我が身としてリアルに重なる部分があると思います。ここに来ている子ども達と、あのドラマのようなことが現実にあった家族がここに集まっているということもあわせてお話しました。
●保健師の資格も取りたい、と言われてたので、保健師にまつわる話も話しました。(要望させてもらいました)

「特殊なケースのお宅に訪問する時は、事前にある程度、知識を入れてから行ってほしい」ということ。

我が家に来た保健師さんが、早産低体重児についてびっくりするほど無知であったことと、「大変ですね、○人育てた私もそういうケースはよくわからないけど…」的に、他人事対応でした。寄り添っていただけそうな思いもなく、かえってマイノリティなのが虚しくなってしまい、すぐに丁重にお帰り頂いた(以来、誰も来ない)という思い出がありまして…。

専門家と思っていた人が、そうでもないと分かった時は虚しいものでした。
●看護学生さんから「おかあさん、明るいですね」と言われちゃったけど…いやいや、明るく見えるだけ。

「皆、明るいよ。まず、ここに来て2年ぐらい泣いてるからじゃないかな?それを踏まえて、今のような境地に至るのでは…」と。

子供によって悩みもいろいろだし、本当にいろいろな人がいて、どの人にも上手に対応するというのは難しいこと。『いろんなひとがいるんだ』と思っていただければ…。
(Mさんが、私たちNっ子の母親の気持ちを、思いを、代弁してくれました。)
♪───OO────OO────OO────♪
その他にも、自然といくつも輪ができ、お話をする姿が見られました。


傾聴で、じっくり、ゆっくり話を聴くスタッフがいれば、輪の中に遠慮して入れないパパさんにさりげなく話かけにいくスタッフ。

子どもを遊びに誘いだすスタッフ。

子どもと2人っきりで遊んでるママの側にすっと自然に寄り添うスタッフ。
そして、Nっ子ちゃんや我が娘を追いかけ回す私←1番役割不足だなーと思いつつ(笑)

新聞紙や風船を使って、ママから離れきれないNっ子ちゃんを遊びに誘ったり、CDに合わせて手遊びしたり、絵本の読み聞かせをしたり…(アタフタ…涙)

そんな中でも、Nっ子ちゃんの成長をたくさん垣間見れました。

ぶつかり合いながらも、お互いを意識して、時には優しさをみせるNっ子ちゃん同士。

パパやママから離れられないけど、お姉ちゃん達の遊びが気になり、少しずつ遊びに加わろうとするNっ子ちゃん。
そんな子どもたちの行動を、温かく微笑む看護師さんや、ママ達。
参加された方に、ちょっとでも、ホッコリとしてもらえたかな??
このサロン会場として、徳洲会病院内で使用させていただいているお部屋はとても広く、マットを敷いて子どもたちが遊べるスペースやジュータンは多少転んでも大丈夫。

子どもたちは、思い思いに走り周って楽しんでいます。

その反対側では、親だけが車座になってゆっくりお話をできるスペースがあります。
お子様がNICUに入院中や、不安な気持ちやモヤモヤを聞いてもらいたい、というパパ・ママの大人だけの方の参加も、安心してお越しください。

もちろん、お子さん連れの方も。お子さまはスタッフや看護師さんみんなで見守ってますから、ほんの少しの時間ですが、育児から離れてゆっくりお喋りしてみませんか??

来年2月もお待ちしていまーす!!
byみなこ
【 2015/12/12 (Sat) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

H27年度 第7回ピア傾聴講座

遅くなりました(^^;
12月3日(水)、傾聴講座の報告です。

今年最後の講座には、10名の参加者♪
遠く飯塚からいらっしゃってくれた方も~♪
ありがとうございます(*^^*)

はじめましての方も3名。とても緊張していらっしゃる様子。
そこで、気持ちをほぐす言葉のゲームから。

「頑張ってるね」
「あの子のお母さんになってくれてありがとう」

お隣の方に、目を見て、名前を呼んで、伝えます。
たったこれだけの言葉に、なんだか涙が溢れます。

どんなに頑張ってても、評価されることのない家事。
これでいいのかな?って、手探りでやってきた育児。

「頑張ってるね」って。
「ありがとう」って。
ずっと誰かに言ってほしかったんですね。

気持ちがほぐれると、色んな想いが溢れます。
2人組になって、話を聴き合いました。

あちこちで涙と笑顔が(*^^*)
あーすっきり!!

最後には、2人組でほめあいっこ。
今年最後に、しっかり心の貯金が出来ました♪


今月も感想をいただきました。

「夏に知り合った同じ22W5Dの同級生を持つ友人を誘って2年振りに参加しました。

Nっ子の傾聴を受ける以前、2004年から一年間。今から11年も前になりますが京都のお寺の住職さんにピアサポートの講座を学んでいた事があります。その当時にこの傾聴でどれだけ自分の心が軽くなっていったか計り知れません・・・普段ひとりで抱えている事を誰かが寄り添って聴いてくれる。その時の自分の心を改めて見つめる。毎日の生活に追われている中で子育てが始まったら特にゆっくりじっくりこんな時間を取る事はなかなか出来ません。でもこの講座での2時間は自分への最高のプレゼントだと思います。嬉しい涙、悲しい涙、感動する涙、もうハンカチはグチョグチョですが(笑)これがまた終わった後スッキリ。何度味わっても自分の心が満たされるのが分かります。今回誘った友人もすっきりした様子で帰りの車で2人共糸がきれたみたいしゃべり通しでした(笑)予定が合わず又しばらく参加できませんが自分をリセットさせる為に時間が合えば必ず参加したい!と思える大切な場所です。」

「心があったかくなりました。
人の手の温もり、耳を傾けて聴いてもらうこと。
話をしているうちに、自分自身のこともしっかり見つめ直し、優しい気持ちになれました。」


嬉しいです(*^^*)
是非また息抜きをしに来てくださいね♪


すべてのお父さん、お母さんへ。
あなたは最高のお父さん、お母さんですよ。どの瞬間も、本当に最善の選択をし、精一杯に仕事、家事、育児をしてます!!
いつも頑張ってくれてありがとうございます(*^^*)

それでも自信がなくなったとき、迷うときは、この場所を思い出してくださいね~


今年もたくさんのご参加、サポート、ありがとうございました!!

年明けは、1月がお休みで2月のスタートになります☆

2月3日(水)
10~12時
太宰府南コミュニティセンター会議室2
参加費500円
託児はご相談ください☆

担当:ナンリ
miki.n.0427☆docomo.ne.jp
(☆を@に)
お問い合わせ、お申し込みお待ちしてます☆

byナンリ
【 2015/12/11 (Fri) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

大盛り上がりでした!クリスマス家族交流会2015

12月6日 日曜日
今年もにぎやかにクリスマス家族交流会を行いました。
IMG_4065a.jpg

当初、カンガルーファミリー、ボランティア総勢100名の予定でしたが、やはり12月。
数日前から体調を崩した、お熱が出たという連絡が相次ぎ、数家族がお休み。

それでも21家族(大人32人、子ども31人) ボランティアさん22人の85人が大集合しました。

今年も福岡こども短期大学からたくさんの学生さんが、朝早くから手伝いに来てくださいました。
そして、在学していた時からボランティアで関わってくれ、卒業生して先生として頑張っていらっしゃるOGさんもボランティアに駆けつけてくださいました。
スタッフと一緒に、会場準備。
IMG_4041a.jpg
IMG_4042a.jpg

10:30  クリスマス会スタート。
今年の司会は、会発足初の子どもたちだけ!
中学生になったきょうだい児代表のおにいちゃんが一日の司会進行を務め、小学生になったNっ子ちゃん代表3人が分担して司会を務めました。
IMG_4052a.jpg

午前中のテーマは「はらぺこあおむし」
実は、6月に参加させていただいた早産児サポーター座談会。その座談会を主催されたサイト スモール ベイビー.comさんが現在、募集しているのが「スモールベイビー.comのおひるねアート フォトコンテスト」。それにちなんで、今年のクリスマス家族交流会で、おひるねアートをしようということになったのです。

学生ボランティアさんによる手遊びと絵本の読み聞かせ

手遊び歌♪キャベツ~の 中か~ら あおむし でたよ! ピッピッ♪
IMG_4056a.jpg
大型絵本「はらぺこあおむし」
IMG_4067a.jpg

おひるねアート 変身タイム
ボランティアさんに手伝ってもらいながら、絵本「はらぺこあおむし」の世界の何かに変身中。
あおむし君やいちご、さなぎ、オレンジ、チョコレートケーキなどなど。
IMG_3088a.jpgIMG_3066a.jpg
IMG_3074a.jpgPC060069a.jpg

賑やかに撮影会
IMG_4116a.jpg

ボランティアさんも、お母さんも一緒に入っちゃえ~ということで
IMG_3049.jpg

あんまり楽しそうだったので、スタッフママも~♪
IMG_4127a.jpg

大騒ぎの変身&撮影会の間、調理室では着々とお昼ご飯の準備。

実は、これまた初めてお父さんたちに調理をお願いしたのです。
飲食関係のお仕事をしているお父さんが調理隊長となりカレーを作ってくれました。
中には「初めて料理をしました」というお父さんも。
IMG_4081a.jpg

お腹がいっぱいなり、ランチルームから戻って来た子どもたちは早速、楽しそうに遊び始めました。
IMG_4131a.jpg
ほどなくデザートのシュークリーム。
IMG_4138a.jpg

そして、食べながらゲームスタート。テーブルごとに1チームです。
IMG_4141a.jpg
司会のおにいちゃん企画「お絵かき連想ゲーム」スタート。

チームの代表が出てきて、「お題はね~ゴニョゴニョ」
IMG_4142a.jpg
お題の絵を書いています
IMG_4144a.jpg
それぞれのチームに戻って「せ~の」で絵を披露。
そして、「答えは~??」 みんな「◎◎~!!」 「大正解!!!」
IMG_4163a.jpg

今回、おにいちゃんが選んだお題は「サンタさん」「くつした」「ゆきだるま」
Nっ子ちゃんたちは、幼稚園に入る前の子から小学生もいます。手足に麻痺がありうまく動かせない子もいます。
学生ボランティアのほかに、発達支援センターなどの先生もボランティアに来てくださっていて、みんなが参加できるようにフォローしてくださり助かりました。
みんな一生懸命に書いてくれました。そして、チームに戻り、絵を広げた途端、どのチームからも「うわ~」と自然に拍手がわきあがっていました。褒めてもらってみんなの嬉しそうな顔も素敵でした。
IMG_4157a.jpgIMG_4155a.jpgIMG_4160a.jpg

もちろん、ゲームなので最後は大人だけが呼び出されていました。
IMG_4166a.jpg
IMG_4171a.jpg
IMG_4173a.jpg
お題はなんだったと思いますか??・・・・答えは「トナカイ」

この後、大人だけの自己紹介&家族紹介タイム。
IMG_4186a.jpg
これも、たくさんのボランティアさんが子どもたちと遊んでくれるからこそできることです。

子どもたちお楽しみのプレゼント交換じゃんけん大会。
お父さんたちに順番にでてきてもらってのじゃんけん大会に、子どもたち大興奮。
IMG_4205a.jpg

今年は勝った子から順番に紐をひいてプレゼント引き当てる方式です。
IMG_4206a.jpgIMG_4200a.jpg

今年は音楽療法士の先生もボランティアに来てくださいました。
IMG_4207a.jpg

打合せなしで(って私と先生は打合せしてますが)、突然、学生さん5人を前へ。
ハンドベルで「ジングルベル」をぶっつけ本番の演奏。
IMG_4217a.jpg
もちろん子どもたちもハンドベルや鈴の演奏を経験させてもらいました。
IMG_4220a.jpgIMG_4223a.jpg

そして突然のトナカイさん号泣しながら登場~
ビックリして泣き出したNっ子ちゃんもいたぐらい。

IMG_4234a.jpg

トナカイさん、なんで泣いてるかって??
「みんなに鼻が赤いって笑われたから」
そこへサンタさん登場
「トナカイの赤い鼻が光るからプレゼントが配れるんだよ」

そうです。「赤鼻のトナカイ」の歌。
みんなで歌いながら、プレゼントをもらいました。
IMG_3078a.jpg

当日、突然のサンタ役、トナカイ役を買って出てくれたお父さん。
まさかいきなり小芝居をやれと口頭でシナリオが伝えられるとは思わなかったですよね・・・。
このシナリオは先生の案です。私じゃありませんよ。恨まないでくださいね(笑)

予定の時間を過ぎてしまいましたが、大騒ぎ、大賑わいの楽しい「家族交流」クリスマス会でした。

最後にみんなでハイ・チーズ!!!
IMG_4248a.jpg

体調不良でお休みしたお友達、今回、予定が合わずに参加できなかったお友達
1月16日は福岡こども短期大学 劇あそび研究会で観劇会を予定しています。
ぜひご家族で遊びに来てくださいね。

と~っても長いレポートになり失礼いたしました。
伝わったかな???

by万
【 2015/12/09 (Wed) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

さんさんっ子 クリスマス会開催しました!

12月5日土曜日 さんさんっ子設立以来初のイベント!クリスマス会を開催しました~!
寒くなったり、暖かくなったりと気温の変化が激しく、みんなの体調の具合が心配でしたが、なんとなんと

9組参加の子どもたちは16名と初の大所帯になり、とってもにぎやかでした^^
初めて会うお友達なのに、あっという間に一緒に走り回って遊んでいたのを見たときはほっこりしました。

動けるちびちゃん達もお兄ちゃんお姉ちゃんと一緒になって走りったり、跳んだりして楽しそうでした。
初めて参加のお友達は周りの音量にびっくりしてかわいい泣き声をだしていましたが、最後の方は少し慣れたようで安心しました。


最初はスタッフによるふれあい遊び。
ちびちゃん達向けにしたので、お兄ちゃんたちは少し幼かったかな。

でもお姉ちゃんたちがちびちゃんにしてあげたりしている光景がほほえましかったです!



次は○×ゲーム。

ちょっと問題が簡単すぎたかなぁ~ちびちゃん達はお姉ちゃんたちについて回ったりあちこちうろうろしながらも参加してくれました音譜



そしてお楽しみの抽選会!

番号が出てきた人から好きなプレゼントを選ぶ手法に。

とっても盛り上がりました。


その抽選会と共に双子君パパがなんとバルーンアートをしてくれて、子どもたちにプレゼントしてくれました!!!
自ら申し出てくださって大変うれしかったし、子どもたちも大喜びでした~!

ありがとうございました。

センターの手違いで終了時間が早まってしまいましたが、最後におやつのお土産とママたちにもコーヒーのお土産を持って帰ってもらって終了です~。

初めての試みでてんやわんやでしたが、みなさん楽しかったと言ってくれてとても嬉しかったです。

また何かイベントを企画したいと思いまーす!!!
次回のさんさん広場は

1月18日月曜日 10時から12時まで
元気の森サポータールームでありまーす!
また元気な笑顔に会えるのを楽しみにしています
【 2015/12/06 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

初めましての赤ちゃんがたくさんの柳川でのサロンでした

11月28日 土曜日
今年度2回目の柳川での出張おしゃべりサロンを水の郷にて開催しました。

IMG_3892a.jpg

昨年、南筑後保健環境事務所での保健師さん方の勉強会に講師として呼んでいただいたことが、各市町村の保健師さんにとって、私たちカンガルーの親子が顔が見える存在になったようで、今回のサロンを担当するご家族にご紹介してくださっていました。

ということで、今回は大牟田、筑後、みやまから1歳前のお子さんを連れて初めて足を運んでくださった親子さんが3組。
カンガルーの親子の登録しているメンバーが5組の8家族でのサロンとなりました。

そして、今回も柳川リハビリテーション学院の言語聴覚学科の学生さん約20名がお手伝いに来てくれました。

IMG_3896a.jpg

私たちが到着するまでに会場設営はすでに完了。写真パネルをひとつひとつ丁寧に見ている学生さんたちです。

みんなが到着する前、ひとりで学生さんたちを独り占めして、めいいっぱい遊んでもらった娘さん。
年数を重ね、こんな姿にも成長を感じます。・・・だって、最初のころは、親から離れて一人こうやって遊んでもらえなかったものね。
IMG_3898a.jpg

参加者到着。「ねぇ、おねえちゃんと遊ぼう~」
「さぁ、どのお姉ちゃんとあそぼうかなぁぁぁぁ」(とは決して言ってません 笑)
IMG_3900a.jpg

今回、保健師さんの参加や、お菓子の差し入れをしてくださった方(届けてくださってすぐにお仕事に戻られた)がいたりと本当に嬉しいサポートがたくさんでした。

IMG_3937a.jpg

自己紹介を回しながら、初対面の緊張を少しずつ少しずつほぐし、だんだんと本題へ。

自己紹介の後半には、Nっ子ちゃんの名前の由来などもテーマに入れてみました。

まだ、名前をどうしようかなんて考えてもいない週数での出産だと、色々な申請書類を出しために大急ぎで名前を決めなければいけないという一面があります。そんな中でどんな想い、願いを込めたのか…なんて話も出てきました。

隣の子どもたちの声に負けてしまうので、このサロンではマイクを持ってしゃべるという、話し手にとってはちょっと緊張してしまう要因があるのですが、笑ったり、泣いたり、そしてまた笑っての1時間半。

初めて参加された方、どうでしたか?
今まで抑えてきた感情や、ひとりがんばってきたいろんな想いが溢れ出ていたように思えます。

お母さんたちがお話をしている間、小さな赤ちゃんはお母さんと一緒に輪の中にいましたが、大きくなったNっ子ちゃんやきょうだいじさんは子どもたちはこんな感じ。

IMG_3974a.jpg
IMG_3909a.jpg

楽しそうに遊んでいました。
大興奮の歓声がいっぱい。だからお隣の部屋はマイクがないと声が聞こえないんです(笑)

そして、最後は親子一緒にお楽しみタイム。
!cid_BBBFAE68-08C1-49DA-A9BC-0D6DCC395FE3.jpg
!cid_3BAD2B7E-1A99-45FE-A475-F50F852DFFB1.jpg
IMG_20151129a.jpg

そして、カエルさん登場。
楽しそうに読み聞かせを楽しんでいました。
!cid_3121E405-82FC-48C8-837D-D5AE6F7A5015.jpg

最後にみんなでハイ チーズ!
IMG_4021a.jpg

この後、出身病院が同じとわかったママたちは会場内にて2次会トーク。

鼻注でのミルクや在宅酸素。誰にも話せなかった子育ての苦労も、ここでは「そうそう」ってわかってくれる仲間がいます。
「こうだったよ」って話してくれる先輩ママがいます。
そして、こうやって力を貸してくれる専門職の方のサポートもあります。

一人で抱え込まずに楽しく育児していきましょうね!

またお待ちしています。

柳川リハビリテーション学院のみなさま、保健師のみなさま、この場をお借りしてお礼申し上げます。
今回も素敵な時間をありがとうございました。

by万
【 2015/12/02 (Wed) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム