Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スタッフ自己紹介⑥

スタッフのさゆりといいます。
私は次女を妊娠した時、この子も長女のように普通に産まれて、普通に育って行くものだと思って、出産を楽しみにしていました。
そんな中、「次の検診で男の子か女の子かわかると思いますよ。」と言われた数日後、私が予期せぬ麻疹にかかってしまい、高熱で、もうろうとしている最中に陣痛が始まってしまいました。
運び込まれた聖マリア病院での治療の甲斐もなく自然分娩という形で次女を出産しました。(出生体重は548グラム、23週と5日での出産)
予想もしなかった事態に直面し、現実が受け入れられない中、手のひらに収まる程の小さい次女の懸命な姿は今でも鮮明に覚えています。
出産直後は正直パニックで何も考えることができなかったのですが、長女や家族の支えもあり、次第に落ち着きを取り戻すと、急に今後のことがすごく不安になりました。
というのも、これまで障害のことなど一度も考えたことがなかったので、これからどうなるのだろうと考えても、全く答えは見つからず、医師に相談しても「経過を見守りましょう。成長してみないとわからない。」とばかりいわれ続け、不安に押しつぶされそうな日々を過ごしていました。
NICUで様々な治療をうけながらも懸命に生き抜いている次女の姿を見て、看護士さんから言われる、「子供さんは一生懸命頑張っていますよ。」という言葉に勇気を受け、私も次女の為に何かを変わらなければという気持ちになりました。

そんなある日、眼科の待合室で小さい赤ちゃんを連れて来られていたYさんに思いきって声をかけてみました。
その時に、Yさんが私の不安な気持ちに共感してくれたことが嬉しくて、今でもこの時の救われた気持ちは、忘れることができません。
この時に、「カンガルーの親子」の会のことを聞いたことが私とこの会の出会いです。
不安に押しつぶされそうな日々を過ごす中、勇気をもって声をかけたことでこの会に出会い、次女はここまで大きく成長することができたと思うし、母親としても成長できました。あのとき、声をかけることをためらっていたらと考えると今の状況にはなれなかっただろうと思います。
同じ境遇の家族との出会い、不安な気持ちを分かち合え、先輩ママからの経験や情報を聞くこともできたから、次女の為に頑張ろうという気持ちが強くなったと思います。
もし、同じような境遇の方が、このブログを見て、この会に一度足を運んでみようとか、一度連絡をしてみようと思ってくれたら幸いです!
最後に私の自己紹介ですが、150センチ、かに座のA型です!
もっといろんな話は、この会でお会いしたときにいっぱい話しましょう!!
スポンサーサイト
【 2015/09/23 (Wed) 】 仲間たちからのお便 | TB(0) | CM(0)

今年の地引網 大漁です!

シルバーウィークのど真ん中、9月21日。
今年も、医療ボランティアにいつも来てくださるNPO法人おさき坊主催の「地引網」に、カンガルーの親子7家族で参加してきました。

晴天!!!
かといって、そんなに暑くもなく、最高のお天気でした。

IMG_3510a.jpg

IMG_3517a.jpg
IMG_3519a.jpg
IMG_3554s.jpg
IMG_3562a.jpg
IMG_3574a.jpg

IMG_3594a.jpg

お昼は、早速、この取れたてのお魚のお刺身、BBQをいただきました。(写真がないっっ)

午後はのんびり浜遊び&温泉。
IMG_3604a_2015093005273461f.jpg
IMG_3606a.jpg

男の子は、やっぱりゲームが好きですね。
Nっ子くん&Nっ子兄弟が自然と集まってきた(笑)

IMG_3609a.jpg

最後の温泉チームが戻ってきたところで、カンガルーのみんなと先生と一緒にパチリ。
(先に帰っちゃったお友達ごめんなさい)
IMG_3613a_2015093005302852a.jpg

とにかく今年は大漁で、お土産にもたくさんのお魚を持って帰りました。

楽しい一日、ありがとうございました。

by万


【 2015/09/21 (Mon) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

コラム「小さな命のキセキ⑳」最終回

9月17日掲載のコラムです。
この日は、9月度の定例会。新しい方が、3家族足を運んでくださいました。

このコラムを読み、ホームページからお問い合せをいただきこの日の定例会に来てくださったのです。
このお仕事をお受けして良かったと思った瞬間です。

今月の定例会以外にも、このコラムをきっかけにサロンなどに足を運んでくださった方、お問い合せをいただいた方がたくさんでした。本当にありがとうございます。

今回の定例会は学習会だったため、他のメンバーとじっくりお話する時間がありませんでしたが、ぜひ、また足を運んでくださいね。たくさんの「キセキ」がここにはありますから。

IMG_0002a_20150921051910159.jpg

by万
【 2015/09/21 (Mon) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

9月度定例会 学習会~子どもが伸びるかかわり方~

9月17日 いきいき情報センターにて9月度の学習会を開催しました。
今回は初めましての方3家族、4名のお父さん、お母さんを含む19家族と作業療法士T先生が集まっての学習会を開きました。

9月度のテーマは「子どもが伸びる関わり方」 
講師は、福岡県発達障害者支援センター「ゆう・もあ」の前センター長でいらっしゃる木藤政博先生です。
福岡子育てパークで、このテーマの先生のウェブ講座の記事を読むことができます。

IMG_3477a.jpg


日々の育児の中で、成長や発達の不安を感じたり、子どもたちの「困った」があるものです。

周りの子よりできないことが多かったり・・・
言葉がうまく出ず、お友達とコミュニケーションがうまくとれずにトラブルになっていたり・・・
ギャーっと泣きわめいたり・・・
動き回ってじっとしていなかったり・・・
体調管理が難しかったり・・・

日々、育児のいろんな困りごとを感じながらこの日、集まったお母さんたち。
木藤先生のユーモアたっぷりのお話に、心が軽くなっていった方が多かった
ようです。

涙をポロポロと流しながら、お話を聞いていたお母さんたちが何人もいました。
そう、先生のユーモアに笑いながら、泣きながら・・・。大忙し!(^^)

IMG_3490a.jpg

写真は、指回し体操。先生の「はい、コレできる?」にみんな、悪戦苦闘。
できない=障がいなの?を改めて実感。いや、体感したシーンでした。
「ボクができるのは、練習してるからだよ」

先生のお話は、教員時代や支援センター勤務時代の実体験に基づく具体的なものでした。
LD(学習障害)、ADHD、自閉症スペクトラム、身体や視覚、聴覚にハンディがある子どもたちとたくさん関わってこられた先生。
具体な支援の例にたくさんの勇気をもらいました。

いわゆる、学校での「気になる子」(支援が必要だなと思われる子)は6%を超えていると言われています。
今回の木藤先生のお話は、決して、早産児育児だけのための内容ではありません。
どんな子に対しても共通して大事にしたいことばかりでした。

子どもにとってたくさんの経験を積むこと。そして、苦手がある子に対しての早期からの支援がいかに大切か。

そして、先生のお話の中で印象に残ったのが
「お母さんの気持ち次第で、子どもの成長が変わる」

親ができないとあきらめたら、できないままの子。
「できない」ということは、決して本人のせいではない。むしろ、むしろ周りがいかに適切に支援ができているか。
親や周りの大人の支援やサポートで違ってくると感じました。
その子を信じ、そして、得意なことを認めて伸ばすことの大切さを再確認しました。


そして、ハンディがあることは不便だけど、不幸ではないということ。
LDなどの発達障害だと言われるたくさんの有名俳優さんの名前が出てきました。
たしかにシナリオを読むことは大変で不便かもしれないけど、決して不幸ではないよね、って。
たしかに!!

参加されたみなさんの感想です

子どもの力を信じ、周りと比較せず子育てを楽しみます。
子どもの意欲「~したいを引き出していけるよう支援していきたいと思います。
我が子を信じます。「出来ると思えば出来る」とわかっていても、それが出来ていなかった私がいました。

泣いて、笑って、頭を使って、手を動かして・・・あっという間に1時間半でした。

木藤先生、お忙しい中、ありがとうございました。


10月度の定例会は10月15日(木) 読み聞かせの魅力を学びたいと思います。

by万
【 2015/09/17 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

第17回 さんさん広場

9月14日月曜日 さんさん広場を開催しました。

朝晩が冷えだしたので、体調を崩しやすい季節だからどうかな~と思っていたら、予想通りでした・・・

ということで、スタッフ2組のみのさんさん広場でした~!

今後の事をゆっくり話せたのでとても良い時間でした^^

帰り際、館長さんと助産師さんにお会いし少しだけお話が出来ました。



どうやら出会って最初の頃の私の顔は相当やばかったようで、心配していただいた模様w

途中から明るくなったので安心したのよ~と言われました。

確かに3回目くらいの北九州サロンまで悩みまくっていた私だったので、納得できます。

そうやって、少しでも気にかけてくれたことがとても嬉しかったです。



助産師の先生もこういう会があるのとないのじゃ、全然お母さん達の気持ちや顔が違うのよね~と納得のお言葉を頂きました。

私もカンガルーの親子に何度救われたことか・・・

心新たに頑張ろうと思います!!!


次回のさんさん広場は

10月19日月曜日 10時~12時まで

枝光南市民センター 2階和室(大)です~!


10月といえば!カンガルーの親子 IN 北九州サロン もありまーす! 10月17日土曜日10時半から12時まで 元気の森多目的ホールですー! たくさんのご参加お待ちしております^^

コラム「小さな命のキセキ⑲」

先週、西日本新聞に掲載されたコラムです。
超低出生体重児の生存率があがり、現在はどの病院も「後遺症なき救命」が大きな目標となっています。

とはいえ、カンガルーの親子にも、お子さんを亡くした方や後遺症として病気や障がいを抱えることになるお子さんがいることも事実です。外出をすること自体が大変なご家族がいらっしゃるのも現実です。

NICU退院後は、どんな方も外へ出ることは大変ですよね。
私が娘を産んだ時から考えると、今はSNSがとても身近なものになっています。
外に出れなくてもつながれる。そして、仲間は決して遠くにいるのではなく、病院が一緒だったり、住んでいる市町村が同じだったり、すぐに会える距離にいるという安心感は嬉しいと思います。きっと、カンガルーの親子では、そういう仲間を見つけることができると思っています。

facebookページ、twitter、mixi それぞれで「Nっ子クラブ カンガルーの親子」と検索していただくと、つながることが可能です。
外出が難しい方、ぜひ、可能な方法からぜひつながってみてくださいね。

⑲20150910a
【 2015/09/14 (Mon) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

スタッフ自己紹介⑤

こんにちは!
会計を担当させて頂いていますレコです。
子供が4人いて、3番目長男がNっ子、33週5日目の946gで生まれました。

カンガルーの親子との出会いは、発足の少し前……筑紫保健所でされている1500g以下で生まれた親子対象のエンゼル教室に参加したときに万さんとミッキーさんに出逢ったことから始まりました。
その頃の息子はただ小さいだけで、その他の成長(首の座り、寝返りなど)は順調だったため、小さく生まれたけれど何ともなくて良かったね~♪という周りの雰囲気でした。
勿論そうなのですが、私の心の中はそんなに穏やかではなく、想定外の出産、小さな赤ちゃんのお世話(順調といえども普通の子よりも手はかかります)+上の子たちのお世話、それに出産を機に拗れてしまった姑との関係。
小さいけれど重なってしまった心配事をどう言葉に表して誰に聞いてもらったらよいか分からず、もやもやと心が重い日々を過ごしていました。
そんなときにエンゼル教室で、小さく赤ちゃんを産んだ他のお母さん方とお話をする機会があり、話しながら涙が出てしまったけれど心が少し軽くなったことを覚えています。
私、そう言えばちゃんと泣いてなかったな、うんうんと頷かれながら泣きたかったんだなと。

前置きが長くなりましたが、万さん&ミッキーさんの同じ境遇のお母さんたちのために会を発足したい!という高い志の中、「私は、まだ人のためというより、自分が必要だから会に参加させて頂いても良いですか?」という感じで聞き、受け入れて貰ってホッとしたことを覚えています。
ごめんなさい、8年経った今でも皆さんにおんぶに抱っこしてます……

8年の間、私も家族のカタチも色々変化してきました。
長男クンは、落ち着きがないので通級に合わせながら、自分が出来きそうな目標を立てて頑張っています。
目下の悩みは、長男と上の子たちとの関係ですかねぇ……
カンガルーの仲間たちには、問題が起る度色んな相談にのってもらいました。
実家が遠方の私にとって、親戚のような頼りになる存在です。

私の好きなこと。
秋。チョコレート。薔薇。自転車。ピンク。混ぜて焼くだけ、干すだけ等の簡単おやつやパン作り。お喋り。本。
やっと下の子が幼稚園に行き始めたので、自分が好きだったことを思い出し中です。

とても苦しくて身動き出来ない人、こんなこと位で相談してもいいかしら?って思っている人、いませんか?
他のスタッフも書いているようにカンガルーは何でもアリです!
もし、少しでもカンガルーの存在が気になっている方がいたら、お待ちしています。

by レコ
【 2015/09/14 (Mon) 】 仲間たちからのお便 | TB(0) | CM(0)

ユクリから9月の報告が届きました

関東、東北では大雨が甚大な被害が出ていますね。
川の決壊は、この辺りも他人ごとではないと改めて災害への
備えを考えてしましました。
今月は参加される親子さんはいませんでした。しかし、ユクリに関心を持って頂いた
方が3名来てくださいました! とても嬉しいことです(o^-^o)
3名の方はカフェをされている方、子育て関係の活動をされている方、笑いヨガ
をされている方でお母さんが笑顔で子育てできる様に活動されているという事で
ユクリに協力出来ればと思い来て下さいました。
私もユクリへの思い、これまでの活動の様子など話をさせて頂きました。
気付けば時間を過ぎてしまうくらい、たくさんのお話をすることができ
有意義な時間となりました。ありがとうございました。


さて次回は、 10月8日(木)   の予定です。
【 2015/09/14 (Mon) 】 ゆくり(行橋ブロック) | TB(0) | CM(0)

ソフトバンク戦応援 家族交流会

✳︎日時:8月29日(土)14:00〜
✳︎場所:ヤフオクドーム
✳︎参加人数:6家族 計18名

IMG_3455a.jpg

今年もソフトバンク戦のチケットを企業さんからご提供いただき、野球観戦の家族交流会を開催することができました。
野球観戦は行きたくても、個人で子供連れて行くのは大変です。
このような機会に仲間と行けて、とても盛り上がりました!
まとまった席だったので、子供同士もすぐに打ち解け、ワイワイ観戦してました。子供同士が仲良くしてくれたので、親もゆっくりビール片手に観戦できました!

IMG_3453a.jpg

子供達がそろそろ飽きてくるかなという頃、7回攻撃の応援に向けての風船の準備^ - ^
かなりフライング気味に6回表から、風船の袋を開け、何度も膨らましてはしぼませて遊んでました。
もちろん子供は膨らませないので、あるお父さんが何度も膨らませ、観戦どころじゃなくなってました(≧∇≦)
でも子供達の楽しそうな姿が微笑ましかったです(^-^)
さて、風船のセレモニー(⁈)が終わると次は勝利の花火を待ちわびる子供達。
ソフトバンクリードの後追いつかれ、どうなることかと思いましたが、結局5対4で見事勝利!
IMG_3462a.jpg


目の前に大きな音とともに花火が現れるたびに、子供達の目も輝き大興奮!
そんな子供達の笑顔と花火に私達親も、今日という日に感謝感激しました(*^_^*)
素敵な一日をありがとうございました。

まみこ


【 2015/09/12 (Sat) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

第3回 カンガルーサロンin飯塚病院

◆日時:9月8日(火)10~12時
◆場所:飯塚病院 4階多目的ホール

1飯塚病院20150908

3回目となったカンガルーサロン@飯塚病院
前回、前々回、雨風に見舞われたサロンでしたが、
さすがに今回は、天気も味方をしてくれました(*^_^*)

サロンに初めて参加してくれた方が3名、
2回目の方が1名、
カンガルーのピアサポーターが4名、
飯塚病院のスタッフの方が6名。

ファシリテーターのミキティが徐々に空気を作ってくれる。
いつも感じるんだけど、なんて明るくて温かい。
だから、「話したいだけ話していい自己紹介」なんて言われると
どんどん自己開示してしまう。

3飯塚病院20150908

そして今回は、「ピア傾聴」に入る前に
丁寧に丁寧にその説明をする。ルールはシンプル。
聴き手は、
温かい眼差しで、ただただ耳を傾ける。
アドバイスなどはしない。
そして、この場で聴いたことは持ち出さない。
話し手は
何を話してもいい。話せなくて沈黙でもいい。
あちこちに話が飛んでもいい。
泣いても怒ってもいい、笑ってもいい、
全てあなたの時間、大丈夫。
「ここが安心、安全な場所である」ために。

そして、実際に「傾聴」、7分間ずつ。
ピアサポーターの私たちと参加者の方がペアを組んで。
ピア傾聴が初めての方もいて
7分間ずつ聴きあうのは長いのかなと思ったけど、
なんのなんの、、、話し出すと、足りないーーーー。
これまでずっと張りつめて頑張ってきたママたち。
頑張り屋さんだから、みんなの前ではとっても明るいし、前向き。
けれど、
時々湧いてきたり、思い出したりする、色んな感情。
その感情を恐れずに感じて、触れて、取り出してみるのも、時にはいい。
私たちピアサポーターがお手伝いします。
そして、少し先の将来では、今のママたちが
もしかしたらサポーターになっているのかも。
「病院で勇気を出して声をかけてみたんです」というママの言葉に
そんな姿すら思い描いた私でした。

2飯塚病院20150908

同じ街に住み、同じ病院出身で、こどもの年齢が近い、似ている状況。
必要としている方に必要な場を作れたこのタイミングを
本当に誇らしくさえ感じます。
更に、ひと段落した子育て、
ずっと頑張ってきた自分を褒めてあげたいと思える素敵なタイミング。
ここで出会えて、ホント感激でした。

終わりでは
「好きなだけ今日の感想を話してください」というミキティの提案。
安心できるココへまたどうぞ、という気持ちを込めて。
(だったのかな…と勝手に解釈した私^^;)

また、最後にドクターも来てくださって
病院を退院した後感じていること、不安なこと、困っていることなど
思い切ってぶつけてみました。
それは個人個人では解決できないこともあり、
公的な要素もありましたが、
先生はしっかりとメモを取ってくださいました。
また、入院中も退院後も病院の方に
たくさんお話を聴いてもらっていましたという言葉通り、
今日も共に感じて涙を流してくださる病院スタッフの方の姿。
大変だけど、また頑張れる…支えてくれる人がそばにいる。

笑顔で「第3回サロン」終了、大切なつながりが始まる予感………。
(by iwaiwa)
【 2015/09/09 (Wed) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム