Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

コラム「小さな命のキセキ⑫」

7月23日掲載の「小さな命のキセキ⑫」

⑫20150723a

写真のアヤミさん。
6年前のちょうど今日の写真です。

あの頃、私とも手が繫げなかった娘ですが、今はちゃんと手をつないでくれますよ。

by万
スポンサーサイト
【 2015/07/23 (Thu) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

コラム「小さな命のキセキ⑪」

7月16日掲載の「小さな命のキセキ⑪」です

⑪20150716a

「今、何か月ですか?」
赤ちゃんを見ると、だれもがする質問。

この言葉が辛かったという方も多いのでは?

by万
【 2015/07/23 (Thu) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

コラム「小さな命のキセキ⑩」

7月9日掲載の「小さな命のキセキ⑩」です

⑩20150709a

カンガルーの親子誕生までのお話です。

by万
【 2015/07/23 (Thu) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

コラム「小さな命のキセキ⑨」

7月2日掲載の「小さな命のキセキ⑨」です

⑨20150702 a

写真は1歳2か月
右目3度目、左右合わせると4回目の目の手術の後です。

年長児さんのお兄ちゃんと比べると、1歳過ぎてるけど、ホント、小さかったなぁぁ。

NICU退院後の入院は、基本、母子同伴。
兄弟児さんがいる家庭は、入院中、きょうだいをどうするか?というのは大きな問題です。
最近は転勤で近くに親戚がいない、両親も仕事をしていて頼めない等々、簡単に子どもをお願いできない状況の方が多いので現実です。
この問題ってどうにかならないかな。
かなり切実な問題です。


by万
【 2015/07/23 (Thu) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

コラム「小さな命のキセキ⑧」

6月25日掲載の「小さな命のキセキ⑧」です

⑧20150625a

NICU退院後1か月の写真です。
退院祝いでたくさんの人が集まるところに連れて出かけたのですが、
内心、かなりドキドキ・・・
そんな表情してますね、私。

by万
【 2015/07/23 (Thu) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

日程変更です!!8月度の徳洲会病院でのカンガルーサロン

来月8月は徳洲会病院でのカンガルーサロンです。

会場の都合で、8月の開催日が当初の第2火曜日から25日(火)に変更になりました!
ご注意ください!!!!


【8月度カンガルーサロン徳洲会病院】

日にち:8月25日(火) 
時 間:10:00~12:00
場 所:福岡徳洲会病院 4階講堂


夏休みの予定を立てていらっしゃった方、ごめんなさい。
こちらの日程でよろしくお願いいたします。



また8月20日の定例会は太宰府南コミュニティセンターで行います。
夏休み親子企画です。
詳細はまた改めてご案内いたしますね。


どちらもカンガルーメンバーでなくても参加できます。
NICU時代のお友達でご一緒したい方がいらっしゃいましたら、どうぞ(^^)


by万

7月度の定例会は就学テーマの座談会でした

7月16日 木曜日
7月度の定例会をいつものいきいき情報センターにて開催しました。

先月は、臨床心理士の先生による就学についての学習会。
それを受けて、実際に小学校にあがったNっ子ママたちの体験を聞く座談会企画です。

幼稚園・保育園の入園もそうですが、やはり小学校に上がるというのは、Nっ子ちゃんであろうとなかろうとひとつの大きな節目ですよね。

就学前の6歳にフォローアップ検診があるように、Nっ子ちゃんとしてもひとつの区切りかも・・・。

今回はそれぞれお子様の状況が全く違う6名のお母さんに話題提供者としてお話をしていただきました。

IMG_3264a.jpg

就学前に通っていたところは、幼稚園、保育園、発達支援センター等々、
就学先も地域の小学校、地域の小学校の特別支援学級、特別支援学校(今回は残念ながら急きょ欠席でしたが)などそのお子さんの状況によって様々です。

出産予定日から学年がひとつ上がってしまうことになってしまったお子さん
体がダントツ小さいことでの苦労話とお得な話
肢体不自由児で全介助が必要なお子さんを地域の小学校に入れるために奮闘したお母さん
兄弟児のこと
双子の発達状況がまったく違う中での就学のお話

中には幼稚園や保育園等の未就学時代から何を願い入園させたのかという想いからお話してくださるお母さんもいらっしゃいました。
IMG_3265a.jpg


お子さんの状況はいろいろ違いますが、宿題や給食の苦労話は共通して話題にあがりました。
そうです、小学校の給食は「20分」で食べるのです!!
食が細いNっ子ちゃんは多いので、この話題は大盛り上がりでした。

IMG_3268a.jpg

「宿題をしな~い」「時間がかかる~」とお子さんと格闘している様子も聞けちゃいました。

他にも、可愛い「恋バナ」や学年が上がり1年生よりも小さい自分は「なぜ小さい?」と気づきはじめたお話なんかも出てきました。

参加されたみなさん、小学校、小学生のイメージ、わきましたか???

ま~ったく状況が違うお子さんの話でしたが、参加された方がそれぞれにこれからのヒントになった部分、参考にしたい部分があったと思います。

決して100点満点を取るためだけに学校に行くじゃぁありません!
しっかりと生きる力をつけるためです。

なかには就学先を色々と悩んでいるお母さんもいると思いますが、
どれが不正解ってことはありません
きっとどれも正解だと思います

お子さんが生き生きと、自分らしさを発揮できて、学校生活をおくれることが一番なのかな~~と私は個人的に思います。

悩んだら、またカンガルーのお母さんたちのお話を聞きに来てくださいね。

by万
【 2015/07/16 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

7月のカンガルーサロン飯塚病院

7月14日(火)、飯塚病院にて2回目となるカンガルーサロンを開催しました。
今回から授乳スペースも確保☆
お子様連れでも安心しておいでくださいね。

IMG_3253A.jpg

今月も新しいご家族が2組いらっしゃいました。
どちらも7ヶ月のNっ子ちゃん♡
これもまたご縁ですね(*^^*)

まずはゲーム感覚の自己紹介。
少し緊張がほぐれた後、それぞれにどんな思いでここに来てくださったのか。どんなに育児を頑張っていらっしゃるか(*^^*)
Nっ子ちゃんあるある、兄弟児あるある、など。
色んな話が出ました。

なかでも印象に残ったのは、ご自分を「適当育児」とおっしゃるママと、「神経質」だとおっしゃるママの、対照的なお話。

でも、どちらも素敵だと思いますよ!!

聴けば聴くほど、どちらも愛情深く育てていらっしゃいます。その育児に間違いはないし、足りないところなんてあるはずがありません。
どちらが良いとか悪いとか、誰かと比較する必要はまったくありません。
頑張ってる自分をたくさん認めてくださいね(*^^*)


今回は飯塚在住メンバーと、担当スタッフからの感想をご紹介します。

『久しぶりにカンガルーの集まりに参加しました。
久しぶりに間近でみる赤ちゃんに癒されました♡
うちの子にもこういう時があったな…私もこうな風に悩んだりしてたな…でもあまり細かいことは思い出せない…(笑)
息子を産んで9年も経つと、小さく生まれて悩んだこと、辛かったことも思い出になっているなと改めて感じました。
今回参加していただいたママが何度も連呼していた「適当精神」(笑)で、また頑張っていこうと思います!』


『今回一番感じたことは、
タイプの違う二組だったけど、本当に、今日まで精一杯頑張り続けてきてくれたことへの感謝!です。
「てきとー」と、話してたママさんも、精一杯生きてきた……その姿だからこそですよね。
また、見知らぬ土地で、ぎりぎり踏ん張っていたもう1人のママさん。その強さに頭の下がる思いでした。
出会えたことが、本当に嬉しいと感じたサロンでした~♪』

IMG_3258a.jpg


今月も素敵な出会いをありがとうございます☆
看護師さん、病棟保育士さんもお顔を出してくださいました。気にかけていただき、本当に感謝です。


次回の飯塚病院でのカンガルーサロンは、9月8日(火)です。
病院の受診歴は問いません☆
是非、お立ち寄りください(*^^*)

byナンリ



【 2015/07/14 (Tue) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

第15回さんさん広場開催

7月13日月曜日 さんさん広場を開催しました。


この日はスタッフ二名、子ども二名の広場でしたー!

子どもたちは好き好きに遊び、母たちは今後のさんさんっ子の今後の方針を話したり、我が子の今後の話をしたりといつも通りしゃべり倒しました^^

最近参加者が減っているので、何か考えなきゃなーと思っています。

こんなのどうー?などのご意見バシバシお待ちしています!!!



次回のさんさん広場は

8月10日月曜日 10時から12時まで

枝光南市民センター 和室(大)2階



今回はなんと、普段頑張っているお母さん達にスタッフの一人によるハンドマッサージを行います~★

人数が多いと時間は短くなってしまうかもしれませんが、それでも少しでも癒されてもらえればなと思います!

夏休みなので、上のお子さんたちも是非どうぞ~!

H27年度柳川での出張おしゃべりサロン①

7月11日 土曜日
柳川での今年度1回目の出張おしゃべりサロンを行いました。
今回も会場は柳川市の水の郷、そして、柳川リハビリテーション学院の言語聴覚学科の学生さんたちがたくさんお手伝いに来てくださいました。

IMG_3218a.jpg
(この絵、なんと漫画家のアシスタントをしてます(した?)、という学生さんが書いてくれました)

今回のレポートは新スタッフさんですよ~。



初めましてのおかあさんがいらっしゃらなかったのは残念ですが、たくさんの学生さんたちに来ていただいて、預ける身としてはありがたかったです!安心して子供を見ていただけました。
IMG_3213a.jpgIMG_3226a.jpg

今回は、そういった事情もあり、リハビリについて。というトークテーマ。私にとっては初めてだったのですが、実はリハの話、したことあったんでしょか?ママたちだけの雑談が多くて、皆の前で改めてしたことはなかった気がします。
IMG_3221a.jpg


PT、OT、STそれぞれに話したいネタはありましたが、STの卵さんたちがいたのもあって、0歳時から始まったSTの様子を話しました。

首が据わらないうちの子の離乳食の時。椅子には座らせられないし、専用の椅子もまだ無い頃。腱鞘炎がひどくて、抱っこで食べさせられなくてとても困っていたら、壁に寄りかかり足で抱っこして顎を引かせる姿勢管理を、先生に叩き込まれたこと。
姿勢を整えたら、上顎と舌がゆっくりとではあったけど正しい位置にきて、咀嚼の発達を促せたこと。そこから口腔周りを鍛える為に、やってきたことなど。もっと教えてほしかったことなど、話してみました。

もし、あの時、足での抱っこ、顎の位置などを教わらなかったら、どうなっていたかな。むせる姿勢で食べさせていたかもしれない。

話せなかった話。
その後、摂食とコミュニケーションを組み合わせたリハに進みました。そこで、コミュニケーションの基礎も習いました。構音障害がでることを想定した内容も一通り。当時は並行していろいろやっていました。
今にして思えば、リハを受けてたのは子ではなくて、母である私だったんだな。としみじみ思います。

リハを始めたばかりで不安な人はいると思う。こういうものなのか、これでいいのか疑問に思っているママも。
待ちの期間が長くて焦るママも。専門家に見せたくてたまらなくて、孤独で、何かできることはないかと毎日一生懸命な気持ち。

家族の思い、リハに行き着くまでの思いが、学生さんたちに、伝わってくれたら嬉しいな。

そうはいっても。
実際は、一筋縄ではいかないし、子供は遊びながらじゃないとリハもやらないし!先生て本当に大変だなあ!
私たちは、元々強かったわけではなく、必要に迫られて、手探りでやってきただけなんやと思う。
少しでも小児分野に来てくれますように!!

by*MARI*


Nっ子 出張おしゃべりサロン in 柳川に今回初めて参加してきました。
高速利用で、片道1時間ほどの娘とのドライブ。
あいにくの曇り空のお天気でしたが、ほぼ予定通りの到着。
初めての場所だったけど、迷うことなく無事に着き…会場へ入ると、すでに柳川リハビリテーション学院の学生さんが、会場設定してくださっており、娘もすぐ遊びの中へ。

娘ひとりに対して5〜6人のボランティアさんがついてくれて、いたせりつくせり♡本人もすごく楽しそうで、隣の部屋で時折、娘の笑い声が漏れて聞こえてました!
IMG_3189a.jpg
IMG_3210a.jpg

昨年の秋の定例会で、柳川リハビリテーション学院の先生のお話しを聞いていて、強く心に響いていました。
今回の再会は、また何か新たな発見があるかなぁ〜って期待しつつ(笑)

その先生の元で勉強されてる学生さん達。
近い将来、STになろうと、志し高く、私達の話を真剣に聞いてくれていました。

今回は、リハビリを受ける患者やその親である私たちの気持ちに寄り添って欲しいってそういう希望を元に、リハビリに対する思いを、ツラツラと、経験も交えてお話してきました。

ウチの場合は、まだリハビリを始めて3ヶ月足らずなので、どうこう語れるレベルではないのですが…。リハビリに至るまでの経緯をお話ししました。
まず、大学病院から紹介状を書いてもらうのですが、そこまでの主治医とのやりとり。
1歳6ヶ月の検診時に、言葉の遅れが気になると伝えるも、主治医はまだ早いんじゃないか、もう少し様子みたら…との返答。
とりあえず紹介状を書いてもらい、リハビリの専門施設での予約取り。
結局、最初の診察までに半年待ちの状態。

その間も、母親としては焦りや不安があり、どうしたら言葉が出るようになるのかを探る日々。

いざ6ヶ月待って、始まったのはPTとOT。言語療法も受けさせたい!!…のに、これは、まだ早いとのリハビリ病院のお医者さまの判断。
もちろんPTもOTも大事だけど、まぁ、焦らずにリハビリの先生に従っていこうと思いながら、なんとなく過ぎた3ヶ月。

そろそろSTもはじめましょうかね〜って話が最近、チラホラ。
でも具体的な話は出てきていません。

そんな中で、先輩ママ達の話。
早すぎることはない!!

たしかに娘もこの3ヶ月で、少しずつ言葉も出るようになり、聞きづらいけど、何とか言葉を発してるっていう姿が見えてきています。

主治医は早すぎるって言ってたけど、実質6ヶ月待ちの空白の時間と、リハビリが始まっての3ヶ月。
明らかに成長がみられるのは、リハビリのおかげだと思います。
だったら、STも早く受けたい、受けさせたい。
今はそんな気持ちです。

リハビリをうけるまでの、病院や関連施設の流れなども、学生さん達はまだまだ知らないことだらけだったようでした。
将来のSTになる先生たちへの要望…こんな親も居るんだって、多少、びっくりされたかもしれませんが(笑)
専門的なことももちろん、そういった行政との関連やその子にあった療育とは何か、これから学んでいく中で、私たちの思いを心に留めておいてくれると有難いかなと思いました。

帰りは、スタッフYさんが予約してくださったうなぎ屋さんで、お昼ごはん。
少し濃いめな味付けだったけど、娘もバクバク食べて、母子ともに堪能しました🎶
昼どきから少しズレていたけど、そんなに混雑してなく、車椅子でも入れ、テーブルも間隔があり、隣とそんなに近くなく、程よい空間でした。
帰りは雨も降ってきたけど、クルマの中で夢見ごこちな娘とのんびりドライブして、帰ってきました🎶

by ななたんママ




親子離れてのトークのあとは、親子遊び。
IMG_3229a.jpgIMG_3232a.jpgIMG_3241a.jpg
今年の学生さんの中に、音楽療法士として社会人経験のある方も!!

最後にみんなでハイポーズ(^^)
IMG_3251a.jpg

また11月にお会いしましょう!
今回、行事などと重なって参加できなかった方も11月お待ちしています。


【 2015/07/11 (Sat) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム