Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

地域医療連携周産期フォーラムに参加してきました

1月29日 水曜日

福岡徳洲会病院が主催しての地域医療連携周産期フォーラムに出席してきました。
夕方からの開催だったので、我が子二人はカンガルースタッフのお宅でお留守番。

院内の小児科・産婦人科・事務方の方々、各自治体の母子保健担当の保健師・助産師、それに加え地域の産科病院の方々が出席されての第1回目となる今回のフォーラム。

なんとちょこっとだけご挨拶することに・・・。出席者約60名。たくさんの方が集まっていたのでちょっとドギマギ。

保健師さん方は、あちこちでお顔を合わせていて知っている方も多かったのですが、地域の産科病院の方は初対面。つまり、カンガルーの親子のことをご存じない方ばかりです。会の紹介をした資料などを配らせていただきました。

病院側からNICUの現状についてのお話のあと、今回のメインテーマである母乳育児の病院の取組についてのご報告、そして、意見交換が行われました。

途中、地域の保健師さんから出た質問に対し、「そういう質問ならお母さんに聞いたほうがいいでしょう」と県の顔見知りの助産師さんに振られたりもしました(もう、タジタジですっっ)。

もちろん、親としての気持ちをしっかりとお伝えしてきました。

母乳に関する取材やアンケートなどに協力した際に会のみんなからもらった声をまとめたものを持ってくればよかったと後悔でした。だって、まさか発言するとは思わなかったしね。



実は今回、このフォーラムに合わせ、NICU廊下の前に、写真展のパネルを展示させていただきました。
フォーラム後のNICU内の見学の際、写真を見ていただきたいからと、看護師長さんからの提案です。
(日曜日に別のスタッフが設置に行ってくれました。ありがとう)


NICU見学には多くの産科病院の看護師さんたちが行かれたようです。
20140130.jpg


地域の産婦人科の方は、母体搬送、または生まれたばかりの調子が悪い赤ちゃんを送り出したあと、お母さんと赤ちゃんのその後の様子をなかなか知る機会がないものらしいです。「ここがNICUなんだ」との声が聞こえてきたので、送り出したあと産科病院の方がNICUに来るということはないものですよね。たしかに。


出産前後の地域の病院、そして、母体搬送やNICUでお世話になる周産期センター、地域で母子を支える役目を担う行政の保健師さん。そこに私たち当事者が先輩ママとして関わり、不安でいっぱいのお母さん、ご家族を支えていけたらなと改めて思いました。

NICUの廊下では、以前、院内での写真展のときにお話をしたお母さんが私の姿を見つけて声をかけてくださいました。嬉しいですね。

いろいろな立場の方が顔をあわせてつながっていく。大事ですね。
このフォーラムが地域にしっかりと根付いていきますように。

NICU廊下前の写真は日曜日の朝撤去まで、展示しています。
面会のご家族の目に留まるといいな。

みそらママさん、撤去もよろしくお願いしま~す!




by 万
スポンサーサイト
【 2014/01/29 (Wed) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(0)

観劇会@福岡こども短大 開催しました

1月25日 日曜日
福岡こども短大の劇あそび研究会の教室にて、今年度も観劇会を行いました。

週半ばの雪・雪・雪の大寒波から一転、暖かな朝に救われました。
あんな大雪だったら、短大までみんなが来るの大変ですからね。

雨の天気予報にドキドキしながら、朝を迎えましたが、なんとかお天気も恵まれました(帰るころに少し降り出したけど・・・)

暖かくなったとはいえ、やっぱり直前に「お熱出ました」、そして「骨折しました」の欠席連絡が相次ぎました。

短大玄関には、研究会の学生のみなさんがずらりと並んでお出迎えしてくださいました。

201401025-2.jpg20140125-1.jpg

3階まで、小さなお友達を抱っこや手を引いて上がってくれ、たくさんの荷物や車椅子やバギーもあっという間にみんなで手分けして運び上げてくださいました。

お母さんが受付を済ませる間もなく、子どもたちは早速お兄さん、お姉さんに遊んでもらってます。

IMG_0025a.jpgIMG_0032a.jpg

さぁ、みんな集まったので、いよいよ観劇会開始で~す。
午前の部は2年生による「かちかち山」

まずは1年生が出てきて、手遊び、そして劇へと誘導・・・。
1年生、かなりのドキドキ!!!がんばれ、未来の先生!!!
IMG_0038a.jpg

みんな真剣に見ています。お姉さんのお膝の上で見ているお友達もたくさん。
IMG_0081a.jpgIMG_0045a.jpg

お昼ごはんはみんなで教室で食べました。教室ピクニックですね(^^)

IMG_0089a.jpgIMG_0091a.jpg


お昼ごはんを食べて、休憩時間に遊んでもらったら、午後の部の開始です。
午後から参加のお友達も何人かいました。

午後は2年生が、テンションあがってる子どもたちをうまく誘導して集合をかけてくれました。そして手遊びからスタートです。子どもたちも手を持ってもらったりして一緒にやってました。

IMG_0103a.jpgIMG_0109a.jpg

午後は1年生による「はだかの王様」。
楽しい演出にみんな大きな声で笑ってました。

IMG_0129a.jpgIMG_0127a.jpg

お礼をカンガルーNっ子メンズ2人から。
初めての観劇会のとき、この二人はまだ赤ちゃん顔してたのに、もうすっかりお兄さん顔です。

IMG_0143a.jpgIMG_0144a.jpg

プレゼントを誰に渡すかは・・・彼らの心の中。
一生懸命アピールしたにもかかわらず、振られちゃったお兄さんとお姉さん?!
しっかりとプレゼンターをつとめてくれた2人でした。


劇なんかよりも気になるものがたくさんの子どもたちがいたり
IMG_0116a.jpgIMG_0043a.jpg

遊び疲れ果てて寝ちゃったお友達や、もっと遊びたくて帰りたくない子どもたがいたり。
IMG_0152a.jpgIMG_0146a.jpg


子どもたちにとってパラダイスの教室でした。

じっとしていない我が子に「ちゃんと座って見てくれない」と気にしていている初参加のお母さんの心を感じていました。

カンガルーに来たら、「じっとして」「ちゃんとして」と我が子を追い掛け回さなくてもいいですよ。ちゃんと誰かが見守ってくれていますから。

この観劇会は、一般の劇場での観劇が難しい子どもたちにも、ウロウロしても、泣いても、車椅子やバギーでも、寝転がってもOK、自由に楽しく劇を見るという体験を子どもたちにさせたいという想いでスタートしたものです。

そんな想いをくみ取ってくださり、研究会の先生から「毎年、やりましょう!」と今年も開催することができたのです。

「来年も遊びに来てくださいね」の言葉に見送ってもらい、また1階までたくさんの荷物と車いすを下してもらって解散となりました。


学生のみなさんには、
この日、集まった子どたちはいろいろな理由でNICUで人生をスタートしたこと。そして、その陰で我慢をしたり、応援したりと頑張ってきた兄弟たちが来ていることをお伝えしました。
そんな子供たちの想いを受け止めて、いっぱいいっぱい楽しく遊んでくださった1日だったと思います。

2年生はこの観劇会が研究会生として最後の活動。
春からはいよいよ保育園や幼稚園や施設などで社会人としてスタートします。うん、みなさんなら、素敵な先生になれますよ!!

だって、子どもたちがこんなにいっぱい笑顔になった1日なんだもの(^^)

「帰りたくな~い」って大騒ぎだったんんですから。

今回も短大OGがボランティアで駆けつけてくれました。いつもありがとう。
こうやって卒業してもカンガルーとつながってくれる学生さんたちが続くといいなぁぁ、

3月30日のお花見会にはぜひまたボランティアで来てくださいっっ(・・・しっかりアピールしとこ)

by万

【 2014/01/25 (Sat) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

第3回 さんさん広場開催しました

1月20日月曜日
第三回さんさん広場開催です。

sunsun3-201401.jpg


今回も三組六人参加の内、Nっ子は2人でした。


本日は、療育センターの通院の話から始まりました。
いつから始めるか、頻度はどのくらいか、費用はどのくらいかかるのか等自分の知っている情報を交換し合いました。
既に通園をスタートしているNっ子がいるので、次回のさんさん広場でまた新たな情報交換が出来ればいいなと思います。


次に話題に上がったのは斜視です。
Nっ子にはよく見られる症状の一つですね。
我が子も斜視治療中なので、参考になればと思い色々お話しました。

そして、途中から館長さんがお話しに寄って下さいました。
久しぶりにお会いしたので、成長している事をとても喜んでくれました。
こども達も館長さんが来て、とても喜んでいました。別れ際一人が行かないでーと後追いしながら号泣…微笑ましかったです。


後は食事の面、酸素、歯の事など悩みを打ち明けたり、情報交換満載のさんさん広場でした。



さんさんっ子の周知にはもう少し時間がかかりそうですが、マイペースに活動して行こうと思います。



次回は3月17日月曜日の10時から12時の予定です。
お子さんの体調が良く、お時間がある方は是非ご参加下さい!
もちろんお子さん無しでも構いませんよー!

byたえ

H26年1月度遊びの広場のご報告

1月16日 定例会の後は遊びの広場。

午前中の定例会は、園や就学しているお母さん方が多く、ほとんどがお迎えなどで帰宅。

一転、午後の遊びの広場から0歳~就園を直前に控えた未就園児のお友達が集まりました。

この日、筑豊方面からカンガルーの親子に初めて遊びに来てくれたお友達もいましたよ。

7か月、修正で4か月の女の子。

近くに1000g未満で生まれたお友達がいなくて・・・とNICUを退院したあと、お家での育児の寂しさと不安と、そんな不安や相談事も、気軽に誰にも相談できなかったことをお話してくれました。


数日前に問合せのお電話をいただき、「行きます!」とおっしゃってくれたお母さんでした。

定例会が終わった会場に顔を出してくれたところから始まったのですが、たくさんの先輩ママたちが自然と声をかけてくれていました。・・・これがカンガルーの親子の良き伝統になってるなと嬉しく思いました。

そして、あそこも、ここも1000g未満で産んだのよ!という言葉に驚いていらっしゃったようです。同じ1000g未満の仲間がこんなにたくさんいる!って・・・驚きですよね。


さて、のんびりとお昼ごはんを食べ、ほどなく子育て支援センターの保育の先生の時間。

20140116-1.jpg20140116-2.jpg

体調が戻ったのでと久しぶりに遊びに来てくれたお友達。すっかりお姉ちゃんの顔になっていてビックリ。
春からは幼稚園に通い始めることが決まったそうです。

一人遊び専門だった子たちが、いつの間にか他の子と関わって遊ぶ姿を見せてくれるのも、嬉しい成長の証ですね。

そうかと思うと、年末年始の間に、ずいぶん首がしっかりと座るようになったお友達もいて、姿勢が安定し視界が変わったのか、反応がすごく早くなり、表情が豊かになった様子も嬉しく思いました。

20140116-3.jpg

そうそうずっと遊びの広場に来てくれていた男の子たちも、春からの幼稚園が決まり、このところ就園準備(未就園児クラスに行ってるのかな?)で顔を見ていないのは、さびしいなぁぁ。

春になると遊びに来てくれるお友達の顔ぶれもまた変わるんだろうぁ。

今は寒いからとお家専門で過ごしている小さなNっ子ちゃんたち~!春になったら遊びに来てくださいね、お待ちしています!!!

夏休みにはきっと就園・就学したお兄ちゃん、お姉ちゃんも合流しての賑やかな遊びの広場になるんだろうなぁ、と今から想像してニタニタしている万でした。

by万
【 2014/01/17 (Fri) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

H26年1月度定例会のご報告

1月16日 いきいき情報センターにて定例会を行いました。

今月は田中真佐美さんをお招きしての講話でした。
真佐美さんは1240gの早産による極低出生体重児。双子の姉として誕生。

つまり、私たちカンガルーの親子 Nっ子ちゃんの大先輩なのです。


真佐美さんは脳性まひ。電動車椅子で大学に単独通学をされ、現在は卒業し、こうやって講演会活動や生活支援協力員としてお仕事をされています。とても素敵な女性です。
この日は、介助の方とお母様と3人で会場にお越しくださいました。

IMG_0005a.jpg

今回は主に就園以上のお子さんをお持ちのお父さん、お母さん13組、そして、保健所の方、いつもボランティアに来てくださっている方でお話を伺いました。

テーマは「これまでの歩み」

就学前の訓練や手術のこと
双子の妹さんのこと
小・中・高と通った特別支援学校のこと
大学進学のこと
大学生活のこと
社会人になってからのこと

そして、両親に感謝していること

約1時間にまとめてお話いただきました。

IMG_0001a_20140117133950594.jpgIMG_0015a.jpg

大学まで2時間を掛けて通学されていた様子も、写真を交えてお話してくださいました。
IMG_0017a.jpg


そして残りの時間を質問などさらに参加者とやり取りをしながらお話をしていただき、あっというまの1時間半でした。

お母さんへの想い
障がいのある自分と障害のない妹
社会への想い
その他のいろいろな葛藤や想い

真佐美さんのひとつ、ひとつの言葉にとても真剣に耳を傾けていた参加者。

いろいろな言葉が、それぞれの心に響いていたことと思います。

今回、参加された親御さん、お子さんが肢体不自由児という方も多く、また双子のお子さんをお持ちの方もいらっしゃいました。きっと我が子と重ねながら、色々な想いが巡っていたことと思います。

みなさん、目が真っ赤。質問をしたくても、言葉を発したら、決壊する・・・だから質問できない。みなさん、そんな感じでした。

今回は真佐美さんが講師。だから、本当はお話いただくべきではなかったのかもしれませんが、お母様から、同じく早産をされた大先輩ママとして子育て真っ最中のカンガルーママたちにエールのお言葉をいただきました。

会場にはカンガルーパパも。お母さん、お母さん・・・の話題ばかりでは、と思い、真佐美さんに突然、お父さんにもメッセージをお願いしました。

自分のお母さんがいる前にちょっと言いにくそうにしてらっしゃいましたが、お母さんとは違った角度、目線から見てくれていて、背中を押してもらったことなど通して、とても素敵なメッセージをいただきました。


最後の最後に、

「お父さん、お母さんが人生を楽しんでいれば、子どもたちもその楽しさが伝わっていくので、毎日を楽しんで、自分らしく生きてほしい」

という真佐美さんからのメッセージ。

そう、考えすぎず、親も親自身の人生を、自分らしく楽しく生きる!
そのことが子どもたちにとって大事なことなんだと。


今の自分をとても幸せだと感じている真佐美さん。

それはそのまんま、「早産したかもしれない、小さく生まれたかもしれない、障がいや病気が残ったかもしれない」でも、「私、生まれてきて幸せなんだよ」 そう、我が子に言ってもらっているようでした。
私にはそんな風に聞こえました。


子ども目線でのお話が聞けたこと、とても大きな意味があったなと感じています。


最後にみんなで真佐美さんを囲んで記念写真!
IMG_0023a.jpg

素敵な出会い、ありがとうございました。

by万
【 2014/01/17 (Fri) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

01/16のツイートまとめ

kangaroo_oyako

寒い朝ですね。でも青空でよかった(^o^) 本日10時半〜定例会。午後1時〜遊びの広場です。定例会は田中真佐美さんの講話です!!参加のみなさま、気をつけてお越しください。 http://t.co/wrc5ySem9g
01-16 09:23

【 2014/01/17 (Fri) 】 twitter | TB(0) | CM(0)

倉庫のお引っ越し&大掃除

1月14日 倉庫のお引越しと掃除、そして引き続きスタッフミーティングの一日でした。

それまで賃貸で借りていた倉庫を引き払うため、まずはスタッフ四人、中の荷物を整理し、搬出し、お掃除!


マスク、軍手の完全装備でまるでどこぞのお掃除屋さんのおばちゃん集団。

いつの間にかすごい量の荷物になっちゃってました。
さぁ、断捨離、断捨離!!!!

!cid_03790606-7313-43E9-A421-C9CC935E8850.jpg!cid_8A9A4A7B-A52E-4F49-A7E8-D80A11E64D88.jpg

半ばストレス発散??のように、段ボールや破損パネルのフレームをバキバキ、ビリビリと細かく裁断。・・・もちろん、手で。

そして、大量のごみ!!!
すっきりしました。

ゴミをそのままゴミ処理場まで持っていくチームと

新しい倉庫に運搬するチームと別れて移動。

新しい倉庫では、他のスタッフも合流。

新しい倉庫は、日当たりも、風通しもバッチリ!何しろ心強い管理責任者在中ですから(^^)

引き続き、スタッフミーティング。

年末年始の帰省や旅行などのお土産のお菓子でいっぱい。
しかも、お引越ししたばかりの素敵なお家ということもあり、まるでカフェ。
お昼ごはんのことをすっかり忘れていた万は、お昼ごはんまで作ってもらうという大失態。(みんなは買ったり、作ったりして持ってきてた)

ちなみにミーティング会場は、今回の倉庫オーナーのお宅です。


もちろん、ミーティングも食べて飲んで、しながらばっちり進めましたよ!


1月度の、定例会、遊びの広場、観劇会の確認。

それに加え、太宰府のこどもまつりでのサークル紹介と徳洲会病院での周産期フォーラムでの会の紹介のお仕事も入ってきました。

2月、3月、そして来年度のことに目を向けつつ・・・。

3月末には恒例のお花見会をすることも!
ミーティング中にあちこち電話をして、3月30日(日)ということで、場所と日にちもおえましたよ!

よ~、働いた一日でした!!!

では、みなさま、定例会でお会いしましょう。


by万
【 2014/01/14 (Tue) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(0)

観劇会のご案内

新年あけましておめでとうございます・・・って松の内あけちゃってますね(汗)

今年もカンガルーの親子をよろしくお願いいたします。

2014年、まずは来週の定例会からスタートです。
今月は田中真佐美さんの講話です。
たくさんの方にお話を聞いていただきたいな~という内容です。(託児の申し込みは締め切らせていただいています。ご了承ください)
午後は引き続き遊びの広場です。

さて、1月はお楽しみもありますよ!

今年度も福岡こども短期大学 劇あそび研究会さんにお邪魔して劇を見せていただきますよ~!!

日にち: 1月25日(土)
時 間: 10時受付開始 14時半頃終了
場 所: 福岡こども短期大学 306号教室
参加費: 運営費として1家族300円
 


当日のスケジュール
  10:00~10:30  受付
  午前     劇①
  12:00~13:00  昼食・休憩・交流会
  午後     劇②
  14:30~  終了 さようなら


※当日は、お弁当やお茶など昼食をご持参ください。(校内で購入はできません)
※校舎内は土足厳禁です。スリッパや上靴をご持参くだい。
※教室への車いす、座位保持目的のベビーカーの持込みOKです。
※エレベーターがないのでみんなで荷物を上げます!!
※午前のみ、午後のみの参加でもOKです。
※お子様の安全確保と学生さんによる荷物運搬のお手伝いをお願いするため参加ご希望の方は事前にメールにてお知らせください。

その他、各自必要なもの。

尚、今回は土曜日につき医療ボランティアの予定はありません。



寝転んで見ても、歩き回って見てもOK。もちろん車いすやバギーに乗ったままでもOK。
Nっ子ちゃんが入院中で、なかなかお出かけできないお兄ちゃん、お姉ちゃんとの参加もOK。
短大のおにいさん、おねえさんの劇を見たり、一緒に遊んだり、お弁当を食べたりして楽しい一日を過ごしましょう!
たくさんのお友達やご家族との出会い・つながりもココで見つけてくださいね。

一緒に人形劇を楽しみませんか?

もちろん、カンガルーの親子登録メンバー以外のNっ子ちゃんご家族の参加ももちろんOKですよ。

参加申し込みは事務局まで
✉ n-kan-oyako★qm.moo.jp (メールの際、★を@にかえてください)
         ※安全確保のためお子様の状況をお知らせくださいね

by万

2014年1月度のご案内

1月いっぱい、この記事がトップにきます。下に新しい記事が更新されますのです見逃さないでね!!

各イベントの参加希望の連絡、会へのお問い合わせにつきましては、事務局メールn-kan-oyako★qm.moo.jp まで(送信の際は★マークを@にかえてください)

ブログの更新・つぶやき・緊急のお知らせなどfacebook、Twitter、mixiページでチェックできます!!

さて、1月度のご案内です。
尚、1月度は傾聴講座はお休みです。今年度の残りの講座は2月と3月の第1水曜日です。ご了承ください。


★1月14日(火)<倉庫引っ越し&スタッフミーティング>

★1月16日(木)10:30~12:00 <定例会>
【場所】太宰府いきいき情報センター 210 
【参加費】300円
【託児有り】正会員:無料/メール会員とビジターさん:500円

1月度は「田中真佐美さんの講話」です。
田中真佐美さんは低出生体重児の双子として誕生。脳性まひ。車椅子で大学に通い卒業。現在は、講演会活動、福祉アドバイザー、あいあいセンター生活支援員として活躍中。
今回は「これまでの歩み」」をテーマにお話しいただきます。きっとNっ子先輩として、先輩ママたちからの聞くお話しとは違う子供目線からのお話もお聞きすることができるのではと思っています。

※会場設営、資料作成の関係上、託児なしの方で参加希望の方は1月13日(月)までにお知らせください。
※今回は別室託児です。託児ご利用の方は、お子さんの名前と月齢年齢を記載のうえ、1月8日(水)までにお知らせください



★1月16日(木)13:00~15:30 <遊びの広場>

【場所】太宰府市いきいき情報センター ビガールーム
【参加費】100円

2時~子育て支援センターの先生による親子遊び。
希望の方は万によるタッチケア(お子さんへのマッサージ)タイム有。先生の親子遊びの後に予定しています。(各人のペースにあわせて)

★1月25日(土)10:30~14:00(予定)<観劇会@福岡こども短大>
【時 間】 10:30~14:00頃(予定)
【参加費】 300円
【会 場】 福岡こども短期大学 劇遊び研究会の教室
【持ってくるもの】お弁当、水筒、上靴やスリッパ

今年も福岡こども短大の劇遊び研究会の教室にお邪魔して観劇会を行います。
午前中にひとつ。そしてお昼ご飯を学生さんも一緒に食べ、午後にもうひとつ観劇。

詳細決定後、改めてお知らせいたします。ぜひスケジュールを開けておいてくださいね。


--------------------------------------------------------------------------------

カンガルーの親子の集まりは、すべて会員登録していない方もご参加できます。
(会員登録は連絡などをスムーズに行うため、お子様の安全面の考慮、相談やアンケートの協力・・・というのが目的なのです)

お友達で気になっている方がいらっしゃいましたら、
「気軽に遊びに来てくださいね!」ってお声掛けくださ~い

プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム