Nっ子クラブ カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

06/29のツイートまとめ

kangaroo_oyako

カンガルー登録メンバーさんに、先程2通のメールを一斉配信しました。受信エラーがあった方はお知らせください。またメール履歴をmixi内コミュニティとfacebookのグループに残しておきますね。
06-29 15:34

スポンサーサイト
【 2012/06/30 (Sat) 】 twitter | TB(0) | CM(0)

06/28のツイートまとめ

kangaroo_oyako

今月のスタッフミーティング終了。打合せよりお喋りのほうが楽しい(*^^*)もちろん、ちゃんと大切なことは話し合いましたよ!
06-28 14:55

【 2012/06/29 (Fri) 】 twitter | TB(0) | CM(0)

06/21のツイートまとめ

kangaroo_oyako

台風5号も低気圧に変わり、現在、筑紫野、太​宰府は傘をさしてる人がいたり、いなかったりの雨です。本日21​日10時半から太宰府市いきいき情報センターにて予​定通り「定例会」を行います。足元に気をつけてお越しください。​午後1時から引き続き「遊びの広場」です。
06-21 08:18

【 2012/06/22 (Fri) 】 twitter | TB(0) | CM(0)

6月度定例会「就学についての学習会」 

6月21日 木曜日 6月度定例会を行いました。

今月のテーマは「就学について」 。このテーマ、実に関心が高く、カンガルーの親子メンバーだけでなく、療育先のお友達なども多数参加。会場は満員でした。
P1050853.jpg 
講師は大学教授で臨床心理士のT先生。いつも学生ボランティアの募集などでお世話になっている先生です。学校などの相談員、スクールカウンセラーなどもされていて、乳幼児から小中高生、そして成人までと守備範囲の広い先生です。

そんな臨床心理士としての経験、そしてご自身の子育てからくる経験を交えながら、テンポよくお話をしていただきました。
時折参加者から笑いも起きる・・・とっても中身の濃い1時間半でした。

参加者も1歳のNっ子ママから、本格的に就学を考える時期の方、今年1年生、5年生、高校生のNっ子ママまでお子さんの年齢の幅もかなりありました。それでも、それぞれのお母さんが、それぞれの立場に応じた何かしらの「キーワード」を見つけることができた時間だったのではないかなと思います。
しかも、時折、参加者から笑いが起きる・・・。そんなお話ができる講師の先生には脱帽です。

まずは先生のお話の覚え書き。
*学校に行くということはどういうことか
  学校と保育所、幼稚園など園の違い
  「教科」があるということ
  学校や先生方にはたくさんの基準・達成目標がある
  学校は先生の目の届かない時間が多くなる場所であること

*送り出す保育園や幼稚園の先生方と迎え入れる学校の先生方の「この子」に対する認識のズレ

*学校の先生方から実際に受ける子供たちに関する相談内容

*保護者が「我が子」に身につけてほしいこと学校の先生が「この子」に身につけさせたいことのズレ

*幼稚園の年長児さんはその子の現時点での最高の状態であること
 小学校にあがるとそのまま継続的には伸びず、一旦落ちると思っていたほうがいい
 子供は小学校という新しい環境、先生、友達にとても戸惑ったところから始まるから

*学校は、45分座っていれる子=支障のない子、問題のない子と捉えがち
  ただ座っているだけのこともあるので注意

*IQ、発達の問題・関係性、集団、社会性、コミュニケーションの力 のこと

*ここ数年、低学年は支援学級だった子が高学年から普通学級へ戻るケースが出てきている
  1,2年生を支援学級でゆっくり学校、環境、行事などに慣れ、伸びた子もいる

*就学時検診、判定会議、判定基準(支援学校と支援学級、支援学級と普通学級の基準)といった具体的なお話
  判定会議はあくまでも書類の数値でのみ判定が出る。そこから具体的な話し合いを。
 

*モノマネで上手くきてた子もいるが、モノマネが通用するのは1年生まで
  その後は自分で考えることが必要
  ゆっくりじっくり自分で考えることのできる場所を選んであげることが大切
 
  学習は内容が概念的な学習が増える4年生以降グッと難しくなる
先生から、
「学校」はその子の人生にとってあくまでも通過地点であるということを覚えていてほしい
という言葉もありました。

目指すべきところは、子供が将来どんな大人になってほしいか。何を目標にしていくかをぶれずに大局的に見ていくことが親の役目だというお話でした。

その後、お母さん方から出てきた質問にも丁寧にお答えいただきました。
質問の合間には、実際に今年1年生に上がったお母さん方に、就学までにどんな感じだったかもお話していただきました。
早産未熟児さんは、療育に行くまでもなかったお子さんでも、果たしてちゃんとついていけるのだろうか、発達が追いついているんだろうかと、問題になることはないのだろうかと、やっぱり就学・入学はかなり心配で気になること。
障がいが残っていなくても、体格や体力の差が気になったり、未熟児網膜症で近視、眼鏡という問題もあったりするようですね。

先生のお話には、成長や発達に心配な子供たちの就学のお話だけでなく、兄弟児たち含めた子育てにとっても大切なエッセンスがたくさん詰まっていました。

ある事例を引きながら、「子供たちは一人一人ちゃんと解決策を持っているのだ」と言うお話もしてくださいました。
子供が持っている解決策を大人は知らないだけ。大人が新しい解決策をドンドン与えるよりも、「どうしてるの?」と聞いていくほうが、その子のやれること、やっていることが出てくる。そして、「素敵な方法を見つけたんだね。いい方法だね」と褒めてあげるほうが先に進む。「こういうしたほうがいいよ」と言われると、子供には否定にしか聞こえない。
リスクのある子、心配な子でも解決するために自分でなんとかしている。話ができる子はしっかりそのお話を聞き、お話が出来ない子ならしっかり観察してあげる。日常的にお母さんがそうしてあげ、受け止めてあげることができたら、子供は楽になる。
子育ては「植物モデル」というお話も、みなさん、ウンウンと聞いていらっしゃいました。
子育ては飼育ではない。もともとある球根、私たちにはわからないけれど最初から何色の花が咲くかは決まっている。その決まっている物をいかにすべてを出し、綺麗に咲かせるか。
赤い花が咲く予定のものを勝手に白い花を咲かせようとするのは大間違い。どんな花が咲くんだろうとよく観察して、適切な時に、適切な量の水をやり、陽をあて、肥料を与える。必要な物をちゃんと補充して、出せるものを全部出せるかどうか。
小学校はまだまだ先というお母さんには運筆の練習の仕方、筆圧が弱い間は、クレヨンよりクレパスで描くことのほうが子供にとって分かりやすく面白いという話や提案もありました。他にもいろいろな質問、悩みに対して先生の体験を交えた具体的な提案をいただきました。

もっともっと、先生の子育て体験談を・・・という空気に包まれていましたが(今回のテーマは1いったいなんだ?)1時間半の学習会はあっという間に終了。
(実際にはここに書いた以上のたくさんのメッセージがたくさんたくさんありましたよ)

学習会終了後も、個別に先生に相談をされているお母さんが途切れませんでした。

先生のお話を聞いて、何かしらつまづきのある子も、何の心配のない子も、丁寧に丁寧に水やりをしながら子育てをしていきたいなと思いました。

参加者のみなさんは先生のどんな言葉が心に響いていますか?



来月の定例会は7月19日、母子同室でフリートークを予定しています。
その日の参加者でテーマが決まる?!いろんなお話ができたらいいなと思います。


by万
【 2012/06/21 (Thu) 】 事業報告 | TB(1) | CM(0)

06/19のツイートまとめ

kangaroo_oyako

本日、10時からメイトム宗像にて「虹っ子広場」です。台風、最悪のコースにはならずにすんでるようですが、雨は残ってます。みなさん、気をつけてお越しください。私たちスタッフも会場に向けて出発します。
06-19 09:02

【 2012/06/20 (Wed) 】 twitter | TB(0) | CM(0)

6月の虹っ子広場

6月19日 火曜日 
メイトム宗像にて6月度の虹っ子広場を開催しました。

開催日まで台風の動きが気になる1週間を過ごしましたが、最悪のコースは反れ、梅雨の雨程度のお天気となりました。(台風の進路に当たり被害の出た所はお見舞い申し上げます)

そんな雨交じりのお天気でしたが、いつも集ってきてくれる子供たちが来てくれました。

いつものように「ととけっこうさん」の親子遊び、絵本の読み聞かせ。
DSC_0103a.jpg

季節感いっぱいの歌や絵本を楽しみました。
ボクも一緒に「ピョーン!」・・・カエルさんがピョーンのページを映したかったよ(泣)

1カ月、1カ月、歩くのが上手になっていたり、いたずらが上手になっていたり(箱をあけたりね)…私たちもその成長を見るのが楽しみです。

後半は、プチ・ピアカウンセリングをやってみました。

といっても、子供たちが遊ぶボールプールの周りに座り込んでのおしゃべりですけどね。

ルールは

同じテーマと時間を決めて順番に話す
ほかの人がしゃべっている間、話を遮らない
話す方も中身が支離滅裂になっても気にしないでお話してOK


ということで、いくつかのテーマで何周かしました。

話すこと、聞くことで、どんな自分の気持ちの隠れていた部分に気がついたという方も。

話したり、書いたりすることで、気持ちの整理ができるってことありますよね。

さぁ、梅雨空はまだまだ続きそうですが、元気いっぱいに過ごしていきましょう!
みんな来月も待ってるよ~!

by万

06/18のツイートまとめ

kangaroo_oyako

今日も雨の一日です。今週の週間天気予報はずっと雲と傘のマークが並んでます。それよりも気になるのは台風の動き。今週は火曜日の虹っ子、木曜日の定例会&遊びの広場のカンガルーウィーク。台風さん、どうかどっか... http://t.co/Eq2MzEt1 #mixipage
06-18 11:49

【 2012/06/19 (Tue) 】 twitter | TB(0) | CM(0)

保健センター訪問

ご報告が遅くなりましたが、5月末、福岡市のとある区の保健センターに訪問させていただきました。
その前の定例会や遊びの広場でのおしゃべりの中で、「実は福岡市内の保健師さんとのつながりがまだないんだよなぁ」という発言をしっかりと受け止めてくれたあるカンガルーのお母さんが、ご自分のご友人のつながりから、この区の子育て相談などを担当されている方につなげてくださったのです。

ということで、そのお母さんとNっ子くんと一緒に保健センターに訪問してきました。

保健センターでは、そのご友人がつなげてくださった子育て相談の担当の保健師さんと、未熟児養育医療の申請窓口、いわゆる低出生体重児を行政が一番最初に把握することになる担当部署の保健師さんと懇談させていただきました。

福岡市は政令指定都市なので、県の管轄ではありません。乳幼児養育医療の窓口など県の保健福祉環境事務所とも動きが違います。・・・だから、どこにどうしたらいいのかよくわからず今まで福岡市内に働きかけができないままでいたのもあるのですが。

よく県の保健環境福祉事務所が主催して行っている未熟児ママの教室などもやっていないという回答でした・・・ということは地域の中で同じ年の未熟児ママ同士が出会うということがない、ってこと?!
「病院にNICUの同窓会などあるでしょ?」ということもおっしゃっていたので、それで出産直後、NICUを卒業したばかりのお母さんのフォローは要らないという認識なのかなという印象もなきにしもあらず。実際には健師さんたちの仕事の量はとても多くて手が回らないというのが現実なのかもしれませんが。


一緒に行ってくださったお母さんも、当時、とても不安だったことや、カンガルーの親子のネットで調べて知り、それからの気持ちをお話してくださいました。


実際に、福岡市内在住のみなさん、どのようなフォローが行政からあり、また病院からありましたか?そして、どんなフォローが欲しかったですか?
上手くフォローしてもらった区の方は、どんなことが嬉しかったですか?


実際に、カンガルーの親子は、最近、福岡市内在住の方が増えてきています。病院のチラシ、ネット検索、お友達からの紹介という方がほとんどです。人口の多さからいうと本当はもっともっといらっしゃると思うのですが。

最後に保健師さんから、
「最近、1000g未満の気になるお子さんがつづいているんですよね・・・」
と、ポロり。

これって、資料を携えてお話をさせていただいた結果、私たちが怪しい団体、単純なサークル的な会ではないって認識してくださったって証?!


ここから新しいつながりに広がって行くと嬉しいなと思います。

「未熟児の集まりってありませんか?」というお母さん方の問い合わせに対し、「ありません」「知りません」ではなく、「Nっ子クラブ カンガルーの親子っていうのがあるみたいだよ。集まりは筑紫だけど、福岡市のお友達もたくさんいるらしいよ」って言ってもらえるようになると嬉しいですね。

「後輩ママのために私の区の保健センターにも!」という方、ぜひ、お声をかけてくださいね。

カンガルーの親子ができた最初の年は、こうやって子供を連れて仲間たちと、筑紫地区4市1町を会の説明に歩いた歩いたことを懐かしく思いだしました。

一緒に行ってくださったお母さん、Nっ子くん、ありがとうございました。
【 2012/06/18 (Mon) 】 運営スタッフの日々 | TB(1) | CM(0)

久々DNの会

6月16日 土曜日の夜、二日市某居酒屋さんにてDN(ダディNっ子)の会が行われました。
本当は、今回の幹事、うちの旦那さんにレポートをお願いしたいところでしたが、酔いつぶれて記憶なし!!
ということで、断片的に話してくれたことをつないでわたくしが・・・。

3月に予定していたDNの会。体調不良で急きょ中止にしてしまい、それから3カ月。その間に開催したのはいつ?本当に久しぶりのDNの会でした。

事前にはもっとのお父さんが出席予定だったようですが、働き盛りのお父さんたち、急な仕事などで一人減り、二人減り・・・当日は4人のお父さんの参加だったということです。

なかには、一滴もお酒を飲ま(めない)ないというお父さんも来ていらっしゃったということですが、解散はほぼ午前〇時頃。五時間近くを飲み、語りあったことになります。

何をどう語りあったのかは定かではありませんが・・・とにかく楽しかったようです。

共通事項は子供。そんなお父さんの集まりです。

もちろん、子どもの話だけをしていたわけではないでしょうが、わたくしが再起不能になるぐらいの「妻の悪口」「妻へのうっぷん晴らし話」を言われていないことだけを祈ってます。(←わたしってそんな悪妻?!)

また、二,三カ月後に集まりたいなぁぁ、と旦那は言っておりました。

・・・その前に、母たちの飲み会企画しても良いですか?おとうさまがた!お留守番をお願いいたします。
カンガルーのお母さんたちは、お父さんに子供の夕飯、お風呂、寝かしつけをしっかり伝授しておいてくださいね!(笑)

ちょっと小さめの靴をお探しの方へ

小さく産まれた子供たち、靴探しに困ってる・・・なんてことはありませんか?

娘は修正1歳ちょっとだった当時はまだまだ歩くことができなかったのですが、それでも立位の訓練用になるハイカットシューズをずいぶんと探したことを思い出します。
靴底と踵がしっかりしているく靴。しかもサイズ11cm。

これがなかなか見つからない。

先日のスタッフミーティングの時、NICUの看護師長さんから1通のお手紙をお預かりしました。

私たちがこの情報を持っていたほうが、必要としているより多くの人に情報が届くと思うからって。

この会社の方にもご連絡を取り、ホームページなどにご紹介すること、写真を転用することも快くOKをいただきましたので、お披露目です!

チョーチ・チョーチ ベビーシューズ
main16.jpg

未熟児ママが立ち上げた10,11,12cmの小さなサイズの外歩きができる靴の会社です。

嬉しいですよね~。
ちょっと遠いからネットショッピングになっちゃうでしょうけどね。

koshin6-4.jpg

靴関係の部署に配属されていたこともあり、靴の作り、サイズ選びの大切さは見に沁みています。
子供の靴だってないがしろにできません。
健康のため、成長のため、靴選びは大切ですもの。

title2.jpg

気になった方はホームページをのぞいてみてくださいね。
http://www.chochi-chochi.com/index.html

by万
【 2012/06/17 (Sun) 】 お知らせ | TB(1) | CM(0)
プロフィール

Nっ子クラブ カンガルーの親子

Author:Nっ子クラブ カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催する定例会、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

定例会・遊びの広場、写真展など日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム