Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

ご案内 12月度のカンガルーの親子

早い、早い。なんだかとっても暖かですが明日からもう12月、師走ですよ~。
さて、12月度のご案内です。

★12月2日(金)11:00~ 運営ミーティング 
場所:太宰府南コミュニティ

★12月7日(水)13:00~16:30 遊びの広場
場所:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム 
参加費:100円
時間内出入り自由のオープンスペース。未熟児病院仲間、療育先のお友達もご一緒にどうぞ

★12月11日(日)10:30~16:00ぐらい クリスマス会
場所:太宰府市南コミュニティセンター(太宰府南小学校内)
参加費:1000円(1家族)
持参するものなど若干の変更が生じています。2日のミーティングのあとに最新情報を発信いたします。

★12月15日(木)10:30~12:00 定例会
場所:太宰府市いきいき情報センター 
参加費:300円
12月は「ベビーサインって何だろう?&おしゃべり会」
講師:カンガルーのメンバーでもある土屋さんです(NPO法人日本ベビーサイン協会認定講師)

今回は託児室の確保ができなかったので分離託児はありません。お子さんと一緒にご参加ください。お母さんだけのご参加もぜひどうぞ!!
※会場設営、子ども達の見守り託児のため人数を把握したいと思います。参加予定の方は大人( )人、子供( )人を12月8日(木)までにn-kan-oyako@qm.moo.jp にお知らせください。

★12月15日(木)13:00~16:00 遊びの広場
場所:太宰府市いきいき情報センター ビガールーム 参加費:100円
時間内出入り自由のオープンスペース。未熟児病院仲間、療育先のお友達もご一緒にどうぞ

★12月20日(火)10:00~12:00 <虹っ子広場>
場所:メイトム宗像 和室 参加費:300円
プチ・クリスマス会です。

急に寒くなるという予報もありますので、風邪などひかれませんように。

by 万
スポンサーサイト

柳川 中川伸子先生の講演会にて

11月26日 柳川市三橋公民館にて中川伸子先生の講演会が行われました。
縁あって、この講演会に合わせカンガルーの親子の写真展も同時開催させていただきました。写真展の準備とそしてこの講演会にれいこさんと二人でいってきました。

さて、中川伸子先生は東京在住の言語聴覚士(ST)です。NHKの「すくすく教室」にも出演され、著書もたくさんある言語聴覚の世界ではとても名のある先生です。
今回の講演会は二部構成。
午前中は親子20組を対象としたこじんまりとした講演会。
SCN_0016_convert_20111014044927s_20111128035454.jpg
午後からは、ST、保健師、幼稚園や保育所の先生など対象とした大きな講演会。
SCN_0014_convert_20111014045058s_20111128035454.jpg

写真展は午前中の講演会に参加される方から見ていただけるように9時から設営開始。学生さんがお手伝いをしてくださりあっという間に設営完了です。
とてもゆっくりと見ていただけるレイアウトになりました。

午前中の講演会には柳川サロンに遊びに来て下さった方も多数参加されており、「元気~!!」「この前は~!!」ととってもいい雰囲気になりました。あの日をきっかけに同じ市内に住むことが分かった2組の親子さんがお友達になっていらっしゃったのが印象的でした。
P1020740.jpg
畳のお部屋での講演会・・というより学習会。とっても難しいお話をとっても分かりやすく伺うことができました。質問も飛び交いひとつひとつ丁寧に答えてくださいました。さらに終了後、中川先生は各親子さんの元に寄り添い声をかけていらっしゃる姿がとても素敵だなと思いながら拝見させていただきました。そこでもたくさんの質問が出ていたようです。
P1020741.jpg
柳川の出張サロンに来てくださった親子さん。その日は仕事でいらっしゃらなかったお父さんとご一緒に写真を見てくださっていました。

そして、もったいなくも講演会と講演会の間に中川先生とスタッフさん方の昼食会に入らせていただきました。いろいろな施設のSTの先生や幼稚園の先生などなどお話を伺うこともできました。

P1020742.jpg
午後からの講演会の前に写真展会場にもどんどん人が入っています。
この日来れなかった園の先生仲間に読ませたいからと文集を数冊持ち帰る方もいらっしゃいました。

中川先生も午前、午後の講演会の前に会場の写真を見て下さっていました。そして、お話もさせていただきました。
P1020743.jpgP1020744.jpg

著書の中にも触れられているからいいかな・・・と思って少し書きますが、先生ご自身、お二人のお子さんを早産されています。その時、病院や健診などで言われた一言にすごく傷ついた経験もお持ちです。
そして、ご自身も子どもの頃は感覚過敏で学校生活がとても苦痛だったそうです。そんなエピソードを交えながら講演会でした。だからなのかな、とっても難しい理論的な内容にも触れられていたのですが、とっても心の中に響きました。以前本で読んだり聞いたりしていたことは、こういうことだったのね、って納得した部分も多くありました。

撤収もお手伝いいただきあっという間に完了!!!

私自身、身も心もいろいろな意味でとても収穫大の一日になりました。

そして、写真展を見てくださった保健師さんや先生方から低出生体重児育児を一人で頑張っているお母さんの元にカンガルーの情報が発信されることもあるでしょう。

by万
【 2011/11/28 (Mon) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

学生ボランティアさんと打ち合わせ

11月21日。 この日、午後からスタッフのあゆ母さんと福岡こども短大に打ち合わせに行ってきました。
来月開催するクリスマス会にボランティアに来てくださる学生さんに会うためです。この短大さんとは人形劇観賞にお邪魔させていただいた以来のお付き合いです。昨年のカンガルーの親子3周年イベントにはたくさんの学生さんが来てくださいました。


そして、今回もボランティアをお願いしたところ、こちらが想定していた以上にたくさんの学生さんの手が上がったということ。嬉しい限りです。
先生方も交えて当日の流れやお願いしたいことなどの打ち合わせをしながらがら、この会がどんな会なのか、どんな子ども達が集まってくるのかなどをお話させていただきました。


幼稚園や保育所の先生、養護教諭を目指すという学生さんたち。1年生もすでに教科書では乳幼児の発達などは一通り勉強をされています。でも、その通りではない現実があります。
先生方もカンガルーの親子にボランティアらとして行くことが教科書では学べない実践の場として学生さんたちを送り出してくださることに感謝です。世の中、いろいろな子ども達がいますからね。

さて、先日の柳川での出張サロンでお手伝いをしてくださった学生の皆さんから感想文が届きました。20数名分、どっしりとありました。

この時、来てくれた学生さんたちは、言語聴覚士(ST)を目指す学生さんたち。私たちもとても助かりましたが、子ども達の保育ボランティアはとても意義深いものだったようです。

小さな子ども達と触れ合うことが初めてだった学生さん

教科書で習った児童心理の内容を実践してみた学生さん

一人で座れない、歩けない子どもを初めて身近にした学生さん

そして、言語聴覚士を目指す学生さんらしく、全く目が見ない子、視力が弱い子、年相応に言葉でのコミュニケーションが取れない子とどうやってコミュニケーションを取ろうかということを一生懸命に考え、実践し、感じたことがたくさん書かれていました。兄弟児さんたちのNっ子ちゃんたちへの関わり方はとても参考になったそうですよ。

この経験が、今後の学業とそして将来のより具体的な目標設定に役に立ってくれたら嬉しいなと思います。何より、子供専門のSTはもっともっと欲しいところなので、なってくれたら嬉しいな~。


こうやって学生さんたちに関わりを持ってもらうこと、これは会を立ち上げたころからの目標のひとつでした。

子ども達が大きくなったとき、そして、後に続くNっ子ちゃんたちが保育所や幼稚園、通園施設などどこかしらにに通うようになったときに、こうやって関わってくれた学生さんが現場にいてくれることがどんなに心強いか。

医師や看護師など医療系を目指す方も含め、子供たちに、そして、家族に寄り添ってくださる方が、学生の時代にこういう形で関わりを持つことで現場にどんどん増えいってくれると嬉しいなぁなんて・・・。

こんなこともいろいろ考えながらカンガルーの親子の活動を展開しています。

それよりもなによりも次のクリスマス会。

宗像から読み聞かせボランティアのあのねさんも来てくださいます。

赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃん世代まで、いろんな年代の人たちが集まってきっと楽しいクリスマス会になることでしょう。楽しみです。

たくさんのネットワーク、それをつないでくださった先生方に改めてお礼申し上げます。

肝心のクリスマス会・・・お米持参から「炊いたご飯」持参に変更。
このあたりの詳細のご連絡は、次のミーティングでつめたあとに会員用掲示板にてお知らせいたします。しばし、お待ちを~!!

by万
【 2011/11/21 (Mon) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(0)

11月の虹っ子広場

朝晩の気温差が激しいため風邪をひいたりと、
宗像でもRSが出たり、水ぼうそうがという話を耳にします。

11月15日 虹っ子広場を行いました。
5組の参加で、子供たちもあのねさんの顔を覚えたみたいで
抱っこされての泣かなくなりました。

絵本が来るとリクエストが、まずは親子遊び
かぼちゃを使って、お風呂の中での数え歌などをして
おまちかねの絵本の時間、みんな食い入るように見てました。

残りの時間は子供たちはあのねさんと一緒に
ママたちは近くにかかりつけ医をどうしたら良いのかや最近の近況を話していただきました。



次回の虹っ子はクリスマス会
したいと思います。

あのねさんもクリスマスバージョンで
予定では、エプロンシアター・紙芝居・パネルシアターなどの予定です。

 ☆当日はあのねさんの始まる時間が少し早まります。

その後は、茶話会をしたいと思います。

飲み物はこちらで用意します。 ひと家族一つお菓子などを持つて来てください。



12月20日(火)

10:00~12:00

メイトム宗像  和室




byりくママ

11月の定例会開催しました

11月17日 太宰府市いきいき情報センターにて11月度定例会を行いました。

朝晩の冷え込み、11月らしくない温かさと寒さが交互に来る最近の天候は体調を崩させてしまい、風邪をひいて欠席のお友達が続出でした。RSウイルスで入院したというお友達もいて、ぼちぼちインフルエンザの声も聞くようになり気の抜けない時期に突入したなという感じです。

さて、そんなわけで10組の参加者とちょっとさびしい感じもありましたが、お客様もたくさんでした。
Mクリニックの女医先生、婦人科専門のKクリニックの看護師さん女性スタッフさん2名、途中から視察の男性陣3名。

新メンバーが増え、久しぶりに来た方や新しい方含めお互いがあの人は誰?状態が多くなってきたので、フリートークは久しぶりに全員で自己紹介をしました。

今回は「○○ちゃんのママ」という立ち場での紹介は禁止!!!というもの。ママという立場ではなく一人の「私」という自己紹介。

自分の下の名前もアピール、年齢を暴露したり、趣味や特技、子どもの頃の話、やっていた仕事の話などたくさんの「へ~、そうなんだぁ」がありました。つっこみの質問も飛んだりとなかなか楽しいものでした。
もちろん、女医先生や看護師さんにもしていただきました。先生の子どもの頃のお話や看護師が今の職場を選んだ理由などお聴きすることが出来てよかったです。

怒涛の出産、そして育児とどうしても○○ちゃんのママという立場での日々ですからね。ある意味とっても新鮮です。「趣味が思いつかない」「今、趣味がないかも」・・・なんていう方も多数。きっと私もそうなってしまっている一人ですね(苦笑)。

そして、2周目は出産の日のお話し。あまりにも自己紹介に時間を費やしすぎて一人一人の時間が短くて、ぐっときそうなところで持ち時間の終了。でも、もしかすると新しいお母さんにとってはまだこの短い時間設定がちょうどよかったかもしれません。少しずつ回数を重ねて、気持ちの整理をつけながら、いろんな感情を消化していければいいなと思っています。


視察にいらっしゃった男性陣はこの出産時トークがかなり衝撃だったようです。「こんなに赤裸々に他人に話せるものなのですか?」と言われました。「ここ」だから安心して泣きながらでも話せるんですよね。きっと。
そして、会場の片付けが全員の手であっという間になされてしまったことにも驚かれていました。


午後は引き続き遊びの広場。こちらの会場にも視察がそのまま入りました。
僕ちゃんズは、カメラをもったお兄さんたちが気になってずっと追いかけてました。気がつくとお兄さんの足につかまって立っていたり。いい写真撮れましたか??

さて、来月の定例会(12月15日)は、親子一緒に「ベビーサインって何だろう」を予定しています。お楽しみに。

BY万


【 2011/11/17 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

飯塚病院 小児科健康教室のご案内

昨年、院内学習会やNICUへ続く廊下での写真展などでお世話になった飯塚病院の小児科ドクターセクレタリーのYさんから、「ものすごく唐突でごめんなさい・・・」と16日に開催される健康教室のお知らせが来ましたのでご案内します。

紙芝居でまなぶ「子どもの発熱のへの対処」
“マー君一家の健康教室 くーちゃんお熱を出す!”の巻
少し大きい文字
かわいい子どもが急に熱を出した!となると、やっぱり慌ててしまいますよね。
そんな時でも落ち着いて対処できるように、子供の発熱に対する正しい知識を飯塚病院小児科の医師や保育士に紙芝居を使って楽しく説明していただきます。

日時:11月16日(水)14:00~15:00
場所:ライフアップカレッジ ウーブル飯塚教室(飯塚市若菜249-1)
参加費:無料
講師:飯塚病院小児科(医師・保育士)

受講希望者は下記へお申込みください。
℡ 0948-21-5470
(ウーブル飯塚教室 宮原久美香)

By万
【 2011/11/14 (Mon) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

柳川 出張おしゃべりサロン

11月12日 お天気も恵まれ無事に柳川で初となる出張おしゃべりサロンを開催することができました。
会場は柳川市総合保健福祉センター「水の郷」。

今回の開催にあたり、該当するるご家族に直接お声をおかけくださったり、管轄する自治体や関連施設への広報など南筑後保健福祉環境事務所の母子保健係の職員さんには大変にお世話になりました。本当にありがとうございました。カンガルーの親子の県南のメンバーも広報活動に協力くださいましてありがとうございました。

カンガルーの親子のスタッフを含め、はじめましてやお久しぶりのお友達、15家族が集まりました。子ども達もNっ子ちゃん、兄弟児さん含めて20名。これに子ども達の相手をしてくださる学生ボランティアさんや先生方が約25名。定員120名という二間続きの和室はとても賑やかでした。
P1020593.jpg


今回、特筆すべきことはお父さんの参加がとても多かったということ。5名のお父さんが会場に足を運び、一緒になって車座トークをすることができました。

分離ができる子どもたちはボランティアさんにお任せして、お父さん、お母さんの車座トーク。
自己紹介、子供の誕生のお話などぐるりと全員にマイクをまわしてお話しました。
まだNICUにお子さんがいるご夫婦もいらっしゃって、胸がいっぱいになって話すことができないお母さんにかわってお父さんがお話をされる場面も。他にも涙あり、笑いあり。いろいろな想いがあふれた時間になりました。
こういう場面ではなかなかお父さんはお話してくださらないのですが、今回はお父さん全員がお話してくださったことがとても大きかったように思えます。

P1020604.jpgP1020587.jpgP1020603.jpg

みなさん、もっとお話したかったことがあったと思います。終わってみると「あ~すればよかった、こうすればよかった」ともっとみなさんの気持ちを引き出す方法が浮かび、私もいろいろと反省点しておりますがご容赦願います。もっと修行に励みたいと思います。

お父さん、お母さんお話している間のボランティアのお兄さん、お姉さんに遊んでもらいました。(写真:柳川リハビリテーションY先生提供)
IMG_0779.jpgIMG_0778.jpgIMG_0783.jpgIMG_0782.jpg




さて、大人のトークが終わり、最後は子ども一緒になって遊びました。子ども達の笑顔をみんなで共有しましょうね!と先生方の素敵な提案です。

遊びの広場でお世話になっている先生が、この日、見学に来られていたのですが、突然マイクを向けてお願いしちゃいました!!!すみません。
みんなで手遊び歌です。子ども達も興味津々。
P1020588.jpgP1020592.jpg

そのあと、ST&保育のY先生ご夫婦が大きな布をみんなの上に「ふわ~」っと横断。
みんな大興奮。こういったあそびが初めての小さなお友達はちょっとビックリだったかな?
P1020595.jpgP1020596.jpg

たくさんの出会いが生まれ、本当にありがとうございました。

いろいろな理由で早産などで小さな赤ちゃんを産んだ私たち。
出産したときの赤ちゃんの在胎週数や体重、NICUでの経過(かかった病気)、お家での生活やその後の発達は様々です。
残念ながら障がいや病気という形が残るお子さんもいれば、特になにも問題が残らないお子さんもいます。
でも出産のときのいろいろな想いやゆっくりゆっくりとした成長に焦りや不安を持っています。

状況は違うかもしれませんが、こうやって集まっていろんなお話をすることで、また一歩次に進むことができたらいいなと思っています。

来年度も、今年度同様に北九州と柳川で出張サロンを継続開催していこうとスタッフ一同考え、計画を練っています。
今回、何かの縁で出会った私たち、来年もぜひ皆さんに会えたらなと楽しみにしています。


柳川リハビリテーション学院の言語聴覚学科の先生、学生のみなさん、大川市子育て支援室の保育士の先生、太宰府市子育て支援センターの保育士の先生、当日は本当に大変にお世話になりました。

最後におまけ・・・
パパではありませんよ~。たった一人の男子学生ボランティアくんを独占していたお姉ちゃん。お母さんが絶句してましたよ。
P1020591.jpg
そして、柳川といったらやっぱり「うなぎ」でしょ!!
カンガルーメンバーで贅沢な昼食を堪能して帰路につきました。お兄ちゃん「ついてきた甲斐があった」だって~。
P1020602.jpg


BY万
【 2011/11/14 (Mon) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)

11/12のツイートまとめ

kangaroo_oyako

本日、12日10時より柳川市水の郷にて出張おしゃべりサロンを開催します。初めてのお友達、お久しぶりのお友達、みなさんに会えるのを楽しみにしています。
11-12 05:12

【 2011/11/13 (Sun) 】 twitter | TB(0) | CM(0)

11/03のツイートまとめ

kangaroo_oyako

本日11月3日、福岡徳洲会病院の「ほほえみ祭」で写真展を行います。カンガルーの親子の仲間たちともおしゃべりできますよ。遊びに来てね。
11-03 05:28

【 2011/11/04 (Fri) 】 twitter | TB(0) | CM(0)

福岡徳洲会病院「ほほえみ祭」

11月3日は福岡徳洲会病院の「ほほえみ祭」で写真展を行いました。。毎年11月3日の祝日に行われるこの「ほほえみ祭」にカンガルーの親子の写真展ブースを出させていただくようになり、今年で早3回目。

毎年同じ日に開催されていると、今年がいかに暑かったかがよくわかりますね・・・。とにかく暑かったです。

朝9時集合で我がブースも準備開始です。NICUの看護師さんが終日ブース担当で設営からお手伝いにきてくださいました。ありがとうございました。
P1020511.jpg

10時スタートにカンガルーブースも完成です。でも会場はすでにすごい人・人・人です。

P1020515.jpgP1020519.jpg

たくさんのバザーのテントにお相撲さんによるちゃんこ鍋や焼き芋の無料配布なんかもあり大賑わいでした。
カンガルーのお友達・・・おやつもお昼ご飯もピクニックです(^^)
P1020514.jpg
テント脇にレジャーシートを敷いて楽しそうでしょ~(^^)久しぶりに会ったカンガルーのお友達もいて嬉しかったです。

さて、肝心のカンガルーのブース。たくさんの方がじっくりと写真とお手紙を読んでくださっていました。

P1020518.jpgP1020513.jpg
アンケートからのBOXの中にこんな嬉しいメッセージが入っていたのでご紹介します。
小学6年生の男の子と女の子からです。

○ぼくも735gで小さく生まれて命が危なく、保育器での生活がままならなくて、生まれて何週間かした後に、40℃以上の熱も出たけど、何とか何も障がいもなく、今は立派な6年生になっています。僕たちみたいに未熟児で生まれてきたみなさん、心から「頑張れ!!」と伝えたいです。

○私も、この皆さんと同じように未熟児でした(770gの双子)。この写真展で、小さく産まれた人たちは、苦しくてきつかったと思います。今は、6年の学習(道徳)で命の大切さを学ぶ学習をしています。だから、人をいじめたり、かげぐちをたたいたりするのは、とてもよくないことがよくわかりました。命は両親からもらった、かけがえのないものだから、人のコトを良く考えて行動することを今後は気をつけたいです。


これまでいろいろな会場で写真展を行ってきましたが、成長した小学生当人さんからこうやってメッセージをいただいたのは初めて。スタッフ一同、大感動でした。

病棟でもパネル展示をしました。
P1020512.jpg
3年前の8月にこの廊下での単独写真展を行って以来です。このほほえみ祭に連動して初めてNICUの病棟前の廊下にも一部パネルを展示させていただき午後の面会時間には「おしゃべり隊」として待機するという試みを・・・。師長さん、こちらの提案を受け入れてくださり、そして協力くださいまして、ありがとうございました。

ある一組のご夫婦が食い入いるように見入っていらっしゃいました。
特にある一枚のパネルの前でじっとされていたのでお声をかけてみました。
思いがけず早産という形での出産からまだ1カ月たっていない方でした。そして、じっと見っていたそのパネルと同じ週数でお子さんは生まれたのだそうです。
カンガルーのお友達の生まれたときから少しずつ顔の表情が変わっていく様子。最後に満面の笑みの成長した姿。その写真一枚、一枚を丁寧に丁寧にじっと見ていらっしゃったのです。未来に少し光が見えた・・といでもいう心境だったのだと思います。
次第に、ポツポツといろんなことを質問やご自身のことをお話してくださいました。
お祭会場のブースにはもっとたくさんの写真と元気に走り回っている子どもたちが来ていることをお伝えすると、そのご夫婦は会場に足を運んでくださいました。

お話できた方は少なかったですが、そのひとつひとつがとても大事な関わりになりました。やはり、こういう風に早い段階での関わりは大切だなと思いました。(いろんなメンタル状況の方がいらっしゃるから難しいですけどね・・・)
当初、病棟での写真展示もこの日一日の予定でしたが、延長の提案をいただき14日の午前中まで展示することになりました。

P1020516.jpg
K姫「私の写真はどこ~??」

P1020517.jpg
NICUでお世話になった看護師さん「ねぇ、覚えてる~??」 K姫:「??」

K姫はこの病院にお世話になった23週生まれの女の子です!!!この後、お祭りが終わって撤収作業まで元気に走り回っておりました。元気、元気!!!
BY万
【 2011/11/03 (Thu) 】 事業報告 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム