Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

SOS 知恵を貸してください

あるお母さんからのSOSです。
ぜひ、みなさんのお知恵を貸してください。

あるお母さんが寝不足が続き、過労で体が悲鳴を上げています。
こんなことがあったそうです。


夜中 子供の寝相が悪く カニューラで首をしめる危険あり 毎日夜中何度か起きて体に巻いたカニューラをほどいていました。
今月に入り 旦那が熱だし看病と育児疲れで 夜中起きる事できずに爆睡してしまってました。
その夜中に子供が唸り泣きをして 起きたら カニューラを首に3重に巻き付け 顔が青ざめ窒素しかけてました。
その後すぐに顔色もどって寝たので病院に行く事はなかったんですが・・
それから一ヶ月近く寝るのが怖くて 毎日1時間おきにカニューラを確認していて まともに寝てなかったんです。
もちろん昼寝もカニューラ確認で寝れないです。

今もまだ体が辛くて まともに子供の相手ができません。
子供の夕飯を作るのもきつくて時間かかり、9時にやり終えたばかりです。
精神的に参ってるのか?涙が止まらないです。

ちなみに母は3時から仕事へ行き、旦那もまだ仕事から帰れず二人きりです。


酸素をつけてて 寝返りもする子のママさん
何か首しめない方法あれば教えて下さい。
今日位は安心して寝て翔と笑顔で相手したいです。
ちなみにカニューラを洋服の中にいれる事をしてみました。 首はしめませんがカニューラをふみつけ酸素が通らずブザーがなりダメでした。

何か案があれば宜しくお願いします。

是非、良い知恵をください。できれば早急に・・・(年末 年始だけど・・・)
娘の数日の入院でも、いろんなコードが巻きついて、夜中に何度も何度もほどくので寝不足になります。ほんの数日でも大変。それが何日も何カ月も続いているのです。

このお正月休みに旦那様とおばあちゃんのヘルプでぐっすり寝ることができればいいんだけどと願うばかりです。

BY万

スポンサーサイト
【 2010/12/31 (Fri) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(8)

賛助会・寄付のお礼

先日の新聞報道をご覧になり、是非、カンガルーの親子の活動を応援したいというメールを頂戴しました。

不妊治療の末に小さく産まれた赤ちゃんのことがずっと気になっていたのだそうです。

古賀文敏ウイメンズクリニック 院長様

賛助会員となっていただき、たくさんの活動資金の応援をいただきました。

本当にありがとうございました。



Nっ子クラブ カンガルーの親子では、随時、賛助会員、ボランティアさんを募集しています。


賛助会員さん・・・年間1口 500円
皆さまからの応援は・・・会場代、託児代、講師代、写真展、文集、会報などの製作費、ピアサポート活動の会場への交通費、郵送やホームページなど通信費等に使用させていただきます。


ボランティアさん・・・託児、子供たちの相手・見守り、育児・発達相談、その他の運営上のお手伝い
託児ボランティア、学習会の支援、地域とのネットワーク作り、発達や育児の相談などのボランティアをお願いいたします。未熟児育児の経験がある先輩ママさんも大歓迎です。
また、医療的ケアをはじめ様々な配慮を必要とするお子さんもいます。たとえば、看護師さんやお医者さま、専門のセラピストが託児のお部屋や野外イベントにいてくださると安心だなぁ、なんて思っています。保護者の方々の悩みや相談ごとにも専門知識が必要です。医療・福祉・行政・教育などの関係者の方々やこれらを目指す学生さん方もボランティアさんとしてお手伝いいただけると嬉しいです。
ご登録いただいた方には、メールでイベント等のご案内やお手伝い募集などを送信させていただきます。



賛助会員、ボランティアどちらかひとつの登録でも、両方の登録でもOKです!!!
ご連絡いただきましたら、登録用紙などをお送りさせていただきます。

早産や小さな赤ちゃんを産んだばかりでどうしていいのかわからないお母さんやご家族

不安や迷いと格闘しながら家庭で育児をしているお母さんやご家族

そして、子どもたちのために

一人で悩まないで、仲間がここにいるよ・・・とのカンガルーの親子の輪が広がるように、いろいろな形でのみなさまのお力を是非貸してください。宜しくお願いいたします。


BY万
【 2010/12/31 (Fri) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)

子育てふれあい交流プラザ 写真展

12月23日~26日までクリスマスの4日間
北九州市 子育てふれあい交流プラザにて
写真展を開催いたしました。
小倉駅徒歩5分のAIMビル内の素敵な素晴らしい施設です

交流プラザでは、施設のご担当のリーダーのMさん
「できれば全員の写真を飾れるようにスペースを配分したい」と言って下さって
かなり前から、綿密に計画していただき本当に落ち着いた素晴らしい展示になりました。

P1010506.jpgP1010505.jpg
初日の23日は隣の西日本展示場と同時開催となり、バタバタしましたが、
こちらの交流プラザにもなんと101名の方が足を運んでくださいました。
会のメンバーさんも、家族やお友達と遠くの北九州まで来てくれて
ありがとう。
北九州にこんなステキな 安心してこどもと遊べるところがあるって
知ってくれたカナ~~。たくさんのお友達にもPRしてね!!
また、未熟児ちゃんだったという小学校3年生になる子どもさんときて下さったお母さん、
少しだけセンパイのママが気にかけて下さるなんて、本当に心強い限りです。
足を運んでくださってありがとうございました。

2日目の24日は、平日で全館的に入場者が少なかったのもあり 25名でしたが、
徳山市(山口県!!)からきて下さったママに、大感激でした。
北九州での定期的な検診があるとのことで、こちらの施設にもよってくださったとのこと。
北九州と言う地域的な意味も実感した日でした。

また、スタッフメンバーのお友達が来てくださったり
こちらのS所長さんともよくご存知のKさんがよってくださったり、
来てくださった方々とお一人お一人お話ができる雰囲気がとても良かったです。

会場では、山田稔明さんの曲「この広い世界で」のCDもかけられるようにして頂きました。
お陰で 早速、会場でこの曲を耳にされた方が、
山田さんのプロフィールをメモっていかれたり・・・と
山田稔明さんの活動のほんの1mmほどをお伝えできたかなと、嬉しく思います。

また、会の活動の応援のための「カンガルーのアイロンプリントシール」シールを買っていただいた方
本当にありがとうございます。

3日目の25日には、104名のかたが写真を見に来てくださいました。
わざわざ足を運んでくださった方がかなりの数いらっしゃったことに
本当に感激しています。みなさんありがとうございました。
実は・・ご自身が未熟児だったと、お話してくださった方
パパとママで一緒にずっと写真を見てくださっていた方
たくさんの未熟児のご家族が、私達の会の名前をご存知だったことに
本当にビックリしました。
それだけ、みんな何か情報を求めていて、少しでも理解し合える場を求めていること
痛感しました。

また、プラザの中で活動をされている「ほっと子育てふれあいセンター」のKさん・・・
未熟児のご家族をご存知で、未熟児の写真展をやっていることを
そのお母様にわざわざ電話して伝えてくださったり、本当にありがとうございました。
そして、色んなお話を聞かせていただきました。

息子の小さい時の雰囲気にそっくりの男の子にもあえたし、
あれは未熟児ちゃん独特の「ひょうきん者気質」なんでしょうかねえ~
とにかく周りのヒトが楽しい顔をするのがみたいって感じでしたね。
また、会えるかな。4月からの小学校、頑張ってねえ!!

また、今日は会のメンバーのお嬢さん(宣伝隊長さん!!)が、
パパとママと妹弟ときてくれたお陰で、
来場の方にちゃんと声を掛けてくれて、
アンケート回収数もかなりのものになりました。
ほんとうにありがとう!!いつもオバちゃん助かってます。


最終日の26日は、雪の予報。。。
でも、北九州は積もることはあまりなさそうで
来てくださった方も82名にのぼり、なかなかの盛況ぶりでした。

こんな不安定な天候にもかかわらず、大牟田から走ってきてくださったママ。
こどもさんはまだ入院中で、本当に張り詰めて毎日がんばってらっしゃる姿に
心を打たれました。
来月の定例会でまたお会いできるのを楽しみにしてますね。

それから、まだ出産2ヶ月で不安がいっぱいで、つい涙になってしまったママも・・・
でも写真から何かを感じてくださったと思ってます。
何にもいえないけど、そっと傍に寄り添っているおばあちゃんの姿にも
つい、自分の母とのことも思い出してしまいました。

自分の母親だから、感情もむき出しにして、つい当たってしまう、グチってしまう。
本当は一番支えにしているのに、素直にありがとうといえない・・・
そして、おばあちゃんは「娘と代わってあげられたら、どんなに楽だろう」と思ってしまう。
多かれ少なかれ同じ思いを経験して、私達もまだまだ葛藤中です。

この素晴らしい4日間 本当にご来場下さった方ありがとうございました
こどもたちの明るい笑顔が、みなさんの心にきっと何かを刻んでくれたと信じます。
もし、お友達や身近な方に未熟児ちゃんがいらっしゃったら、
勇気を出して声を掛けてください。「こんな会もあるらしいよ」って。
ただそれだけでいいです。

また、会場に来てくださった未熟児ちゃんのママやパパ、おばあちゃんおじいちゃんたち・・・
ちょっと遠くて定例会等には参加できそうじゃないかな~と感じたら
このブログやHPでも結構です
ぜひアクセスしてください、繋がっていきましょう。
色んな経験や家庭での工夫など、あなたの持ってる情報が
きっと誰かのためになるでしょう。


それから
この4日間のために何ヶ月も前からお世話になった
交流プラザのS所長さんはじめ、スタッフのみなさん
本当に 本当に 本当にありがとうございました。
毎日ほんとうに笑顔で声を掛けてくださって、嬉しかったです。
一日に何回も何回も館内のアナウンスを流してくださってありがとうございました。

確かに最初は施設の素晴らしさだけに目が行ってましたが、
やはり中のスタッフのみなさんの姿が一番感激でした。
「何が一番大切か」を常に忘れない その姿が。ほんとすてきでした。
まだまだこの先も、このご縁を大切にしたいと思っています。
今後もよろしくお願いします。

そして
写真展のために、写真とお手紙を協力してくれた会のみなさん。
ずっと毎週月曜日に準備の為のさぎょうに協力してくれた会のメンバーさん。
今回、準備を入れて5日間、交替交替で頑張ったスタッフの皆さん
本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
最後の最後に大雪に見舞われたことは、想定外でしたが、
なにより無事に最後まで写真展を開催でき、安全に帰宅できたことが一番でした!!
心から感謝いたします。

また、来年も、一人でも多くの赤ちゃんとママのために 頑張りまっしょ

長くなりました
最後まで読んでいただきありがとうございます。

by れいこ













すくすく子育ちフェスタ in 北九州

12月23日 北九州市主催の
「すくすく子育ちフェスタ」に参加いたしました。
会場は、小倉駅から徒歩5分の”西日本総合展示場新館”です。
めちゃくちゃ広い会場でした!!

なんと参加動員予想人数は 6000人!!と聞けば、想像つきますか~~

ステージプログラムでは、皆さんおなじみの
ワクワクさんとゴロリや、ぜんまいざむらいのきぐるみショーなどがあり、
また会場の半分では、子育てにかかわる活動をしている団体や
赤ちゃんの駅などの協力企業・団体などが出すブースが約60!!
その一つで「小さな小さな赤ちゃんの写真展」を実施いたしました。
P1010504.jpg


クリスマス一色で、ほとんどの団体は飾りも音楽もアゲアゲのなか
写真展のブースは飾りつけもシンプルに、静かに、実施しました。
じっと写真を見入って下さるヒトのために・・・
大音量のアナウンスをされるところが羨ましかったりもしますが。

それでも たった一日だけの、
10時~17時の開催時間でしたが、
熱心に写真をみてくださり、文集を手にとって下さった方々に
勇気を出して声を掛けると
「実は、うちの子も未熟児なんですよ・・・」と話してくださる方が
4~5組もいらっしゃって、本当にビックリしました。
北九州にはNICUのある病院が数箇所あると聞いていましたが
その退院した子ども達のつながりはあまりないようです。

ほんとうにこの短いチャンスによくぞ目に留まってくださったと、
写真展の意味を改めて感じました。
立ち話をしながら、
ゆっくり腰をかけてお話ができるスペースを作ればよかったなあ~と
反省反省。。。
でも地味な私達のブースに立ち止まって、
写真の子どもたちの笑顔に感じてくださった皆さん
ほんとうにありがとうございました。

また、北九州市子ども家庭局 フェスタご担当のFさん、本当にお世話になりました。
大規模のフェスタでビックリ仰天しましたが、このような貴重な場を頂き感謝いたします。
今後も北九州の未熟児ちゃんのご家庭に何か力になる事があれば!!と感じています。
このご縁を大切に。今後ともよろしくお願いします。

22日の準備と23日の会場入りしてくれたスタッフの皆さんお疲れ様でした。

by れいこ


写真展in飯塚病院

12月2日~12月17日の2週間

飯塚病院で写真展を開催しました


飯塚病院1

メインはNICU横の壁面です。


飯塚病院6 飯塚病院7 飯塚病院5 飯塚病院4

小児科の外来からNICUに続く廊下の壁面に展示していきました。



今回の写真展、

小さい赤ちゃんを出産し悩んでいるママたちに向けて、

という意味ももちろんあるのですが

日々激務の小児科の先生方に感謝の気持ちを込めて…

という意味も含めて開催しました。


飯塚病院2

ということで、先生への感謝の気持ちをメッセージカードに込めて一緒に展示しました


私たちスタッフは設置と回収のときしか現地に行っていないので

みなさんの反応を直に目にすることはなかったのですが

企画してくださった小児科のスタッフの方によると

多くの方が足を止めて見てくださってたようです。




最後にアンケートから抜粋してご紹介します。


 生命は尊いものと思いました。この世に生まれてはいけない命なんてないと感じ、最近虐待で亡くなる子どもの話が嘘だったらどんなにいいか…。
                                           
 想像以上に小さな赤ちゃん…そしてこんなにも力強く大きく育つんだ!と感じることができました。所々にお母さんのコメントがあり、触れたくても壊れそうで触れられない切なさやもどかしさが伝わり、胸が熱くなりました。                                    

頑張って生きている姿に感動でした。身近に未熟児で生まれた子はいなかったので、この写真をみてご両親、病 院の方々、大変だろうなと思います。これからも頑張ってください。写真を拝見できてよかったです。わが子が より一層いとおしく思えます。
                                           
 私の子どもも以前NICUでお世話になっていました。その子は現在小学3年生になり、毎日元気に学校に行っています。小さく生まれた事で私自身を攻めていた日々が懐かしいです。みなさんもまだまだ大変でしょうが、きっと笑顔が待っていると思います。焦らずにいきましょう。みなさんから改めて勇気をいただきました。ありがとうございます。



さて、次は12月23日(祝)~26日(日)まで北九州で写真展

北九州市立子育てふれあい交流プラザ


クリスマス期間なのでほかのイベントも盛りだくさん


さらに12月23日(祝)には

おとなりの西日本総合展示場で開催される「すくすく子育ちフェスタ」にも

カンガルーのブースがでます。

みなさん、遊びにきてくださ~い



by コキ*
【 2010/12/22 (Wed) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(0)

本日の定例会、遊びの広場は中止です!!!!

12月16日 ここ筑紫野市、太宰府市はかなりの雪です。

誠に申し訳ありませんが、本日の12月度の定例会と遊びの広場は中止とさせていただきます。

道路、歩道、屋根、車とここかしこと真っ白です。
P1010431.jpg


道路はシャーベット状で、車はノロノロ運転。
歩道を歩くのも滑りそうでした。
会場の太宰府南コミュニティセンターは小高い丘の上にあります。・・・つまりゆるい坂道が。



さすがに危険だと判断し、急きょ、中止といたしました。

今日を楽しみにしていたみなさん、申し訳ありません。

講師の國友先生は改めて日程を調整のうえ機会を設けたいと思います。


by万

子育てセミナー3回目終了しました

12月9日木曜日。福岡県地域福祉財団との共同開催の子育てセミナーの3回目でした。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

最終回はご自身も自閉症のお子さんを持つお母さん講師ということもあってか広汎性発達障害の診断を受けているお子さんをお持ちのお母さん方がたくさん参加されました。
受講生の半分がカンガルーの親子のメンバーさん以外!!!
療育施設などでチラシを見て・・・という方が多かったのはちょっと驚きでした。
いや、それだけこういった場をみんな求めているんだろうなぁぁと思ったのは私だけでしょうか。

実は、うちの子も小さく産まれたんです・・・と新たなカンガルーのメンバーとなった方もいらっしゃいました。

そうかと思うと講師の先生が、お子さんがが入院中にお世話になった時の看護師さんだ(元大学病院の小児科看護師長さん)!という感動の数年ぶりの再会場面があったり、ペアを組んだ者同士、状況がとっても似ていたり。
なんだか偶然という名の必然を感じちゃいました。

先生のお話にみんなで大笑いの場面もある2時間でした。
笑いの裏には、ご自身の育児経験から出てくる、そして、長年、医療従事者として働いていらっしゃった言葉には説得力があります。だからこそ、みんな「そうそう」と。

講座終了後は先生を囲んでの昼食会も行いました。
きっと、みなさん、もっといろいろお話したかったですよね・・・。

本当は、1年かけてする内容を、ギュッと2時間に凝縮されていたようです。先輩ママとして、受講生のお母さんに伝えたいことがたくさん!という気持ちが私には伝わってきました。吉田先生のカウンセリング講座は太宰府ボランティアセンターで受けることができますよ~。





1回目は、ピアカウンセラーであり、ご自身が車椅子での生活をしていらっしゃるやまやまさんのピアカウンセリング。
2回目は、ピアカウンセリングのもとになっている再評価カウンセリングの九州エリア代表者であり、抱っこ法のゆっこさん。
そして、最後は障害児や病児を抱える母親は、母親であると同時に看護師であり、保育士であるという観点からケア・カウンセリングの視点での講座を吉田先生にお願いしました。

小さく早くお子さんを産んだお母さん、病気や障害を持って生まれたお子さんのお母さん・・・そんなお母さんを対象としたピアカウンセリング体験会。涙があったり、笑ったりでした。

3回すべて講師や手法、観点を変えてやってみた今回の子育てセミナーでしたが、すべてに共通していたのは、

否定をしない。
そのままでいいんだよ。
人生マイナスに考えたくなるできごとをプラスにとらえていく力。
じゃないかなって思います。

受講された方は、どんな風に感じたかな?


ということで、無事にすべての3回シリーズのセミナーがすべて終了いたしました。

福岡県地域福祉財団さま、今回、このような機会をいただき本当にありがとうございました。

今後、またこのようなチャンスをいただけるといいなぁぁ。


カンガルーの親子の定例会でも、どんどんピアカウンセリングを取り入れて行く予定です。
おしゃべりが苦手という方もあまり気にしないでご参加くださいね。話せないときは話さなくても誰も何も責めない・・・というのがこのピアカウンセリングです(^^)

あぁ、元気はつらつと前を向いていきましょう!!!

BY万

12月 遊びの広場①

あっと言う間に今年もあと1ヶ月で終わりです

師走、ほんと忙しくあっと言う間に月日が流れますから・・・

12月1日(水)遊びの広場でしたが・・・

新しい方が二名来られる予定でしたが、お子様の体調不良で急遽

来られなくなり、今回の参加はスタッフ3名だけだったので、

打ち合わせって感じで終わってしまいました

スタッフもお誕生会の疲れもあり、飯塚病院の写真展に向けての準備をしてくれる

スタッフありで、結局今回は人数も少ないので、申し訳ないので、親子遊びも

キャンセルしてもらい、15時半の早終いにさせていただきました・・・

水曜日、人数少なくて比較的ゆっくりしゃべったり出来るのですが、

ビガールームを貸しきりにさせていただいてるし、親子遊びも先生に

やっていただいているので、コンスタントに人数が集まる方法を、

遊びの広場の見直しを考えなくては・・・って感じです。

まずは、広報活動がんばってみま~す

せっかく太宰府市から遊びの広場の共催をしていただいてるので、

来年度に向けて、充実させていかなければって思ってま~す!!

何かいい提案、ご意見、要望等なんでもかまいませんので、

よろしくお願い致します!!

地域の子育てサロンやサークル、公園、園開放などには壁が大きくて顔出せない

親子さん、子供が子供同士育ち会う場、親もママ同士話して不安や

悩みを解消したり、親子で元気になれる場所、絶対に必要なのですが、

地域にはそんな場所沢山あるんだけど、子供の発達が気になって、

悩みが違いすぎてどうしても踏み出せない・・・

そんな親子の集える場所が、カンガルーの親子「遊びの広場」です。

お気軽に遊びに来てくださ~い

次回は 

12月16日(木)13:00~16:30 オープンスペース 

いきいき情報センター ビガールーム



by あゆ母 














 

<お知らせ>12月度の定例会

12月度定例会のご案内です


日時:12月16日(木)10時半~12時
場所:太宰府南コミュニティセンター(太宰府南小学校開放教室) 
   太宰府市高雄2-3855 電話092-928-6435
参加費:1家族 300円

12月は音楽ランド、ピュアハートの指導をしていらっしゃる國友美枝子さんのお話を伺います。
とても素敵な先生です。先生のパワー、そして、音楽ランドの子供たちと音楽への導き方は子育ての上でのヒントになることと思います。

お願い①
今回は「託児」有りです!!
託児を利用される方は12月9日(木)までにお知らせください。
託児を利用されずにお子さんとご一緒に参加される方もその旨をお知らせください。

お願い②
小学校のせいかPTAの方などで駐車場がすぐにいっぱいになることが多いです。お早めに(^^)


定例会後は、太宰府市いきいき情報センター ビガールームにて「遊びの広場」が開かれます。
会場移動になりますが、遊びに来てくださいね。

by万

<お知らせ>北九州での写真展

西日本新聞の記事にも紹介していただいていいますが、北九州市で写真展を行います。

小さな小さな赤ちゃんの写真展
手のひらに伝わる命の輝き


日時:12月23日(木)~12月26日(日)
    11:00~17:00(最終日は16:00まで)

会場: 北九州市立子育てふれあい交流プラザ 多目的ルーム

入場料:無料(プラザのほかの設備、プレイゾーンなどを利用する際は、別途料金や入場制限が適用されることがあります)

主催:北九州市立 子育てふれあい交流プラザ
   Nっ子クラブ カンガルーの親子


北九州市近郊の方、よかったら遊びに来てくださいね。 

by 万
プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム