Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

1500g未満で生まれた子供たちのための親子の会「Nっ子クラブ カンガルーの親子」の日々を綴っています。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

カンガルーの親子お誕生会

11月28日 筑紫野市のカミーリヤにて
Nっ子クラブ カンガルーの親子の発足3周年をお祝いするお誕生会を行いました。

なんとなんと、会場には100名を越す人・人・人!!!!

カンガルーの親子のメンバー、そして、初めて会に参加されたおじいちゃん、おばあちゃんも多数。
会を応援してくださっている病院の方、福祉関係の方、行政関係の方・・・・。
今回、大活躍をしてくれた学生ボランティアのみなさん。
新聞記者さんにケーブルテレビの取材の方。

とにかく盛大で賑やかでした。

その他、お祝いのメールやお花、差し入れもたくさん頂戴いたしました。
本当にありがとうございました。

朝早くから学生ボランティアさん、スタッフのお父さんも一緒になって会場設営。
おばあちゃんも朝から一緒に来てくださって、子供たちの相手をしてくださいました。
本当に助かりました。

笘・1010300_convert_20101129042807笘・1010304_convert_20101129043123


午後からの本番に用事があり参加できないけど、とお手伝いだけに来てくださったメンバー親子さんも。

午後1時。受付開始。
早速、お兄さん、お姉さんのキッズコーナーで遊んでもらっている子、写真展を食い入るように見ている方。
笘・1010323_convert_20101129045250笘・1010309_convert_20101129043756笘・1010308_convert_20101129043539




午後2時。
お誕生会スタートです。

福岡こども短大 幼児体育研究会のみなさんがドラえもんの歌に合わせての体操?、いやダンスと手遊び歌で歌オープニングを飾ってくれました。
笘・1010326_convert_20101129045545笘・1010327_convert_20101129050214



そして、開会宣言、ご来賓のご挨拶。

会の立ち上げ当初から力を貸してくださった看護師長さんのご挨拶と保健所の助産師さんのお手紙を読ませていただきました。
そして、予告なしで助産師さんのお手紙の中にあったもう一人のカンガルーの親子の「始まり」知っている保健所の保健師さんをひっぱり出しちゃいました。

3年間を振りかえったスライドショー。
・・・個人的に「10分!!」という制限時間にこだわりすぎて、ものすごく早く映像と文字が流れてしまったこと、会場も完全に暗くなれず見にくかったことごめんなさいです。ホントはキャプションを読むはずではなかったのですが、会場が明るくて文字が見にくいということで急きょ読むことになったんです・・・。反省。

毎月の定例会でもやっている11月生まれのお友達のハッピーバースデーコール。
これはプログラムに書かずサプライズでやったので驚かれちゃったかな??
笘・1010333_convert_20101129051758


そして、またまた幼児体育研究会の皆さんの登場!!!

ゴセージャーの曲に合わせてバック転もあり~のダイナミックな体操。子供たちも興奮気味です。
笘・1010335_convert_20101129052056笘・1010337_convert_20101129052346笘・1010338_convert_20101129052602
ドラゴンボールの曲に合わせ、大きなバルーンを子供たちも一緒になって楽しみました。
笘・1010340_convert_20101129052911笘・1010344_convert_20101129053116笘・1010347_convert_20101129053538




大興奮の体操の後は、カンガルーの親子のマスコットキャラクターのお名前決めです。
2009年10月に古藤ゆずさんがカンガルーのイラストを作ってくださり、会のホームページや印刷物を飾ってくれていたイラストです。
このイラストのカンガルーの赤ちゃんに名前を決めようというものです。お誕生会スタート直前に応募を締め切り、早速その場で決めるという・・・私たちらしい方法ですね。
笘・1010350_convert_20101129053800

たくさんの応募の中から、「かんぴぃ」ちゃんに決定しました!!!!
この可愛い名前を考えてくれたのは、この日1歳のお誕生日だったNっ子くんのお兄ちゃんでした。
ありがとうね~。
笘・1010354_convert_20101129054117


そして、お楽しみの福引大会。
今回の福引は一体どれだけの景品があったのでしょうか???

太宰府市のS様からたくさんのぬいぐるみ(20個以上)、会のメンバーからもいろいろ提供していただき、また、講演会などでいただいた謝金の中からおもちゃを購入。大人用、子供用、とにかくたくさんの景品がずらりと並びました。みんな何が当たったかな??
笘・1010356_convert_20101129054459笘・1010359_convert_20101129055141


最後に会場にいるみんなで集合写真です。・・・取材に来ていた新聞社の方、カメラマンに使っちゃいました。すみません・・・こういうところもカンガルーの親子らしいところです(笑)。
P1010362_convert_20101130030539.jpg


これで閉会の挨拶だ~と思ったら、司会のれいこさんから事前に見せてもらっていた司会原稿にはない言葉が・・・。
会を立ち上げた私、あゆ母さん、レコさんの3人が前に引っ張り出されとても可愛い花束をいただきました。
本当にサプライズで・・・・嬉しかったです。


でもって、感激のあまりに「閉会の言葉」に用意して言葉がすべて飛んでいってしまった私・・・でした。


閉会後もフリースペースとして会場を解放。みなさんゆっくり過ごしていただきました。
写真展を見ている方、お話に花が咲いている方。お兄さん、お姉さんと遊んでもらっている子供たち。
たくさんの笑顔であふれました。

片付け間際に駆け込んできたカンガルーの親子のお母さん、僕とおばあちゃん。
用事がありお誕生会に間に合わなかったけど、どうしてもおばあちゃんにこの写真展をを見て欲しいからと来てくれました。
娘であるカンガルーのお母さんたちを今まで支えてきてくれたおばあちゃんたち。
この会場にたくさんのおばあちゃんが来てくれたことは本当にうれしいことでした。

そして、今回、来てくださったたくさんのこども短大の学生ボランティアさん、引率の先生、筑女短の学生ボランティアさん。ありがとう。ご苦労様でした。
笘・1010316_convert_20101129043953

学生さん方も写真展、そしてお母さんのお手紙に見入っていました。
学校の教科書で学ぶ乳幼児の発達とはまた違う子供たち。
経管で鼻からミルクを入れている子。
酸素チューブをつけ動き回る子とを酸素ボンベを持って追いかけるお母さん。
歩行器で場内を元気いっぱい動き回る子。
保育の現場や児童臨床に携わろうという学生さんたちにとってもきっと大きな一日になったと思います。
それが、カンガルーの親子の次の子供たちにつながると信じています。



閉会の挨拶の時に飛んで行ってしまった言葉をここで・・・
この3周年を記念して、カンガルーの親子のイラストを提供してくださった古藤ゆずさんから新たなイラスト、そしてゴメス・ザ・ヒットマンの山田稔明さんから「この広い世界で」という歌をいただきました。このお二人と会をつないでくださったカンガルーの親子メンバーのKご夫妻、本当にありがとうございました。

会、発足当初から私を支え続けてくれたあゆ母さん、レコさん、ほんとうにありがとう。
スタッフ、旧スタッフ、サポートスタッフのみんな、ほんとうにありがとう。
そして、カンガルーの親子のみんな、ありがとう。

会を支え続けてくださったたくさんの方々、本当にありがとございます。

これからもよろしくおねがいいたします。

最後に、お誕生会実行委員長として、お誕生会を提案、夏から企画、準備、そして当日の裏方に一生懸命に走り回ってくれたあゆ父さん、あゆ母さんご夫妻、本当にご苦労様でした。
夜なべが続いたスタッフのみんな。
このお誕生会の準備に協力してくださったみなさん、本当にご苦労さまでした。
みんな、みんな、ありがとう。

BY万
スポンサーサイト

読売新聞掲載

11月25日の読売新聞の夕刊にカンガルーの親子の記事が掲載されました。

先日の定例会&遊びの広場にて取材を受けた分です。

記事の最後に11月28日のお誕生会の案内がされています。

尚、記事文中に会場「筑紫野市保健福祉センター」とありますが、「カミーリヤ」の正式名称のことです。
もし、「あれ?」と思った方は御心配なく。会場の変更はありません(^^)。


取材にご協力くださった方、ありがとうございました。
28日に、会場に新聞を持って行きますね。その時にご覧ください。

25日の夜にメンバーさんたちに一斉メールにてお知らせしたのですが、どうもメール送信エラーがいつもより多く・・・-。ご連絡が行っていない方が多いと思いましたので、こちらでお知らせしました。

取り急ぎご紹介まで


by 万

11月度定例会

11月18日 太宰府市いきいき情報センターにて11月度の定例会を開催いたしました。

今月は徳洲会病院のNICU,小児科の看護師さんたちによるRSウイルスの勉強会でした。
P1010234.jpg

お母さんたち、みんな真剣です。
小さく早く産まれた赤ちゃん、最初の冬はシナジスという注射をして予防するけど、やっぱり入院しちゃった子、年齢があがってから感染して入院した子、実際にいろいろいました。

他にも、こんな時、どんなタイミングで病院に行ったらいいのか?どの程度の症状のときに地元の小児科から卒業した大きな病院に受診を切り替えたらいいのか?などの質問もたくさん出ていました。

上手く水分を摂ることができないお友達は、思いの外、脱水が一気に進んでしまいますからね~。
途中から地元の小児科では手に負えなくて・・・なんてケースがあるようです。


年末にNICUからお子さんが帰って来る予定のお母さんは、医療的ケアが発生するようで疑問や不安を看護師さんに相談していました。


いろいろな質問、相談にのっていただき、看護師さん、そして先輩ママさんたち、ありがとうございました。

定例会の会場に、28日のお誕生会に使ってください!と童話作家のおじちゃん(本業はべつにあるんですが)から福引の景品となるぬいぐるみくさん頂戴しましたよ~!Sさん、ありがとうございます。

実は、定例会と午後の遊びの広場に新聞記者さんがお二人、取材に入られていました。
途中から記者さんの対応などで、みなさんとゆっくりお話ができずにごめんなさい。

P1010246.jpgP1010250.jpg

子供たちは大きなカメラに興味津々で、カメラに手が伸びる~~。

どちらの記者さんも、お子さんがいらっしゃるので、それはそれは目が細~くなっていましたよ。

BY 万

子育てセミナー2回目終了しました

11月12日 金曜日

福岡県地域福祉財団 子育てセミナーのピアカウンセリング体験会<2回目>、無事に終了いたしました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

Nっ子クラブ カンガルーの親子のメンバーさん以外の申し込みがだんだんと増えてきました。前回参加された方がお友達を誘って、またチラシなどをご覧になってお一人でお申し込みくださった方、などなど・・・・。嬉しい限りです。と同時に、病気や障害を持つお子さんの育児に奮闘しているお母さん方、気持ちを吐き出す場を求めているんだなぁと思わないではいられません。

2回目の講師はゆっこさん。
[ピアカウンセリング]という言葉自体が初めて、体験も初めてというも多くいらっしゃいましたが、ゆっこさんの魔法に参加者一同どんどんかかってしまいました。いえ、ゆっこさんの魔法じゃないんですよね。みんながそれぞれ持っているものなんですよね。

ちょっとしたボタンを押されたことで、心の底に隠していた感情がワァっと涙とともに溢れてきた人。
じゃんけんして「〇〇さん、大好き」って何度も言われただけなのにだんだん気持ちがいっぱいになって涙があふれてきてしまった人。

でも最後はみなさん心が暖かく、軽くなったと言って帰って行かれました。

ピアカウンセリングの基本は「傾聴」です。
話している間は、決して話に割りこまれることなく、否定されることなく、アドバイスされることなく、そして、話が支離滅裂になったりあちこちに飛んでいっても軌道修正されることなく、話を共感して聴いてもらいます。

普段のおしゃべり、井戸端会議でのストレス発散とはまた一味違う空間です。

この傾聴の姿勢・・・家庭に戻ってから育児にも役に立ったりするのです(ってこれは私の経験ですが)

あっという間ですが、12月で最終回です。


<日時>12月9日(木)10時~12時
<会場>クローバープラザ  和室
<講師> 吉田久美子氏
体験会終了後、ご希望の方は、講師を囲んでの昼食会を1時間程度予定しています。

<申し込み・問合せ>  Nっ子クラブ カンガルーの親子事務局E-mail n-kan-oyako@qm.moo.jpまでお早めにお願いします。


by万

朝日新聞「子どもへの暴力防止プロジェクト」助成贈呈式

11月9日 火曜日

日帰りで大阪に行ってきました!

朝日新聞厚生文化事業団の「子どもへの暴力防止プロジェクト助成」が決まり、その贈呈式でした

カメラを持参しましたが、なんだか写真を撮れる雰囲気ではなく・・・。


今回142団体の応募があり21団体に助成が決定したのだそうです。11月9日の朝日新聞にはそのうちの2団体の紹介記事が出ています。

乳幼児から青年期まで様々な虐待防止プロジェクトがあります。

カンガルーの親子が発足して3年。
全国からの応募の中からの決定は、これからの活動に対しての期待値であり、これまでの活動を評価していただいからだと嬉しく思います。


さて、何故、この助成に応募したかというと、ハイリスク児である1500グラム未満で生まれた子供たちは虐待のリスクが高いという報告があります。行政、医療の現場でのフォローアップの中にも必ずと言ってもいいほど、産後うつと同時に低出生体重児の虐待予防の項目があります。

1%以下の絶対的少数派。その育児の不安要素は大きく、孤立しやすいですよね。

さてさて、贈呈式。
テーブルに配られたドリンクは、大阪名物「ミックスジュース」!
…って新聞社の方がおっしゃったんですよ。
これで緊張もすこしほぐれ会場は和やかに。さすが大阪です。


緊張していた理由は、問題は各団体のプレゼン。短い時間に助成事業の説明をしなければなりません。

みなさん、流暢~。弁護士さんやら児童相談所の元職員さんやら、団体さんの歴史が長かったりでみなさんお話が慣れています。



視覚に訴えたいと思い、あちこちで講演の際に使ったパワーポイントの画面を印刷して持って行きました。

産まれた時の写真、手の平の中に収まる赤ちゃんの写真はかなり衝撃的だったようです。名刺交換の際、いろいろな感想をいただきました。中には、孫が800gで産まれたんですよという方も。


ともあれ無事に終了!

大阪駅まで助産師さんや双子の会の方たちと歩きながらお話しました。
福岡のちょっと面白そうな団体さんとも盛り上がった話があったりしますよ。

ということで、来年度の基本活動の資金はこれでひとまず安心です。
ありがとうございました。大切に使わせていただきます。

そして、カンガルーの親子のみんな、これからもよろしくね。

BY 万
【 2010/11/10 (Wed) 】 運営スタッフの日々 | TB(0) | CM(2)

11月の定例運営ミーティング

明日でした・・・

お知らせが遅くなりすみません。

11月の定例運営ミーティングを予定通り行います


日時 11月4日(木)11時~
場所 太宰府南コミュニティセンター

 
ランチミーティングです。
お時間のある方はお昼ご飯持参でご参加ください!
お待ちしています。

主な議題は会員用掲示板にアップします。

by万

祝・発足3周年「カンガルーの親子のお誕生会」ご案内

「Nっ子クラブ カンガルーの親子」のお誕生日(発足日)は2007年11月16日。
筑紫保健福祉環境事務所で開催した第1回目の定例会の日です。早いもので今年11月で3年を迎えることになります。

そこで、カンガルーの親子のお誕生会を開催いたします。
「カンガルーの親子」の歩みは、私たちの小さく産まれた子どもたちの成長の歴史。
出会った親子さん、会を支えてくれたたくさんの方、子どもたちの成長に心を砕いてくださった方々への感謝の気持ちと「これからもよろしく」という気持ちを込めたお誕生会にしたいなぁと考えています。


[日にち] 11月28日(日)
[時 間] 全体受付開始 13:00~

 ■写真展    13:00~14:00
 ■お誕生会  14:00~15:30
 ■写真展    15:30~17:00
[場 所] 筑紫野市保健福祉センター カミーリヤ 
 福岡県筑紫野市岡田3丁目11番1 電話092-920-8000(代) 福祉巡回バスもあります
[参加費] 大人お一人 500円(高校生以下無料)


お誕生会(14:00~15:30)では・・・

参加してくださった方みなさんと時間を共有し、お祝いをしたいと思います。
福岡こども短大の幼児体育研究会の皆さんによるイベントやビンゴ大会など楽しい企画もあります。
子どもも大人も一緒になって楽しみましょう。

写真展(13:00~14:00、15:30~17:00)では・・・

お誕生会を挟んだ前後の時間は出入り自由のオープンスペースです。みなさんのご都合に合わせてご来場ください。
各地で行ってきた写真展を開催いたします。まだ写真展を見てないという方は是非ご覧ください。
他にも発足から今までの3年間の活動の様子をお伝えできればと思っています。
写真展を見たり、いろいろな方とお話をして交流を深めてくださいね。
学生ボランティアさんに遊びのコーナーをお願いしています。子どもたちはお兄さん、お姉さんと遊ぼうね(^^)


<お願い その1>
参加ご予定の方はお知らせくださると助かります・・・いろいろな準備があるので参加者数の目安が欲しいところです。そこで、恐れいりますが参加者予定数を大人〇人、子ども〇人で11月18日(木)までに一旦ご連絡ください。もちろん、当日の急な参加や欠席はご遠慮なく~(^^)

<お願い その2>
「ビンゴ大会の景品にしてもいいよ!」というものがありましたらご協力ください。大人向けでも子ども向けでもOKです。・・・きっと大人のほうが張り切る??ご提供いただけるものがございましたらお知らせください。

お願い1、2ともに・・・Nっ子クラブ カンガルーの親子事務局E-mail n-kan-oyako@qm.moo.jp にお願いいたします。

カンガルーの親子のみんな待ってるよ~!!!
最近、来てないんだけどっていうご家族のみなさんもご遠慮なく。
また、おじいちゃん、おばあちゃんもご一緒にご参加ください。

そして、「カンガルーの親子の仲間じゃないんだけど・・・」という小さく産まれたお友達、ご家族の皆さまのご来場もお待ちしています。

会や子供たちを支えてくださった皆さまのご来場もお待ちしています。

みんなで共に子どもたちの成長を喜び、一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。

風邪などひかれませんように。みなさんの元気な姿・笑顔を楽しみに会場でお待ちしています。


お問合せなどは 事務局E-mail n-kan-oyako@qm.moo.jp まで

by万

11月度 定例会のご案内など

11月になりましたね~。皆さん、お風邪などひいていませんか??
幼稚園や学校の行事目白押しでバタバタしております。


さて、11月度のご案内です。


<11月度 定例会>
日時 11月18日(木)10:30~12:00
場所 太宰府市いきいき情報センター 和室
参加費 300円(1家族)

今月は、「徳洲会病院の看護師さんたちによるRSウイルスについての学習会&フリートーク」です。
学習会は20分程度で、託児はありませんのでご了承ください。

実は、我が家の娘さんも月初にRSウイルスで肺炎になりました。まさか、4歳目前にかかるとは思いませんでしたが、市内の幼稚園、保育園で流行していたとかで・・・。お家で初の冬を迎えるお友達はシナジスを毎月、接種してますよね・・・。
とってもタイムリーな話題ですので、みんなで改めて確認しましょうね。


定例会のあとは引き続き・・・

<11月度 遊びの広場>
日時 11月18日(木)13:00~16:30
場所 太宰府市いきいき情報センター ビガールーム
参加費 100円(1家族)

13:00~ フリータイム
13:40~14:00  親子遊び
14:00~16:30  発達相談(作業療法の竹中先生が来て下さる予定です)

第1水曜日の3日は祝日のためお休みです。


こちらのほうも、引き続き参加者を募集いたしております。
<福岡県地域福祉財団 子育てセミナー>
第2回目 ピアカウンセリング体験会

日時 11月12日(金) 10:00~12:00
場所 太宰府南コミュニティセンター

2回目の講師は、10月度の定例会でもピアカウンセリングをしてくださった「ゆっこさん」です。
参加ご希望の方は事務局E-mail n-kan-oyako@qm.moo.jpまで
託児が必要な方は至急お申込みくださいね。事前に託児連絡票を提出していただきますので。
詳細は9月22日(http://kangaroooyako.blog62.fc2.com/blog-entry-145.html)の記事をご覧下さい。




ということで、上記3つとも、カンガルーの親子のメンバー以外の方も参加OKです。お気軽にお問合せ、ご参加ください。お待ちいたしております!!


by 万

子育てセミナー1回目終了しました

10月27日 水曜日

福岡県地域福祉財団 子育てセミナーのピアカウンセリング体験会<1回目>、無事に終了いたしました。
参加くださった皆様、ありがとうございました。
カンガルーの親子のお母さんだけでなく、病院や療育関係で知り合ったお母さんや知人の勧めで参加したという方、ネットでこのセミナーを知って参加された方などいろいろでした。


1回目のセミナーは熊本よりやまちゃんを講師にお招きしました。
実は、やまちゃんと私の出会いは2年前。
ピアカウンセリングのやり方を教えてくれるセミナーをネットで片っ端から探しているときに、福岡の自立支援センターで開催されるのを知り参加。その時、講師として来られていたのがやまちゃんでした。昨年も、別の用事で福岡にいらっしゃった時にカンガルーの親子のために時間を割いていただいたことがあります。


さて、そのやまちゃん、熊本の自立支援センターの相談員であり、ピアカウンセラー。進行性の筋ジストロフィーで車椅子での生活を送っていらっしゃいます。この日も、JRで来てくださいました。

他に、熊本で一緒に活動をしていらっしゃる難病支援センターの相談員をされている方、子どものころ病気のために視力を失われた方も来てくださいました。今回は、低出生体重児、病児、障害児の育児に奮闘しているママたちを対象としたセミナーということでこのお二人も現役のお母さんです!!

きっとこの3人の姿そのもの、発する言葉のひとつひとつが参加者の胸に響いたのではないかなと思います。


P1010130_convert_20101030063559.jpg

セミナーは、ピアカウンセリングをちょっとだけは知っている方、全く初めての方・・・みんな緊張の面持ちでのスタートでした。
みんなで一つの輪になりゲームを取り入れながら、そして、短いセッションを挟みながら、ピアカウンセリングとはこういうものなんだよと説明が進みます。

笑いあり涙あり・・・・。
あっという間に2時間が過ぎてしまいました。


参加してくださった皆さんの心の中では、一体どんな変化があったのでしょう。


セミナー終了後、お時間のある参加者のみなさん、託児で頑張ってくれた子どもたちとやまちゃんを囲んでの昼食会を行いました。

P1010136_convert_20101030063821.jpg

みんな、いろいろな不安や問題を抱えながらの育児です。話は尽きることがりません。


2回目は、ピアカウンセリングの元になる再評価カウンセリング、3回目はケアカウンセリングをベースにしたセミナーになります。

<2回目>11月12日(金)10時~12時 *会場 太宰府南コミュニティセンター *講師 宮崎由紀子氏

<3回目>12月9日(木)10時~12時  *会場 クローバープラザ *講師 吉田久美子氏

参加ご希望の方は、<申し込み・問合せ>  Nっ子クラブ カンガルーの親子事務局E-mail n-kan-oyako@qm.moo.jpまでお早めにお願いします。


by 万
プロフィール

Nっ子ネットワーク カンガルーの親子

Author:Nっ子ネットワーク カンガルーの親子
福岡・筑紫エリアを主な活動拠点としている1500g未満で誕生した体出生体重児のための親子の会です。毎月開催するカンガルー広場(学習会や茶話会など)、ピア傾聴講座、カンガルーサロン(飯塚病院、福岡徳洲会病院)、その他様々な活動を展開しています。

会へのお問合せはホームページ、またはこのブログのメールフォームをご利用ください。

各集まりの日程は予定表をご覧ください。

facebooページ≫https://www.facebook.com/kangaroo.oyako/
twitter≫@kangaroo_oyako
LINE@≫@zop2419t
mixiID≫63965850

ツイッター
LINE@
友だち追加
会員用掲示板
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム